Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ベンゾジアゼピン離脱症候群(ベンゾジアゼピンりだつしょうこうぐん、Benzodiazepine withdrawal syndrome)は、ベンゾジアゼピン系薬の服用により身体的依存が形成されてから、用量を減量するか、断薬することによって生じる一連の離脱症状である。これは頻繁に深刻な睡眠障害、易刺激性、不安と緊張の増加、パニック発作、手の震え、発汗、集中困難、混乱と認識困難、記憶の問題、吐き気やむかつき、体重減少、動悸、頭痛、筋肉の痛みと凝り、多くの知覚変化、幻覚、てんかん発作、 精神病、インフルエンザ様症状、また自殺といった特徴がある(#兆候と症状節の完全な一覧を参照)。さらに、これらの症状は単純に直線的に着々と減少するのではなく、重症度が日々あるいは週ごとに変化し、一進一退することで有名である。離脱症状は潜在的に深刻な状態であり、複雑でしばしば長期化する。すべての長期的な使用者に離脱症状が出現するのではないが、その割合は15%から44%の間だと推定されている。長期間の使用は、3か月以上の日常的な使用と定義され、このような使用は依存のリスクの増加、用量の増加や効果の減少、特に高齢者における事故と転倒のリスクの増加、また認知的、神経学的および知的な障害に結びつくため望ましくない。短時間作用型の睡眠薬の使用は入眠障害には有効だが、離脱の影響によって睡眠の後半は悪化する。しかしながら、ベンゾジアゼピンの長期使用者の場合は彼らの意思に反しての離脱を強制すべきではない。ベンゾジアゼピン系の離脱症状は、アルコールやバルビツール酸系の離脱症候群に類似している。特に長期的な使用や高用量からの、突然あるいは急速すぎる減量は重篤となりえ、発作のような致命的な離脱症状を起こす。徐々に減量したり、また比較的低用量で短期的な使用であっても、そして動物実験では1回の大量投与の後でも重篤な離脱反応が起きることもある。致命的となる可能性のある振戦せん妄の兆候の評価が必要である。患者の少数では遷延性離脱症候群が起こり、ベンゾジアゼピンの中止後も急性症状の下位の水準で数カ月あるいは数年にわたって持続する可能性がある。服用量をゆっくり徐々に減少させることによって遷延性離脱症候群の発症の可能性を最小限にすることができる。ベンゾジアゼピンに慢性的にさらされることで、薬の影響を弱めようと神経系が適応し、耐性と身体依存につながる。一定の治療用量であっても、ベンゾジアゼピンの長期的な使用によって、特に服薬間に離脱様の症状が出現することがある。投与が中止あるいは減量されれば、離脱症状が生じる可能性があり、身体の生理的な適応が逆転するまで残存する。これらの反跳性症状は、薬を服薬することとなった症状と一致しているか、または退薬による症状である。重篤な症例では、離脱反応は躁病、統合失調症、特に高用量において発作性疾患のような、精神医学的なまた医学的に重篤な状態に似ていることがある。退薬症状を見分けられなければ、ベンゾジアゼピンを服用する必要性の誤った根拠となり、そして離脱の失敗とベンゾジアゼピンの再投薬へと戻ることになり、しばしば高用量となってしまう。離脱反応の啓もう、個々人の離脱の重症度に沿った漸減計画、ベンゾジアゼピン離脱支援団体への紹介や支援はすべて離脱の成功率を高める。
dbpedia-owl:commonName
  • ベンゾジアゼピン離脱症候群
dbpedia-owl:icd10
  • F13.3
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2358517 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 78190 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 189 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57712007 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:icd
  • F13.3
prop-ja:name
  • ベンゾジアゼピン離脱症候群
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ベンゾジアゼピン離脱症候群(ベンゾジアゼピンりだつしょうこうぐん、Benzodiazepine withdrawal syndrome)は、ベンゾジアゼピン系薬の服用により身体的依存が形成されてから、用量を減量するか、断薬することによって生じる一連の離脱症状である。これは頻繁に深刻な睡眠障害、易刺激性、不安と緊張の増加、パニック発作、手の震え、発汗、集中困難、混乱と認識困難、記憶の問題、吐き気やむかつき、体重減少、動悸、頭痛、筋肉の痛みと凝り、多くの知覚変化、幻覚、てんかん発作、 精神病、インフルエンザ様症状、また自殺といった特徴がある(#兆候と症状節の完全な一覧を参照)。さらに、これらの症状は単純に直線的に着々と減少するのではなく、重症度が日々あるいは週ごとに変化し、一進一退することで有名である。離脱症状は潜在的に深刻な状態であり、複雑でしばしば長期化する。すべての長期的な使用者に離脱症状が出現するのではないが、その割合は15%から44%の間だと推定されている。長期間の使用は、3か月以上の日常的な使用と定義され、このような使用は依存のリスクの増加、用量の増加や効果の減少、特に高齢者における事故と転倒のリスクの増加、また認知的、神経学的および知的な障害に結びつくため望ましくない。短時間作用型の睡眠薬の使用は入眠障害には有効だが、離脱の影響によって睡眠の後半は悪化する。しかしながら、ベンゾジアゼピンの長期使用者の場合は彼らの意思に反しての離脱を強制すべきではない。ベンゾジアゼピン系の離脱症状は、アルコールやバルビツール酸系の離脱症候群に類似している。特に長期的な使用や高用量からの、突然あるいは急速すぎる減量は重篤となりえ、発作のような致命的な離脱症状を起こす。徐々に減量したり、また比較的低用量で短期的な使用であっても、そして動物実験では1回の大量投与の後でも重篤な離脱反応が起きることもある。致命的となる可能性のある振戦せん妄の兆候の評価が必要である。患者の少数では遷延性離脱症候群が起こり、ベンゾジアゼピンの中止後も急性症状の下位の水準で数カ月あるいは数年にわたって持続する可能性がある。服用量をゆっくり徐々に減少させることによって遷延性離脱症候群の発症の可能性を最小限にすることができる。ベンゾジアゼピンに慢性的にさらされることで、薬の影響を弱めようと神経系が適応し、耐性と身体依存につながる。一定の治療用量であっても、ベンゾジアゼピンの長期的な使用によって、特に服薬間に離脱様の症状が出現することがある。投与が中止あるいは減量されれば、離脱症状が生じる可能性があり、身体の生理的な適応が逆転するまで残存する。これらの反跳性症状は、薬を服薬することとなった症状と一致しているか、または退薬による症状である。重篤な症例では、離脱反応は躁病、統合失調症、特に高用量において発作性疾患のような、精神医学的なまた医学的に重篤な状態に似ていることがある。退薬症状を見分けられなければ、ベンゾジアゼピンを服用する必要性の誤った根拠となり、そして離脱の失敗とベンゾジアゼピンの再投薬へと戻ることになり、しばしば高用量となってしまう。離脱反応の啓もう、個々人の離脱の重症度に沿った漸減計画、ベンゾジアゼピン離脱支援団体への紹介や支援はすべて離脱の成功率を高める。
rdfs:label
  • ベンゾジアゼピン離脱症候群
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of