Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 戦時猛獣処分(せんじもうじゅうしょぶん)とは、戦争時において動物園の猛獣が逃亡して被害を及ぼすのを未然に防止する目的で、殺処分することを言う。歴史上では、アメリカ軍による本土空襲に備えて第二次世界大戦中の日本で行われた一連の事件が知られており、日本ではこの事件を指すのが慣用である。また、第二次世界大戦時のイギリスおよびドイツでも、逃亡防止のため殺処分が行われた例がある。他方、危機に際しても殺処分を行わなわなかった動物園もあり、空襲に巻き込まれての死亡例(ベルリン空襲時など)も見られる。別に、食料供給目的で食肉加工用に殺処分を実施した例もある(普仏戦争時のカストルとポルックスなど)。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2080476 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 14137 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 209 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58009380 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 戦時猛獣処分(せんじもうじゅうしょぶん)とは、戦争時において動物園の猛獣が逃亡して被害を及ぼすのを未然に防止する目的で、殺処分することを言う。歴史上では、アメリカ軍による本土空襲に備えて第二次世界大戦中の日本で行われた一連の事件が知られており、日本ではこの事件を指すのが慣用である。また、第二次世界大戦時のイギリスおよびドイツでも、逃亡防止のため殺処分が行われた例がある。他方、危機に際しても殺処分を行わなわなかった動物園もあり、空襲に巻き込まれての死亡例(ベルリン空襲時など)も見られる。別に、食料供給目的で食肉加工用に殺処分を実施した例もある(普仏戦争時のカストルとポルックスなど)。
rdfs:label
  • 戦時猛獣処分
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of