『MIU404』(ミュウ ヨンマルヨン)は、2020年6月26日から9月4日まで、日本のTBSテレビ系「金曜ドラマ」枠で放送されていたテレビドラマである。ダブル主演の綾野剛と星野源が演じる、対照的な気質の刑事二人が、放送当時の日本における社会問題を背景としたさまざまな事情を抱える犯人や被害者と向き合う姿を、警視庁機動捜査隊を舞台に描く刑事ドラマ。2018年のドラマ『アンナチュラル』の主要スタッフが再結集し、同作品とつながりのある世界設定で制作された、野木亜紀子オリジナル脚本による作品である。 新型コロナウイルスの感染拡大の影響により撮影に遅れを生じ、予定された放送開始が延期され内容に影響を受けるなどの中で制作された。“ノンストップ「機捜」エンターテインメント”と銘打ち娯楽性を重視しつつ、社会問題を巧みに取り入れたリアルかつ先の読めないストーリー、従来の刑事ドラマを超える斬新さと、魅力的なキャラクターによるバディものとしての優れた出来が評価され、第105回ザテレビジョンドラマアカデミー賞で最優秀作品賞はじめ4部門を制したほか、第58回ギャラクシー賞選奨などを受賞した。また放送時は、ソーシャルメディア上においても世界的な注目を受けた。

Property Value
dbo:abstract
  • 『MIU404』(ミュウ ヨンマルヨン)は、2020年6月26日から9月4日まで、日本のTBSテレビ系「金曜ドラマ」枠で放送されていたテレビドラマである。ダブル主演の綾野剛と星野源が演じる、対照的な気質の刑事二人が、放送当時の日本における社会問題を背景としたさまざまな事情を抱える犯人や被害者と向き合う姿を、警視庁機動捜査隊を舞台に描く刑事ドラマ。2018年のドラマ『アンナチュラル』の主要スタッフが再結集し、同作品とつながりのある世界設定で制作された、野木亜紀子オリジナル脚本による作品である。 新型コロナウイルスの感染拡大の影響により撮影に遅れを生じ、予定された放送開始が延期され内容に影響を受けるなどの中で制作された。“ノンストップ「機捜」エンターテインメント”と銘打ち娯楽性を重視しつつ、社会問題を巧みに取り入れたリアルかつ先の読めないストーリー、従来の刑事ドラマを超える斬新さと、魅力的なキャラクターによるバディものとしての優れた出来が評価され、第105回ザテレビジョンドラマアカデミー賞で最優秀作品賞はじめ4部門を制したほか、第58回ギャラクシー賞選奨などを受賞した。また放送時は、ソーシャルメディア上においても世界的な注目を受けた。 (ja)
  • 『MIU404』(ミュウ ヨンマルヨン)は、2020年6月26日から9月4日まで、日本のTBSテレビ系「金曜ドラマ」枠で放送されていたテレビドラマである。ダブル主演の綾野剛と星野源が演じる、対照的な気質の刑事二人が、放送当時の日本における社会問題を背景としたさまざまな事情を抱える犯人や被害者と向き合う姿を、警視庁機動捜査隊を舞台に描く刑事ドラマ。2018年のドラマ『アンナチュラル』の主要スタッフが再結集し、同作品とつながりのある世界設定で制作された、野木亜紀子オリジナル脚本による作品である。 新型コロナウイルスの感染拡大の影響により撮影に遅れを生じ、予定された放送開始が延期され内容に影響を受けるなどの中で制作された。“ノンストップ「機捜」エンターテインメント”と銘打ち娯楽性を重視しつつ、社会問題を巧みに取り入れたリアルかつ先の読めないストーリー、従来の刑事ドラマを超える斬新さと、魅力的なキャラクターによるバディものとしての優れた出来が評価され、第105回ザテレビジョンドラマアカデミー賞で最優秀作品賞はじめ4部門を制したほか、第58回ギャラクシー賞選奨などを受賞した。また放送時は、ソーシャルメディア上においても世界的な注目を受けた。 (ja)
dbo:country
dbo:endingTheme
dbo:genre
dbo:starring
dbo:storyEditor
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4080091 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 45132 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 78461 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81596634 (xsd:integer)
  • 86369955 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2021 (xsd:integer)
prop-ja:edテーマ
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:ジャンル
prop-ja:プロデュース
prop-ja:ヘッダ
  • 放送 (ja)
  • 放送 (ja)
prop-ja:出演者
prop-ja:前番組
prop-ja:外部リンク
prop-ja:外部リンク名
  • 公式サイト (ja)
  • 公式サイト (ja)
prop-ja:撮影地
  • 日本 (ja)
  • 日本 (ja)
prop-ja:撮影監督
  • 小川信也 (ja)
  • 草間巧 (ja)
  • 関毅 (ja)
  • 小川信也 (ja)
  • 草間巧 (ja)
