Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 万里小路仲房(までのこうじ なかふさ)は南北朝時代の公卿。従一位准大臣。参議右大弁万里小路季房の長男。母は宮内卿藤原顕相の娘。父が元弘の乱に関わって斬られたため、祖父宣房の子として家を継いだ。孫の時房は日記『建内記』の記者として知られる。仲房が准大臣宣旨を受けた辺りから万里小路家が足利将軍家に重用されるようになっていく。子は嗣房、頼房、茂房、定玄、見怡、中院通氏の妻となった女子がいる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3191831 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3549 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 130 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58393195 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:主君
prop-ja:
prop-ja:官位
  • 従一位准大臣
prop-ja:時代
prop-ja:死没
  • --06-02
prop-ja:氏族
  • 藤原北家勧修寺流万里小路家
prop-ja:父母
  • 父:万里小路季房、母:藤原顕相の娘
prop-ja:生誕
  • 元亨3年(1323年)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 万里小路仲房(までのこうじ なかふさ)は南北朝時代の公卿。従一位准大臣。参議右大弁万里小路季房の長男。母は宮内卿藤原顕相の娘。父が元弘の乱に関わって斬られたため、祖父宣房の子として家を継いだ。孫の時房は日記『建内記』の記者として知られる。仲房が准大臣宣旨を受けた辺りから万里小路家が足利将軍家に重用されるようになっていく。子は嗣房、頼房、茂房、定玄、見怡、中院通氏の妻となった女子がいる。
rdfs:label
  • 万里小路仲房
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of