Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 中東戦域(ちゅうとうせんいき)または中東戦線(ちゅうとうせんせん)とは、第一次世界大戦中、ガリポリ、コーカサス、シナイ・パレスチナ、ペルシア、メソポタミアなど、中東地域で展開された連合国と中央同盟国の戦いの行われた戦線の総称。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1590122 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 17885 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 125 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58020886 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • 1915 (xsd:integer)
prop-ja:casualties
  • 死傷・捕虜・行方不明 1,000,000 – 1,500,000
  • 死傷・捕虜・行方不明 1,500,000(243,598の戦死者含む)
prop-ja:combatant
  • アゼルバイジャン
  • クウェート
  • ヒジャーズ王国
  • フランス * * フランス領西アフリカ * フランス領赤道アフリカ アルメニア
  • イギリス帝国 * * * イギリス領インド帝国 * ニューファンドランド * * * イギリス
  • ジャバル・シャンマル王国
  • ナジュド及びハッサ王国
prop-ja:conflict
  • 第一次世界大戦の中東戦域
prop-ja:date
  • --10-29
prop-ja:notes
  • 合計 民間人を含むと5,000,000。 オスマン帝国の具体的な死傷者の内訳は、を参照。
prop-ja:partof
prop-ja:place
prop-ja:result
  • 連合国の勝利 * ムドロス休戦協定 * オスマン帝国の崩壊 * 中東での新たな国家の基盤が生まれる * ブレスト=リトフスク条約、、セーヴル条約
prop-ja:strength
  • : 1,000,000
  • : 2,100,000 , 20,000
  • : 2,550,000
  • : 2,800,000 ,
  • : 70,000
  • : 数十万
  • border|20px:9,000 ムドロス休戦協定の時点で全オスマン軍の兵数は323,000。 全戦線での兵士数は2,002,000だった。
  • 合計: 3,620,000+
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 中東戦域(ちゅうとうせんいき)または中東戦線(ちゅうとうせんせん)とは、第一次世界大戦中、ガリポリ、コーカサス、シナイ・パレスチナ、ペルシア、メソポタミアなど、中東地域で展開された連合国と中央同盟国の戦いの行われた戦線の総称。
rdfs:label
  • 中東戦域 (第一次世界大戦)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of