  • 関毅 (ja)
prop-ja:放送チャンネル
  • TBS系 (ja)
  • TBS系 (ja)
prop-ja:放送分
  • 54 (xsd:integer)
prop-ja:放送回数
  • 11 (xsd:integer)
prop-ja:放送局
prop-ja:放送時間
  • 金曜 22:00 - 22:54 (ja)
  • 金曜 22:00 - 22:54 (ja)
prop-ja:放送期間
  • --06-26
prop-ja:放送枠
prop-ja:映像形式
prop-ja:時代設定
  • 2019 (xsd:integer)
prop-ja:次番組
prop-ja:演出
prop-ja:特記事項
  • 初回・最終話は15分拡大(22:00 - 23:09)。 (ja)
  • 初回・最終話は15分拡大(22:00 - 23:09)。 (ja)
prop-ja:画像
  • New national stadium tokyo 1.jpg (ja)
  • New national stadium tokyo 1.jpg (ja)
prop-ja:画像サイズ
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:画像説明
  • 最終話ロケ地・国立競技場 (ja)
  • 最終話ロケ地・国立競技場 (ja)
prop-ja:番組名
  • --06-26
  • MIU404 (ja)
prop-ja:監修
prop-ja:範囲
  • 幼少期に厳格な父親に娯楽品を捨てられるなど理不尽な虐待を受けたことがトラウマになっていた。 (ja)
  • 香坂の死に責任を感じていたこともあって (ja)
  • 幼少期に厳格な父親に娯楽品を捨てられるなど理不尽な虐待を受けたことがトラウマになっていた。 (ja)
  • 香坂の死に責任を感じていたこともあって (ja)
prop-ja:編集
  • 板部浩章 (ja)
  • 板部浩章 (ja)
prop-ja:脚本
prop-ja:製作
prop-ja:言語
prop-ja:音声形式
prop-ja:音楽
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『MIU404』(ミュウ ヨンマルヨン)は、2020年6月26日から9月4日まで、日本のTBSテレビ系「金曜ドラマ」枠で放送されていたテレビドラマである。ダブル主演の綾野剛と星野源が演じる、対照的な気質の刑事二人が、放送当時の日本における社会問題を背景としたさまざまな事情を抱える犯人や被害者と向き合う姿を、警視庁機動捜査隊を舞台に描く刑事ドラマ。2018年のドラマ『アンナチュラル』の主要スタッフが再結集し、同作品とつながりのある世界設定で制作された、野木亜紀子オリジナル脚本による作品である。 新型コロナウイルスの感染拡大の影響により撮影に遅れを生じ、予定された放送開始が延期され内容に影響を受けるなどの中で制作された。“ノンストップ「機捜」エンターテインメント”と銘打ち娯楽性を重視しつつ、社会問題を巧みに取り入れたリアルかつ先の読めないストーリー、従来の刑事ドラマを超える斬新さと、魅力的なキャラクターによるバディものとしての優れた出来が評価され、第105回ザテレビジョンドラマアカデミー賞で最優秀作品賞はじめ4部門を制したほか、第58回ギャラクシー賞選奨などを受賞した。また放送時は、ソーシャルメディア上においても世界的な注目を受けた。 (ja)
  • 『MIU404』(ミュウ ヨンマルヨン)は、2020年6月26日から9月4日まで、日本のTBSテレビ系「金曜ドラマ」枠で放送されていたテレビドラマである。ダブル主演の綾野剛と星野源が演じる、対照的な気質の刑事二人が、放送当時の日本における社会問題を背景としたさまざまな事情を抱える犯人や被害者と向き合う姿を、警視庁機動捜査隊を舞台に描く刑事ドラマ。2018年のドラマ『アンナチュラル』の主要スタッフが再結集し、同作品とつながりのある世界設定で制作された、野木亜紀子オリジナル脚本による作品である。 新型コロナウイルスの感染拡大の影響により撮影に遅れを生じ、予定された放送開始が延期され内容に影響を受けるなどの中で制作された。“ノンストップ「機捜」エンターテインメント”と銘打ち娯楽性を重視しつつ、社会問題を巧みに取り入れたリアルかつ先の読めないストーリー、従来の刑事ドラマを超える斬新さと、魅力的なキャラクターによるバディものとしての優れた出来が評価され、第105回ザテレビジョンドラマアカデミー賞で最優秀作品賞はじめ4部門を制したほか、第58回ギャラクシー賞選奨などを受賞した。また放送時は、ソーシャルメディア上においても世界的な注目を受けた。 (ja)
rdfs:label
  • MIU404 (ja)
  • MIU404 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • MIU404 (ja)
  • MIU404 (ja)
is dbo:notableWork of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:holder of
is prop-ja:前番組 of
is prop-ja:次番組 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of