Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『北斉書』(繁体字:北齊書、簡体字:北齐书、ピン音:Běiqíshū、ウェード式:Pei-ch'i shu ほくせいじょ)は、唐の李百薬の書いた紀伝体の断代史で、二十四史の一つである。紀8巻と列伝42巻の合計50巻、636年(貞観10年)の成立。東魏、北斉の歴史を記載した正史である。李百薬の父である李徳林の手になる紀伝体で全27巻の『北斉史』が存在していて、それが隋代には38篇に編みなおされていた。李百薬は父の史書の上に、王邵の『北斉志』より得た資料を付加することによって、本書を完成させたのである。本書には外国伝は存在しない。18巻分は李百薬が書いた文章が残る(巻4, 13, 16-25, 41-45, 50)が、残りは散逸したため、後代の人が『北史』などの諸書によって補った。原名は『斉書』(せいしょ)であるが、宋代以降に蕭子顕の『南斉書』と区別するため『北斉書』と呼び習わされるようになった。『史通』を著した劉知幾は、本書に対して王邵の『北斉志』や宋孝王の『関東風俗伝』より劣るという、非常に手厳しい評価を下している。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 267296 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3539 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 255 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58336886 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:first
  • t
prop-ja:hp
  • Běiqíshū
prop-ja:s
  • 北齐书
prop-ja:t
  • 北齊書
prop-ja:w
  • Pei-ch'i shu
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 『北斉書』(繁体字:北齊書、簡体字:北齐书、ピン音:Běiqíshū、ウェード式:Pei-ch'i shu ほくせいじょ)は、唐の李百薬の書いた紀伝体の断代史で、二十四史の一つである。紀8巻と列伝42巻の合計50巻、636年(貞観10年)の成立。東魏、北斉の歴史を記載した正史である。李百薬の父である李徳林の手になる紀伝体で全27巻の『北斉史』が存在していて、それが隋代には38篇に編みなおされていた。李百薬は父の史書の上に、王邵の『北斉志』より得た資料を付加することによって、本書を完成させたのである。本書には外国伝は存在しない。18巻分は李百薬が書いた文章が残る(巻4, 13, 16-25, 41-45, 50)が、残りは散逸したため、後代の人が『北史』などの諸書によって補った。原名は『斉書』(せいしょ)であるが、宋代以降に蕭子顕の『南斉書』と区別するため『北斉書』と呼び習わされるようになった。『史通』を著した劉知幾は、本書に対して王邵の『北斉志』や宋孝王の『関東風俗伝』より劣るという、非常に手厳しい評価を下している。
rdfs:label
  • 北斉書
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of