Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ジェリー・リー・ルイス('Jerry Lee Lewis、1935年9月29日- )は、アメリカのロックンロールおよびカントリー・ミュージックのシンガーソングライター、ピアニスト。1950年代後半のロックンロールで活躍し、「キラー (The Killer ) 」の愛称で呼ばれ、「ロックンロール初のワイルドな男」と言われることもある。ロックのごく初期の先駆者として、1956年、ルイスはサン・レコードで初めてレコーディングを行なった。『Crazy Arms 』はアメリカ合衆国南部で30万枚を売り上げたが、1957年の『Whole Lotta Shakin' Goin' On 』で世界的に有名になった。その後『火の玉ロック』、『Breathless 』、『High School Confidential 』などを発表した。しかし22歳の時に親戚の13歳の少女と結婚していたことが発覚してロックのキャリアから陥落した。その後やや人気が再度出始めたが、その人気もすぐに下降した。出演料も1万ドルから250ドルにまで下がってしまった。彼は人気を取り戻そうと決心した。1960年代初頭、『What'd I Say 』など数曲以外はヒットしなかった。その頃の演奏はさらにワイルドでエネルギッシュになっていた。1964年のアルバム『Live at the Star Club, Hamburg 』は多くの音楽ジャーナリストやファンからかつてないワイルドで素晴らしいロックのライヴ・アルバムとみなされている。『I'm on Fire 』などをレコーディングしていた数年間、大きなヒットとはならなかったが、1968年、カントリーに転向すると『Another Place, Another Time 』などのヒット曲を生み出した。1960年代終盤から1970年代までの再燃でカントリー・チャートのトップに頻繁に登場するようになった。『To Make Love Sweeter For You 』、『There Must Be More to Love Than This 』、『Would You Take Another Chance on Me 』、『Me and Bobby McGee 』などの曲がカントリー・チャートで第1位を獲得した。ルイスの成功は約10年続き、ザ・ビッグ・ボッパーの『Chantilly Lace 』や『Rockin' My Life Away 』のカヴァーなどを含む過去のロックの曲もヒットした。21世紀に入り、ルイスはコンサート・ツアーで世界をまわり、新しいアルバムも発表している。2006年のアルバム『Last Man Standing 』は世界中で100万枚以上を売り上げ、彼のアルバム売り上げ記録を更新した。2010年のアルバム『Mean Old Man 』はルイスのアルバムの中でも高い売り上げの1つとなった。ルイスはロックとカントリー双方合わせて10回以上ゴールド・ディスクの認定を受け、特別功労賞を含み何度かグラミー賞も受賞している。1986年、ロックの殿堂入りし、このジャンルへの彼の貢献はロカビリーの殿堂でも確認することができる。1989年、デニス・クエイド主演の映画『Great Balls of Fire! 』で半生が描かれた。2003年、『ローリング・ストーン』誌はボックス・セット『All Killer, No Filler: The Anthology 』を「Rolling Stone's 500 Greatest Albums of All Time 」の第242位にランク付けした。2004年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第24位にランク付けした。また「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第67位にランク付けした。サンレコードの『ミリオン・ダラー・カルテット』および『Class of '55 』に参加したルイス、ジョニー・キャッシュ、カール・パーキンス、エルヴィス・プレスリー、ロイ・オービソンの中で現在も生存しているのはルイスだけである。
dbpedia-owl:activeYearsEndYear
  • 1954-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:activeYearsStartYear
  • 1954-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:alias
  • The Killer
dbpedia-owl:background
  • solo_singer
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:hometown
dbpedia-owl:influenced
dbpedia-owl:instrument
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:picture
dbpedia-owl:recordLabel
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 417337 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 21316 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 186 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58859370 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:alias
  • The Killer
prop-ja:background
  • solo_singer
