佐藤 栄作(佐藤 榮作、さとう えいさく、1901年〈明治34年〉3月27日 - 1975年〈昭和50年〉6月3日)は、日本の鉄道官僚、政治家。 「政界の団十郎」「早耳の栄作」の異名を持ち、内閣総理大臣として日韓基本条約批准、非核三原則提唱、沖縄返還をなし遂げる。7年8か月の歴代最長連続在任記録を持ち、「人事の佐藤」と評された(通算の歴代最長在任は大甥の安倍晋三)。1974年にノーベル平和賞を受賞した。2020年時点では日本人唯一の平和賞の受賞者である。 旧制山口中学校、旧制第五高等学校、東京帝国大学出身。運輸次官、内閣官房長官(第4代)を経て政界に転身。造船疑獄で危機に陥るも、衆議院議員(11期)、郵政大臣(第3代)、電気通信大臣(第3代)、建設大臣(第7代)、北海道開発庁長官(第4・21・22代)、大蔵大臣(第64代)、通商産業大臣(第22代)、科学技術庁長官(第12・13代)、内閣総理大臣(第61・62・63代)などを歴任した。

Property Value
dbo:abstract
  • 佐藤 栄作(佐藤 榮作、さとう えいさく、1901年〈明治34年〉3月27日 - 1975年〈昭和50年〉6月3日)は、日本の鉄道官僚、政治家。 「政界の団十郎」「早耳の栄作」の異名を持ち、内閣総理大臣として日韓基本条約批准、非核三原則提唱、沖縄返還をなし遂げる。7年8か月の歴代最長連続在任記録を持ち、「人事の佐藤」と評された(通算の歴代最長在任は大甥の安倍晋三)。1974年にノーベル平和賞を受賞した。2020年時点では日本人唯一の平和賞の受賞者である。 旧制山口中学校、旧制第五高等学校、東京帝国大学出身。運輸次官、内閣官房長官(第4代)を経て政界に転身。造船疑獄で危機に陥るも、衆議院議員(11期)、郵政大臣(第3代)、電気通信大臣(第3代)、建設大臣(第7代)、北海道開発庁長官(第4・21・22代)、大蔵大臣(第64代)、通商産業大臣(第22代)、科学技術庁長官(第12・13代)、内閣総理大臣(第61・62・63代)などを歴任した。 (ja)
  • 佐藤 栄作(佐藤 榮作、さとう えいさく、1901年〈明治34年〉3月27日 - 1975年〈昭和50年〉6月3日)は、日本の鉄道官僚、政治家。 「政界の団十郎」「早耳の栄作」の異名を持ち、内閣総理大臣として日韓基本条約批准、非核三原則提唱、沖縄返還をなし遂げる。7年8か月の歴代最長連続在任記録を持ち、「人事の佐藤」と評された(通算の歴代最長在任は大甥の安倍晋三)。1974年にノーベル平和賞を受賞した。2020年時点では日本人唯一の平和賞の受賞者である。 旧制山口中学校、旧制第五高等学校、東京帝国大学出身。運輸次官、内閣官房長官(第4代)を経て政界に転身。造船疑獄で危機に陥るも、衆議院議員(11期)、郵政大臣(第3代)、電気通信大臣(第3代)、建設大臣(第7代)、北海道開発庁長官(第4・21・22代)、大蔵大臣(第64代)、通商産業大臣(第22代)、科学技術庁長官(第12・13代)、内閣総理大臣(第61・62・63代)などを歴任した。 (ja)
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1975-06-03 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:imageSize
  • 220 (xsd:integer)
dbo:occupation
dbo:party
dbo:predecessor
dbo:school
dbo:spouse
dbo:successor
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 8589 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 65362 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81560205 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:date
  • 2015 (xsd:integer)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 第3代:1957年 - 1958年 (ja)
  • 初代:1950年 (ja)
  • 第12・13代:1963年 - 1964年 (ja)
  • 第21・22代:1963年 - 1964年 (ja)
  • 第22代:1961年 - 1962年 (ja)
  • 第2代:1950年 - 1951年 (ja)
  • 第3代:1949年 - 1950年 (ja)
  • 第3代:1951年 - 1952年 (ja)
  • 第4代:1948年 - 1949年 (ja)
  • 第4代:1952年 - 1953年 (ja)
  • 第5代:1953年 - 1954年 (ja)
  • 第5代:1964年 - 1972年 (ja)
  • 第61・62・63代:1964年 - 1972年 (ja)
  • 第64代:1958年 - 1960年 (ja)
  • 第7代:1952年 - 1953年 (ja)
  • 第3代:1957年 - 1958年 (ja)
  • 初代:1950年 (ja)
  • 第12・13代:1963年 - 1964年 (ja)
  • 第21・22代:1963年 - 1964年 (ja)
  • 第22代:1961年 - 1962年 (ja)
  • 第2代:1950年 - 1951年 (ja)
  • 第3代:1949年 - 1950年 (ja)
  • 第3代:1951年 - 1952年 (ja)
  • 第4代:1948年 - 1949年 (ja)
  • 第4代:1952年 - 1953年 (ja)
  • 第5代:1953年 - 1954年 (ja)
  • 第5代:1964年 - 1972年 (ja)
  • 第61・62・63代:1964年 - 1972年 (ja)
