Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 四一式山砲(よんいちしきさんぽう)は、1910年(明治43年)前後に開発・採用された大日本帝国陸軍の山砲。1930年代中期からは歩兵砲として、小改修を施した本砲が歩兵連隊に配備されたため、連隊砲(聯隊砲)とも称された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 381835 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 11003 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 95 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58101368 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • left
prop-ja:caption
  • 不貫通だった徹甲弾の命中孔。射距離100mで約50㎜の装甲貫通力ではマチルダII歩兵戦車の75㎜厚装甲を貫通出来なかった。
  • マチルダII歩兵戦車の操縦席付近。車内まで貫通した成形炸薬弾の貫通孔が確認できる。
  • マチルダII歩兵戦車の操縦席付近の車内側。車内まで貫通した成形炸薬弾の貫通孔が確認できる。
  • マチルダII歩兵戦車の車体正面には成形炸薬弾及び徹甲弾の命中孔が確認できる。
  • 豪州陸軍による鹵獲された四一式山砲の射撃試験。射距離150ヤードからマチルダII歩兵戦車の車体正面を射撃。
  • 不貫通だった成形炸薬弾の命中孔。
prop-ja:direction
  • horizontal
prop-ja:image
  • Captured_IJA_Type_41_Mountain_Gun_fire_test_01.jpg
  • Captured_IJA_Type_41_Mountain_Gun_fire_test_02.jpg
  • Captured_IJA_Type_41_Mountain_Gun_fire_test_03.jpg
  • Captured_IJA_Type_41_Mountain_Gun_fire_test_04.jpg
  • Captured_IJA_Type_41_Mountain_Gun_fire_test_05.jpg
  • Captured_IJA_Type_41_Mountain_Gun_fire_test_06.jpg
  • Captured_IJA_Type_41_Mountain_Gun_fire_test_07.jpg
prop-ja:width
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 四一式山砲(よんいちしきさんぽう)は、1910年(明治43年)前後に開発・採用された大日本帝国陸軍の山砲。1930年代中期からは歩兵砲として、小改修を施した本砲が歩兵連隊に配備されたため、連隊砲(聯隊砲)とも称された。
rdfs:label
  • 四一式山砲
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of