Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • マリア・アマーリア・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン(Maria Amalia von Habsburg-Lothringen, 1746年2月26日 - 1804年6月18日)は、オーストリアの「女帝」マリア・テレジアと神聖ローマ皇帝フランツ1世の六女で、パルマ公フェルディナンドの妃。イタリア語名ではマリーア・アマーリア・ダズブルゴ(Maria Amalia d'Asburgo)またはマリーア・アマーリア・ダウストリア(Maria Amalia d'Austria)となる。プファルツ選帝侯の一族であるプファルツ=ツヴァイブリュッケン公子カール・アウグストとの恋愛結婚を認められず、1769年に粗野なフェルディナンドに嫁がされた。姉のマリア・クリスティーナが恋愛結婚を認められたこともあり、マリア・アマーリアはパルマで荒れた生活を送った。再三の母からの注意を無視したため、オーストリアへ帰国禁止となり勘当された。なお、フェルディナンドの姉マリア・イサベラは、マリア・アマーリアの兄ヨーゼフ2世に嫁いでおり、二重結婚になっていた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 963801 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1848 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 32 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47047111 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • マリア・アマーリア・フォン・ハプスブルク=ロートリンゲン(Maria Amalia von Habsburg-Lothringen, 1746年2月26日 - 1804年6月18日)は、オーストリアの「女帝」マリア・テレジアと神聖ローマ皇帝フランツ1世の六女で、パルマ公フェルディナンドの妃。イタリア語名ではマリーア・アマーリア・ダズブルゴ(Maria Amalia d'Asburgo)またはマリーア・アマーリア・ダウストリア(Maria Amalia d'Austria)となる。プファルツ選帝侯の一族であるプファルツ=ツヴァイブリュッケン公子カール・アウグストとの恋愛結婚を認められず、1769年に粗野なフェルディナンドに嫁がされた。姉のマリア・クリスティーナが恋愛結婚を認められたこともあり、マリア・アマーリアはパルマで荒れた生活を送った。再三の母からの注意を無視したため、オーストリアへ帰国禁止となり勘当された。なお、フェルディナンドの姉マリア・イサベラは、マリア・アマーリアの兄ヨーゼフ2世に嫁いでおり、二重結婚になっていた。
rdfs:label
  • マリア・アマーリア・ダズブルゴ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of