Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 三司官(さんしかん)は、琉球王国の宰相職のことである。漢訳で法司と言い、俗に世あすたべと言った。三司官は首里王府の実質的な行政の最高責任者である。三司官の上には摂政が存在するが、辣腕をふるった羽地朝秀などを例外とすれば、通常は形式的な儀礼職であり、行政の実務は三司官が取り仕切った。三司官は三人制で投票により親方(ウェーカタ)の中から選ばれた。選挙権を持つ者は王族、上級士族ら200余名であった。王族には選挙権はあるが、被選挙権は無かった。 三司官の職掌は、用地方、給地方、所帯方に分かれ、3人がそれぞれを分担した。三司官の品位は正一品から従二品で、士族が昇進できる最高の位階であった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 771142 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 523 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56387377 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • --03-01
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ソートキー
  • 沖縄さんしかん
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 三司官(さんしかん)は、琉球王国の宰相職のことである。漢訳で法司と言い、俗に世あすたべと言った。三司官は首里王府の実質的な行政の最高責任者である。三司官の上には摂政が存在するが、辣腕をふるった羽地朝秀などを例外とすれば、通常は形式的な儀礼職であり、行政の実務は三司官が取り仕切った。三司官は三人制で投票により親方(ウェーカタ)の中から選ばれた。選挙権を持つ者は王族、上級士族ら200余名であった。王族には選挙権はあるが、被選挙権は無かった。 三司官の職掌は、用地方、給地方、所帯方に分かれ、3人がそれぞれを分担した。三司官の品位は正一品から従二品で、士族が昇進できる最高の位階であった。
rdfs:label
  • 三司官
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of