prop-ja:born
  • 1935-09-29 (xsd:date)
prop-ja:genre
prop-ja:img
  • Jerry Lee Lewis @ Credicard Hall 03.jpg
prop-ja:imgCapt
  • ジェリー・リー・ルイス(サンパウロにて)
prop-ja:influences
prop-ja:instrument
prop-ja:label
prop-ja:name
  • ジェリー・リー・ルイス
prop-ja:occupation
prop-ja:origin
  • ルイジアナ州フェリディ
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:yearsActive
  • 1954 (xsd:integer)
prop-ja:単一の出典
  • 2011 (xsd:integer)
prop-ja:参照方法
  • 2011 (xsd:integer)
prop-ja:存命人物の出典明記
  • 2011 (xsd:integer)
prop-ja:言葉を濁さない
  • 2011 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ジェリー・リー・ルイス('Jerry Lee Lewis、1935年9月29日- )は、アメリカのロックンロールおよびカントリー・ミュージックのシンガーソングライター、ピアニスト。1950年代後半のロックンロールで活躍し、「キラー (The Killer ) 」の愛称で呼ばれ、「ロックンロール初のワイルドな男」と言われることもある。ロックのごく初期の先駆者として、1956年、ルイスはサン・レコードで初めてレコーディングを行なった。『Crazy Arms 』はアメリカ合衆国南部で30万枚を売り上げたが、1957年の『Whole Lotta Shakin' Goin' On 』で世界的に有名になった。その後『火の玉ロック』、『Breathless 』、『High School Confidential 』などを発表した。しかし22歳の時に親戚の13歳の少女と結婚していたことが発覚してロックのキャリアから陥落した。その後やや人気が再度出始めたが、その人気もすぐに下降した。出演料も1万ドルから250ドルにまで下がってしまった。彼は人気を取り戻そうと決心した。1960年代初頭、『What'd I Say 』など数曲以外はヒットしなかった。その頃の演奏はさらにワイルドでエネルギッシュになっていた。1964年のアルバム『Live at the Star Club, Hamburg 』は多くの音楽ジャーナリストやファンからかつてないワイルドで素晴らしいロックのライヴ・アルバムとみなされている。『I'm on Fire 』などをレコーディングしていた数年間、大きなヒットとはならなかったが、1968年、カントリーに転向すると『Another Place, Another Time 』などのヒット曲を生み出した。1960年代終盤から1970年代までの再燃でカントリー・チャートのトップに頻繁に登場するようになった。『To Make Love Sweeter For You 』、『There Must Be More to Love Than This 』、『Would You Take Another Chance on Me 』、『Me and Bobby McGee 』などの曲がカントリー・チャートで第1位を獲得した。ルイスの成功は約10年続き、ザ・ビッグ・ボッパーの『Chantilly Lace 』や『Rockin' My Life Away 』のカヴァーなどを含む過去のロックの曲もヒットした。21世紀に入り、ルイスはコンサート・ツアーで世界をまわり、新しいアルバムも発表している。2006年のアルバム『Last Man Standing 』は世界中で100万枚以上を売り上げ、彼のアルバム売り上げ記録を更新した。2010年のアルバム『Mean Old Man 』はルイスのアルバムの中でも高い売り上げの1つとなった。ルイスはロックとカントリー双方合わせて10回以上ゴールド・ディスクの認定を受け、特別功労賞を含み何度かグラミー賞も受賞している。1986年、ロックの殿堂入りし、このジャンルへの彼の貢献はロカビリーの殿堂でも確認することができる。1989年、デニス・クエイド主演の映画『Great Balls of Fire! 』で半生が描かれた。2003年、『ローリング・ストーン』誌はボックス・セット『All Killer, No Filler: The Anthology 』を「Rolling Stone's 500 Greatest Albums of All Time 」の第242位にランク付けした。2004年、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第24位にランク付けした。また「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のシンガー」において第67位にランク付けした。サンレコードの『ミリオン・ダラー・カルテット』および『Class of '55 』に参加したルイス、ジョニー・キャッシュ、カール・パーキンス、エルヴィス・プレスリー、ロイ・オービソンの中で現在も生存しているのはルイスだけである。
rdfs:label
  • ジェリー・リー・ルイス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ジェリー・リー・ルイス
is dbpedia-owl:associatedBand of
is dbpedia-owl:associatedMusicalArtist of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:associatedActs of
is foaf:primaryTopic of