ギュスターヴ・フローベール(フロベール)(Gustave Flaubert 発音例、1821年12月12日 - 1880年5月8日)はフランスの小説家。ルーアンの外科医の息子として生まれる。当初は法律を学ぶが、のち文学に専念。1857年に4年半の執筆を経て『ボヴァリー夫人』を発表、ロマンティックな想念に囚われた医師の若妻が、姦通の果てに現実に敗れて破滅に至る様を怜悧な文章で描き、文学上の写実主義を確立した。他の作品に『感情教育』『サランボー』『三つの物語』『ブヴァールとペキュシェ』など。 フロベールは作品の中から作者の主観を排除し、客観的で精密な文体を通じて作中の人物に自己を同化させることを信条とした。風紀紊乱の罪が問われた『ボヴァリー夫人』裁判中に語ったといわれる「ボヴァリー夫人は私だ」という言葉は、彼の文学的信念を端的に表すものとしてよく知られている。

Property Value
dbo:abstract
  • ギュスターヴ・フローベール(フロベール)(Gustave Flaubert 発音例、1821年12月12日 - 1880年5月8日)はフランスの小説家。ルーアンの外科医の息子として生まれる。当初は法律を学ぶが、のち文学に専念。1857年に4年半の執筆を経て『ボヴァリー夫人』を発表、ロマンティックな想念に囚われた医師の若妻が、姦通の果てに現実に敗れて破滅に至る様を怜悧な文章で描き、文学上の写実主義を確立した。他の作品に『感情教育』『サランボー』『三つの物語』『ブヴァールとペキュシェ』など。 フロベールは作品の中から作者の主観を排除し、客観的で精密な文体を通じて作中の人物に自己を同化させることを信条とした。風紀紊乱の罪が問われた『ボヴァリー夫人』裁判中に語ったといわれる「ボヴァリー夫人は私だ」という言葉は、彼の文学的信念を端的に表すものとしてよく知られている。 (ja)
  • ギュスターヴ・フローベール(フロベール)(Gustave Flaubert 発音例、1821年12月12日 - 1880年5月8日)はフランスの小説家。ルーアンの外科医の息子として生まれる。当初は法律を学ぶが、のち文学に専念。1857年に4年半の執筆を経て『ボヴァリー夫人』を発表、ロマンティックな想念に囚われた医師の若妻が、姦通の果てに現実に敗れて破滅に至る様を怜悧な文章で描き、文学上の写実主義を確立した。他の作品に『感情教育』『サランボー』『三つの物語』『ブヴァールとペキュシェ』など。 フロベールは作品の中から作者の主観を排除し、客観的で精密な文体を通じて作中の人物に自己を同化させることを信条とした。風紀紊乱の罪が問われた『ボヴァリー夫人』裁判中に語ったといわれる「ボヴァリー夫人は私だ」という言葉は、彼の文学的信念を端的に表すものとしてよく知られている。 (ja)
dbo:birthDate
  • 2012-02-01 (xsd:date)
dbo:birthPlace
dbo:deathDate
  • 1880-05-08 (xsd:date)
dbo:deathPlace
dbo:movement
dbo:notableWork
dbo:occupation
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 191744 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 9446 (xsd:integer)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 76463979 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthDate
  • --12-12
prop-ja:birthPlace
  • 、ルーアン (ja)
  • 、ルーアン (ja)
prop-ja:deathDate
  • 1880-05-08 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • 、クロワッセ (ja)
  • 、クロワッセ (ja)
prop-ja:id
  • Gustave_Flaubert (ja)
  • Gustave_Flaubert (ja)
prop-ja:movement
prop-ja:name
  • ギュスターヴ・フローベール (ja)
  • Gustave Flaubert (ja)
  • ギュスターヴ・フローベール (ja)
  • Gustave Flaubert (ja)
prop-ja:notableWorks
  • 『ブヴァールとペキュシェ』(1881年) (ja)
  • 『ボヴァリー夫人』(1857年) (ja)
  • 『感情教育』(1869年) (ja)
  • 『聖アントワーヌの誘惑』(1874年) (ja)
  • 『ブヴァールとペキュシェ』(1881年) (ja)
  • 『ボヴァリー夫人』(1857年) (ja)
  • 『感情教育』(1869年) (ja)
  • 『聖アントワーヌの誘惑』(1874年) (ja)
prop-ja:occupation
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ギュスターヴ・フローベール(フロベール)(Gustave Flaubert 発音例、1821年12月12日 - 1880年5月8日)はフランスの小説家。ルーアンの外科医の息子として生まれる。当初は法律を学ぶが、のち文学に専念。1857年に4年半の執筆を経て『ボヴァリー夫人』を発表、ロマンティックな想念に囚われた医師の若妻が、姦通の果てに現実に敗れて破滅に至る様を怜悧な文章で描き、文学上の写実主義を確立した。他の作品に『感情教育』『サランボー』『三つの物語』『ブヴァールとペキュシェ』など。 フロベールは作品の中から作者の主観を排除し、客観的で精密な文体を通じて作中の人物に自己を同化させることを信条とした。風紀紊乱の罪が問われた『ボヴァリー夫人』裁判中に語ったといわれる「ボヴァリー夫人は私だ」という言葉は、彼の文学的信念を端的に表すものとしてよく知られている。 (ja)
  • ギュスターヴ・フローベール(フロベール)(Gustave Flaubert 発音例、1821年12月12日 - 1880年5月8日)はフランスの小説家。ルーアンの外科医の息子として生まれる。当初は法律を学ぶが、のち文学に専念。1857年に4年半の執筆を経て『ボヴァリー夫人』を発表、ロマンティックな想念に囚われた医師の若妻が、姦通の果てに現実に敗れて破滅に至る様を怜悧な文章で描き、文学上の写実主義を確立した。他の作品に『感情教育』『サランボー』『三つの物語』『ブヴァールとペキュシェ』など。 フロベールは作品の中から作者の主観を排除し、客観的で精密な文体を通じて作中の人物に自己を同化させることを信条とした。風紀紊乱の罪が問われた『ボヴァリー夫人』裁判中に語ったといわれる「ボヴァリー夫人は私だ」という言葉は、彼の文学的信念を端的に表すものとしてよく知られている。 (ja)
rdfs:label
  • ギュスターヴ・フローベール (ja)
  • ギュスターヴ・フローベール (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ギュスターヴ・フローベール (ja)
  • Gustave Flaubert (ja)
  • ギュスターヴ・フローベール (ja)
  • Gustave Flaubert (ja)
is dbo:basedOn of
is dbo:influencedBy of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:作者 of
is prop-ja:原作 of
is prop-ja:原案 of
is foaf:primaryTopic of