Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 八九式十五糎加農(はちきゅうしきじゅうごせんちかのん)は、1920年代から30年代初期にかけて開発・採用された大日本帝国陸軍の加農(加農砲)。俗称は八九式十五糎加農砲(はちきゅうしきじゅうごせんちかのんほう)。支那事変(日中戦争)・ノモンハン事件・第二次世界大戦における帝国陸軍の主力重加農として、主に軍司令部直轄(「軍砲兵」)の独立(軍隊符号:s)の称呼を冠する「独立重砲兵(Fes)」が運用した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1985896 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5424 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 120 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48894777 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 八九式十五糎加農(はちきゅうしきじゅうごせんちかのん)は、1920年代から30年代初期にかけて開発・採用された大日本帝国陸軍の加農(加農砲)。俗称は八九式十五糎加農砲(はちきゅうしきじゅうごせんちかのんほう)。支那事変(日中戦争)・ノモンハン事件・第二次世界大戦における帝国陸軍の主力重加農として、主に軍司令部直轄(「軍砲兵」)の独立(軍隊符号:s)の称呼を冠する「独立重砲兵(Fes)」が運用した。
rdfs:label
  • 八九式十五糎加農砲
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of