  • 第64代:1958年 - 1960年 (ja)
  • 第7代:1952年 - 1953年 (ja)
prop-ja:その他職歴
prop-ja:サイン
  • SatōE kao.svg (ja)
  • SatōE kao.svg (ja)
prop-ja:人名
  • 佐藤 榮作 (ja)
  • 佐藤 榮作 (ja)
prop-ja:内閣
prop-ja:出生地
  • 山口県熊毛郡田布施町 (ja)
  • 山口県熊毛郡田布施町 (ja)
prop-ja:出身校
prop-ja:前代
  • 60 (xsd:integer)
prop-ja:前職
prop-ja:前首相名
  • 池田勇人 (ja)
  • 池田勇人 (ja)
prop-ja:各国語表記
  • さとう えいさく (ja)
  • さとう えいさく (ja)
prop-ja:国旗
  • JPN (ja)
  • JPN (ja)
prop-ja:在任期間
  • 1964 (xsd:integer)
prop-ja:就任日
  • --01-23
  • --06-12
  • --07-04
  • --07-18
  • --10-17
  • --10-30
  • --11-09
prop-ja:当代
  • 61 (xsd:integer)
prop-ja:所属政党
prop-ja:次代
  • 64 (xsd:integer)
prop-ja:次首相名
  • 田中角栄 (ja)
  • 田中角栄 (ja)
prop-ja:死没地
  • 東京都港区 (ja)
  • 東京都港区 (ja)
prop-ja:没年月日
  • 1975-06-03 (xsd:date)
prop-ja:生年月日
  • --03-27
prop-ja:画像
  • Eisaku Sato 19641109.jpg (ja)
  • Eisaku Sato 19641109.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 220 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
prop-ja:称号・勲章
prop-ja:職名
  • dbpedia-ja:日本
  • 第12・13代 科学技術庁長官 (ja)
  • 第21・22代 北海道開発庁長官 (ja)
  • 第22代 通商産業大臣 (ja)
  • 第4代 北海道開発庁長官(兼任) (ja)
  • 第61・62・63代 内閣総理大臣 (ja)
  • 第64代 大蔵大臣 (ja)
  • 第7代 建設大臣 (ja)
prop-ja:親族(政治家)_
prop-ja:退任日
  • --02-10
  • --02-16
  • --06-03
  • --06-29
  • --07-07
  • --07-18
  • --07-19
  • --08-01
  • --10-30
prop-ja:配偶者
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 佐藤 栄作(佐藤 榮作、さとう えいさく、1901年〈明治34年〉3月27日 - 1975年〈昭和50年〉6月3日)は、日本の鉄道官僚、政治家。 「政界の団十郎」「早耳の栄作」の異名を持ち、内閣総理大臣として日韓基本条約批准、非核三原則提唱、沖縄返還をなし遂げる。7年8か月の歴代最長連続在任記録を持ち、「人事の佐藤」と評された(通算の歴代最長在任は大甥の安倍晋三)。1974年にノーベル平和賞を受賞した。2020年時点では日本人唯一の平和賞の受賞者である。 旧制山口中学校、旧制第五高等学校、東京帝国大学出身。運輸次官、内閣官房長官(第4代)を経て政界に転身。造船疑獄で危機に陥るも、衆議院議員(11期)、郵政大臣(第3代)、電気通信大臣(第3代)、建設大臣(第7代)、北海道開発庁長官(第4・21・22代)、大蔵大臣(第64代)、通商産業大臣(第22代)、科学技術庁長官(第12・13代)、内閣総理大臣(第61・62・63代)などを歴任した。 (ja)
  • 佐藤 栄作(佐藤 榮作、さとう えいさく、1901年〈明治34年〉3月27日 - 1975年〈昭和50年〉6月3日)は、日本の鉄道官僚、政治家。 「政界の団十郎」「早耳の栄作」の異名を持ち、内閣総理大臣として日韓基本条約批准、非核三原則提唱、沖縄返還をなし遂げる。7年8か月の歴代最長連続在任記録を持ち、「人事の佐藤」と評された(通算の歴代最長在任は大甥の安倍晋三)。1974年にノーベル平和賞を受賞した。2020年時点では日本人唯一の平和賞の受賞者である。 旧制山口中学校、旧制第五高等学校、東京帝国大学出身。運輸次官、内閣官房長官(第4代)を経て政界に転身。造船疑獄で危機に陥るも、衆議院議員(11期)、郵政大臣(第3代)、電気通信大臣(第3代)、建設大臣(第7代)、北海道開発庁長官(第4・21・22代)、大蔵大臣(第64代)、通商産業大臣(第22代)、科学技術庁長官(第12・13代)、内閣総理大臣(第61・62・63代)などを歴任した。 (ja)
rdfs:label
  • 佐藤栄作 (ja)
  • 佐藤栄作 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 佐藤 榮作 (ja)
  • 佐藤 榮作 (ja)
is dbo:predecessor of
is dbo:relative of
is dbo:successor of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:afterElection of
is prop-ja:before of
is prop-ja:beforeElection of
is prop-ja:candidate of
is prop-ja:leader of
is prop-ja:政府首脳人物 of
is prop-ja:親族(政治家)_ of
is foaf:primaryTopic of