Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • アメリカ合衆国の技術と産業の歴史について概説する。アメリカ合衆国が急速な工業化を果たしたのには、様々な要因、条件が貢献しており、例えば、広大な土地と労働力、気候の多様性、航行可能な運河・川・海岸水路の多様で豊富な存在、安価なエネルギーを得ることを可能とする豊かな天然資源、迅速な輸送力および資本力が挙げられる。多くの歴史家に拠れば、経済と技術が大きく発展したのは18世紀の終わりから20世紀初頭の間に起こったということで一致している。この期間、国全体が原始的な農業経済から世界の工業生産の3分の1以上を生み出すような最大の工業国にした。このことを総工業生産量の指数で表示すると、1790年の4.29に対し1913年の1975(1850年の総生産量を100とした)と実に460倍の成長となっていることからも明らかである。アメリカの植民地が独立を確実なものにした1781年、工業生産やその連係において大きな変化が起きており、伝統職人から陶芸工に至るまで第一次産業革命の始まりとなった。南北戦争までに輸送基幹施設が発展し、技術革新が集中した結果、組織の拡大と事業の連係が進み、第二次産業革命となった。20世紀への変わり目頃、アメリカ合衆国の工業力はヨーロッパの諸国を経済的に凌駕し、さらにその軍事力も誇るようになった。世界恐慌によってその技術力にも陰りが見えたが、第二次世界大戦以降は世界の2大超大国の一つになった。20世紀の後半は、政治、経済および軍事の分野でソビエト連邦との冷戦と競争の時代であったが、政府主導による科学技術の研究開発によって、宇宙工学、電子計算機およびバイオテクノロジーなどの分野で最先端を維持してきた。科学技術と工業はアメリカの経済的成功を十分に形作っただけでなく、その明確な政治の仕組み、社会構造、教育制度および文化的な同一性の形成に貢献してきた。アメリカ的な能力主義社会、起業家精神、および自給自足といったことは初期の先駆的技術の進歩の遺産から出てきたものである。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1266501 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 32380 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 514 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57568376 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:first
  • Alan I.
  • Brooke
  • Carroll
  • David C.
  • Gary
  • Gregory
  • Howard P.
  • Judith A.
  • Merrit Roe
  • Nathan
  • Rich
  • Ruth Schwartz
  • Stephen H.
  • Steven
  • Terry S.
  • Thomas Parke
prop-ja:isbn
  • 87474539 (xsd:integer)
  • 131896431 (xsd:integer)
  • 140097414 (xsd:integer)
  • 155055313 (xsd:integer)
  • 195046056 (xsd:integer)
  • 226710270 (xsd:integer)
  • 521646537 (xsd:integer)
  • 669354724 (xsd:integer)
  • 801848180 (xsd:integer)
  • 807844845 (xsd:integer)
prop-ja:last
  • Smith
  • Cross
  • Clancey
  • Cowan
  • Cutcliffe
  • Hindle
  • Hughes
  • Lubar
  • Marcus
  • McGaw
  • Mowery
  • Pursell
  • Reynolds
  • Rosenberg
  • Segal
  • Szostak
prop-ja:place
  • Chicago
  • Charlottesville
  • Washington
  • New York
  • Boston
  • Baltimore
  • Cambridge, Eng., New York
prop-ja:publisher
  • Oxford University Press
  • Johns Hopkins University Press
  • Cambridge University Press
  • Houghton Mifflin
  • Penguin Books
  • Prentice Hall
  • Smithsonian Institution Press
  • University of Chicago Press
  • University of North Carolina Press
  • Wadsworth Publishing
prop-ja:title
  • A Social History of American Technology
  • The Machine in America: A Social History of Technology
  • Technology & American History
  • Technology and American Society
  • Technology in America
  • Engines of Change: the American Industrial Revolution, 1790-1860
  • Paths of Innovation: Technological Change in 20th Century America
  • American Genesis: A History of the American Genius for Invention
  • Major Problems in the History of American Technology
  • Early American Technology: Making and Doing Things from the Colonial Era to 1850
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:year
  • 1986 (xsd:integer)
  • 1989 (xsd:integer)
  • 1994 (xsd:integer)
  • 1995 (xsd:integer)
  • 1996 (xsd:integer)
  • 1997 (xsd:integer)
  • 1998 (xsd:integer)
  • 2004 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • アメリカ合衆国の技術と産業の歴史について概説する。アメリカ合衆国が急速な工業化を果たしたのには、様々な要因、条件が貢献しており、例えば、広大な土地と労働力、気候の多様性、航行可能な運河・川・海岸水路の多様で豊富な存在、安価なエネルギーを得ることを可能とする豊かな天然資源、迅速な輸送力および資本力が挙げられる。多くの歴史家に拠れば、経済と技術が大きく発展したのは18世紀の終わりから20世紀初頭の間に起こったということで一致している。この期間、国全体が原始的な農業経済から世界の工業生産の3分の1以上を生み出すような最大の工業国にした。このことを総工業生産量の指数で表示すると、1790年の4.29に対し1913年の1975(1850年の総生産量を100とした)と実に460倍の成長となっていることからも明らかである。アメリカの植民地が独立を確実なものにした1781年、工業生産やその連係において大きな変化が起きており、伝統職人から陶芸工に至るまで第一次産業革命の始まりとなった。南北戦争までに輸送基幹施設が発展し、技術革新が集中した結果、組織の拡大と事業の連係が進み、第二次産業革命となった。20世紀への変わり目頃、アメリカ合衆国の工業力はヨーロッパの諸国を経済的に凌駕し、さらにその軍事力も誇るようになった。世界恐慌によってその技術力にも陰りが見えたが、第二次世界大戦以降は世界の2大超大国の一つになった。20世紀の後半は、政治、経済および軍事の分野でソビエト連邦との冷戦と競争の時代であったが、政府主導による科学技術の研究開発によって、宇宙工学、電子計算機およびバイオテクノロジーなどの分野で最先端を維持してきた。科学技術と工業はアメリカの経済的成功を十分に形作っただけでなく、その明確な政治の仕組み、社会構造、教育制度および文化的な同一性の形成に貢献してきた。アメリカ的な能力主義社会、起業家精神、および自給自足といったことは初期の先駆的技術の進歩の遺産から出てきたものである。
rdfs:label
  • アメリカ合衆国の技術と産業の歴史
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of