Hi-Fi(ハイファイ)とは、字義的には、High Fidelity(高忠実度、高再現性)の略語であり、音響機器などにおいて「原音や原画に忠実な再現」という意味を持つ。また、録音や録画し再生する場合に発生するノイズやひずみが、最小限に抑えられている、といったことをいう。映像において同様に情報量が多いことについては高精細度(「ハイデフ」とも)と言う。 1950年代以降、オーディオ事業が世界的に発展していく流れの中で、レコードプレーヤーやコンポーネントステレオなど、特に高音質を目指す家庭用オーディオシステムの商品カテゴリーをハイファイ・オーディオと呼び、その他一般的なオーディオ商品カテゴリーを「」と呼んだ。その名残りで、現在でも家庭用高音質オーディオシステムをハイファイ・オーディオと呼ぶことが多い。その場合は当社比で高音質と言っているだけの場合もあり、プロ目線やマニア目線で見て高音質であるかは必ずしも重要ではない。かつてのアナログ・オーディオの時代に言われていた程度のHi-Fiであれば、デジタル・オーディオの時代に入ってからワウフラッターが無くなり、SN比が大幅に向上したこともあって、大抵のオーディオプレイヤーが満たせるようになっており、次はハイレゾが高忠実度を示すキーワードになっている。

Property Value
dbo:abstract
  • Hi-Fi(ハイファイ)とは、字義的には、High Fidelity(高忠実度、高再現性)の略語であり、音響機器などにおいて「原音や原画に忠実な再現」という意味を持つ。また、録音や録画し再生する場合に発生するノイズやひずみが、最小限に抑えられている、といったことをいう。映像において同様に情報量が多いことについては高精細度(「ハイデフ」とも)と言う。 1950年代以降、オーディオ事業が世界的に発展していく流れの中で、レコードプレーヤーやコンポーネントステレオなど、特に高音質を目指す家庭用オーディオシステムの商品カテゴリーをハイファイ・オーディオと呼び、その他一般的なオーディオ商品カテゴリーを「」と呼んだ。その名残りで、現在でも家庭用高音質オーディオシステムをハイファイ・オーディオと呼ぶことが多い。その場合は当社比で高音質と言っているだけの場合もあり、プロ目線やマニア目線で見て高音質であるかは必ずしも重要ではない。かつてのアナログ・オーディオの時代に言われていた程度のHi-Fiであれば、デジタル・オーディオの時代に入ってからワウフラッターが無くなり、SN比が大幅に向上したこともあって、大抵のオーディオプレイヤーが満たせるようになっており、次はハイレゾが高忠実度を示すキーワードになっている。 (ja)
  • Hi-Fi(ハイファイ)とは、字義的には、High Fidelity(高忠実度、高再現性)の略語であり、音響機器などにおいて「原音や原画に忠実な再現」という意味を持つ。また、録音や録画し再生する場合に発生するノイズやひずみが、最小限に抑えられている、といったことをいう。映像において同様に情報量が多いことについては高精細度(「ハイデフ」とも)と言う。 1950年代以降、オーディオ事業が世界的に発展していく流れの中で、レコードプレーヤーやコンポーネントステレオなど、特に高音質を目指す家庭用オーディオシステムの商品カテゴリーをハイファイ・オーディオと呼び、その他一般的なオーディオ商品カテゴリーを「」と呼んだ。その名残りで、現在でも家庭用高音質オーディオシステムをハイファイ・オーディオと呼ぶことが多い。その場合は当社比で高音質と言っているだけの場合もあり、プロ目線やマニア目線で見て高音質であるかは必ずしも重要ではない。かつてのアナログ・オーディオの時代に言われていた程度のHi-Fiであれば、デジタル・オーディオの時代に入ってからワウフラッターが無くなり、SN比が大幅に向上したこともあって、大抵のオーディオプレイヤーが満たせるようになっており、次はハイレゾが高忠実度を示すキーワードになっている。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 136443 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 6107 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 86812883 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:date
  • 2021 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:範囲
  • 一部家電メディア誌 (ja)
  • 一部家電メディア誌 (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • Hi-Fi(ハイファイ)とは、字義的には、High Fidelity(高忠実度、高再現性)の略語であり、音響機器などにおいて「原音や原画に忠実な再現」という意味を持つ。また、録音や録画し再生する場合に発生するノイズやひずみが、最小限に抑えられている、といったことをいう。映像において同様に情報量が多いことについては高精細度(「ハイデフ」とも)と言う。 1950年代以降、オーディオ事業が世界的に発展していく流れの中で、レコードプレーヤーやコンポーネントステレオなど、特に高音質を目指す家庭用オーディオシステムの商品カテゴリーをハイファイ・オーディオと呼び、その他一般的なオーディオ商品カテゴリーを「」と呼んだ。その名残りで、現在でも家庭用高音質オーディオシステムをハイファイ・オーディオと呼ぶことが多い。その場合は当社比で高音質と言っているだけの場合もあり、プロ目線やマニア目線で見て高音質であるかは必ずしも重要ではない。かつてのアナログ・オーディオの時代に言われていた程度のHi-Fiであれば、デジタル・オーディオの時代に入ってからワウフラッターが無くなり、SN比が大幅に向上したこともあって、大抵のオーディオプレイヤーが満たせるようになっており、次はハイレゾが高忠実度を示すキーワードになっている。 (ja)
  • Hi-Fi(ハイファイ)とは、字義的には、High Fidelity(高忠実度、高再現性)の略語であり、音響機器などにおいて「原音や原画に忠実な再現」という意味を持つ。また、録音や録画し再生する場合に発生するノイズやひずみが、最小限に抑えられている、といったことをいう。映像において同様に情報量が多いことについては高精細度(「ハイデフ」とも)と言う。 1950年代以降、オーディオ事業が世界的に発展していく流れの中で、レコードプレーヤーやコンポーネントステレオなど、特に高音質を目指す家庭用オーディオシステムの商品カテゴリーをハイファイ・オーディオと呼び、その他一般的なオーディオ商品カテゴリーを「」と呼んだ。その名残りで、現在でも家庭用高音質オーディオシステムをハイファイ・オーディオと呼ぶことが多い。その場合は当社比で高音質と言っているだけの場合もあり、プロ目線やマニア目線で見て高音質であるかは必ずしも重要ではない。かつてのアナログ・オーディオの時代に言われていた程度のHi-Fiであれば、デジタル・オーディオの時代に入ってからワウフラッターが無くなり、SN比が大幅に向上したこともあって、大抵のオーディオプレイヤーが満たせるようになっており、次はハイレゾが高忠実度を示すキーワードになっている。 (ja)
rdfs:label
  • Hi-Fi (ja)
  • Hi-Fi (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:genre of
is dbo:product of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:genre of
is prop-ja:products of
is prop-ja:愛称 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of