Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • オランダ語から日本語への借用(オランダごからにほんごへのしゃくよう)とは、オランダ語から日本語に入った借用語や翻訳借用のことであるオランダの東インド会社が長崎の平戸で貿易を開始したのが1609年(慶長14年)。それから30年ほどを経た1640年(寛永17年)に同社は出島に移り、以降長きに渡って彼らの文物を日本に伝え続けた。その過程においてオランダ語の数多の単語が流入した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1295673 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3208 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 125 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58490941 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • オランダ語から日本語への借用(オランダごからにほんごへのしゃくよう)とは、オランダ語から日本語に入った借用語や翻訳借用のことであるオランダの東インド会社が長崎の平戸で貿易を開始したのが1609年(慶長14年)。それから30年ほどを経た1640年(寛永17年)に同社は出島に移り、以降長きに渡って彼らの文物を日本に伝え続けた。その過程においてオランダ語の数多の単語が流入した。
rdfs:label
  • オランダ語から日本語への借用
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of