Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 朝鮮民族主義歴史学(ちょうせんみんぞくしゅぎれきしがく)は、民族的または人種的に定義された朝鮮民族を中心とした、朝鮮の歴史の記述方法である。この種の歴史学は、20世紀初頭に、日本の支配から朝鮮の独立を達成するために、民族意識を育成したい朝鮮の知識人の間で出現した。その最初の提唱者は、ジャーナリストで独立運動家だった申采浩(ko:신채호)(1880-1936)である。申は、朝鮮が日本の保護国となった3年後の1908年に出版された彼の論争的な『読史新論』(ko:독사신론)で、朝鮮の歴史は神である檀君の子孫である独特な人種である朝鮮民族の歴史であり、檀君はかつて朝鮮半島だけでなく満州の大部分も支配したと宣言した。民族主義の歴史家は、これらの古代の「朝鮮」王国の領土に拡張主義的な主張し、それにより民族の現状が裁かれた。申や朴殷植(1859-1925)と崔南善(1890-1957)他の朝鮮の知識人は、1910年代と1920年代に、これらのテーマを発展させ続けた。彼らは過去を表現する従来の2つの方法:中国を中心とした卑屈な世界観を永続させる李氏朝鮮の両班の儒教的歴史学、および、朝鮮を歴史上従属的で文化的に遅れていると描く日本の植民地歴史学、を拒否した。これらの戦前の民族主義の歴史家の仕事が、北朝鮮と韓国の両方で戦後の歴史学を形作ってきた。両国のイデオロギーの相違にもかかわらず、両国の支配的な歴史学は、1960年代以降、民族主義的なテーマを反映し続け、この共通の歴史的な態度が朝鮮統一交渉の基礎となっている。日本の植民地的学問を拒絶しようとする過程で、朝鮮の民族主義歴史家はその前提の多くを採用してきた。しかし、申采浩の満州への失地回復主義的(en:irredentism)要求は、主流になっていない。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2893885 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 39571 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 258 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58326988 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 朝鮮民族主義歴史学(ちょうせんみんぞくしゅぎれきしがく)は、民族的または人種的に定義された朝鮮民族を中心とした、朝鮮の歴史の記述方法である。この種の歴史学は、20世紀初頭に、日本の支配から朝鮮の独立を達成するために、民族意識を育成したい朝鮮の知識人の間で出現した。その最初の提唱者は、ジャーナリストで独立運動家だった申采浩(ko:신채호)(1880-1936)である。申は、朝鮮が日本の保護国となった3年後の1908年に出版された彼の論争的な『読史新論』(ko:독사신론)で、朝鮮の歴史は神である檀君の子孫である独特な人種である朝鮮民族の歴史であり、檀君はかつて朝鮮半島だけでなく満州の大部分も支配したと宣言した。民族主義の歴史家は、これらの古代の「朝鮮」王国の領土に拡張主義的な主張し、それにより民族の現状が裁かれた。申や朴殷植(1859-1925)と崔南善(1890-1957)他の朝鮮の知識人は、1910年代と1920年代に、これらのテーマを発展させ続けた。彼らは過去を表現する従来の2つの方法:中国を中心とした卑屈な世界観を永続させる李氏朝鮮の両班の儒教的歴史学、および、朝鮮を歴史上従属的で文化的に遅れていると描く日本の植民地歴史学、を拒否した。これらの戦前の民族主義の歴史家の仕事が、北朝鮮と韓国の両方で戦後の歴史学を形作ってきた。両国のイデオロギーの相違にもかかわらず、両国の支配的な歴史学は、1960年代以降、民族主義的なテーマを反映し続け、この共通の歴史的な態度が朝鮮統一交渉の基礎となっている。日本の植民地的学問を拒絶しようとする過程で、朝鮮の民族主義歴史家はその前提の多くを採用してきた。しかし、申采浩の満州への失地回復主義的(en:irredentism)要求は、主流になっていない。
rdfs:label
  • 朝鮮民族主義歴史学
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of