Berkeley Open Infrastructure for Network Computing(バークレー・オープン・インフラストラクチャ・フォー・ネットワーク・コンピューティング)、略称 BOINC(ボインク、発音 [bɔɪŋk] – "oink"と韻を踏む)は、ボランティア・コンピューティングとグリッド・コンピューティングのためのオープンソースのミドルウェア・システムである。もともとはSETI@homeプロジェクト(2020年3月31日終了)をサポートするために開発されたが、数学、言語学、医学、分子生物学、気候学、環境科学、宇宙物理学などの多様な分野で、他の分散アプリケーションのためのプラットフォームとして一般化された。BOINCは、研究者が世界中の複数のパーソナルコンピュータの膨大なを利用できるようにすることを目的としている。 BOINCのコードは、Microsoft Windows、macOS、Android、Linux、FreeBSDを含む様々なオペレーティングシステム上で動作する。BOINCはGNU Lesser General Public License (LGPL)の条件でリリースされたフリーソフトウェアである。

Property Value
dbo:abstract
  • Berkeley Open Infrastructure for Network Computing(バークレー・オープン・インフラストラクチャ・フォー・ネットワーク・コンピューティング)、略称 BOINC(ボインク、発音 [bɔɪŋk] – "oink"と韻を踏む)は、ボランティア・コンピューティングとグリッド・コンピューティングのためのオープンソースのミドルウェア・システムである。もともとはSETI@homeプロジェクト(2020年3月31日終了)をサポートするために開発されたが、数学、言語学、医学、分子生物学、気候学、環境科学、宇宙物理学などの多様な分野で、他の分散アプリケーションのためのプラットフォームとして一般化された。BOINCは、研究者が世界中の複数のパーソナルコンピュータの膨大なを利用できるようにすることを目的としている。 BOINCの開発は、カリフォルニア大学バークレー校の宇宙科学研究所(en:Space Sciences Laboratory, SSL)に拠点を置き、SETI@homeのリーダーでもある(David P. Anderson)が率いるチームから始まった。高性能分散コンピューティング・プラットフォームとして、BOINCは、2020年3月17日時点で、世界中の約137,805人のアクティブな参加者と791,443台のアクティブなコンピュータ (ホスト) を集め、平均41.548ペタフロップスで処理する (スーパーコンピュータTOP500リスト上の個々のスーパーコンピュータと比較した場合、世界で5番目に大きな処理能力となる)。全米科学財団 (NSF) は、SCI/0221529、SCI/0438443、SCI/0721124の各賞を通じてBOINCに資金を提供している。ギネス世界記録では、BOINCは世界最大の計算グリッドとしてランク付けしている。 BOINCのコードは、Microsoft Windows、macOS、Android、Linux、FreeBSDを含む様々なオペレーティングシステム上で動作する。BOINCはGNU Lesser General Public License (LGPL)の条件でリリースされたフリーソフトウェアである。 (ja)
  • Berkeley Open Infrastructure for Network Computing(バークレー・オープン・インフラストラクチャ・フォー・ネットワーク・コンピューティング)、略称 BOINC(ボインク、発音 [bɔɪŋk] – "oink"と韻を踏む)は、ボランティア・コンピューティングとグリッド・コンピューティングのためのオープンソースのミドルウェア・システムである。もともとはSETI@homeプロジェクト(2020年3月31日終了)をサポートするために開発されたが、数学、言語学、医学、分子生物学、気候学、環境科学、宇宙物理学などの多様な分野で、他の分散アプリケーションのためのプラットフォームとして一般化された。BOINCは、研究者が世界中の複数のパーソナルコンピュータの膨大なを利用できるようにすることを目的としている。 BOINCの開発は、カリフォルニア大学バークレー校の宇宙科学研究所(en:Space Sciences Laboratory, SSL)に拠点を置き、SETI@homeのリーダーでもある(David P. Anderson)が率いるチームから始まった。高性能分散コンピューティング・プラットフォームとして、BOINCは、2020年3月17日時点で、世界中の約137,805人のアクティブな参加者と791,443台のアクティブなコンピュータ (ホスト) を集め、平均41.548ペタフロップスで処理する (スーパーコンピュータTOP500リスト上の個々のスーパーコンピュータと比較した場合、世界で5番目に大きな処理能力となる)。全米科学財団 (NSF) は、SCI/0221529、SCI/0438443、SCI/0721124の各賞を通じてBOINCに資金を提供している。ギネス世界記録では、BOINCは世界最大の計算グリッドとしてランク付けしている。 BOINCのコードは、Microsoft Windows、macOS、Android、Linux、FreeBSDを含む様々なオペレーティングシステム上で動作する。BOINCはGNU Lesser General Public License (LGPL)の条件でリリースされたフリーソフトウェアである。 (ja)
dbo:creator
dbo:latestPreviewVersion
  • 7.16.3Android
  • 7.16.6Linux
dbo:latestReleaseVersion
  • 7.16.11Windows
  • 7.16.13macOS
  • 7.4.22Linux
  • 7.4.53Android
dbo:license
dbo:operatingSystem
dbo:programmingLanguage
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 258799 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 25784 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 25980 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81340061 (xsd:integer)
  • 86452750 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • macOS上で動作するBOINC Manager 7.6.22 (ja)
  • macOS上で動作するBOINC Manager 7.6.22 (ja)
prop-ja:developer
prop-ja:genre
prop-ja:latestPreviewVersion
  • 7.160000 (xsd:double)
prop-ja:latestReleaseVersion
  • 7.160000 (xsd:double)
prop-ja:license
prop-ja:logo
  • BOINC logo July 2007.svg (ja)
  • BOINC logo July 2007.svg (ja)
prop-ja:logoSize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • BOINC (ja)
  • BOINC (ja)
prop-ja:operatingSystem
prop-ja:programmingLanguage
prop-ja:screenshot
  • BOINCconproyectos.png (ja)
  • BOINCconproyectos.png (ja)
prop-ja:website
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • Berkeley Open Infrastructure for Network Computing(バークレー・オープン・インフラストラクチャ・フォー・ネットワーク・コンピューティング)、略称 BOINC(ボインク、発音 [bɔɪŋk] – "oink"と韻を踏む)は、ボランティア・コンピューティングとグリッド・コンピューティングのためのオープンソースのミドルウェア・システムである。もともとはSETI@homeプロジェクト(2020年3月31日終了)をサポートするために開発されたが、数学、言語学、医学、分子生物学、気候学、環境科学、宇宙物理学などの多様な分野で、他の分散アプリケーションのためのプラットフォームとして一般化された。BOINCは、研究者が世界中の複数のパーソナルコンピュータの膨大なを利用できるようにすることを目的としている。 BOINCのコードは、Microsoft Windows、macOS、Android、Linux、FreeBSDを含む様々なオペレーティングシステム上で動作する。BOINCはGNU Lesser General Public License (LGPL)の条件でリリースされたフリーソフトウェアである。 (ja)
  • Berkeley Open Infrastructure for Network Computing(バークレー・オープン・インフラストラクチャ・フォー・ネットワーク・コンピューティング)、略称 BOINC(ボインク、発音 [bɔɪŋk] – "oink"と韻を踏む)は、ボランティア・コンピューティングとグリッド・コンピューティングのためのオープンソースのミドルウェア・システムである。もともとはSETI@homeプロジェクト(2020年3月31日終了)をサポートするために開発されたが、数学、言語学、医学、分子生物学、気候学、環境科学、宇宙物理学などの多様な分野で、他の分散アプリケーションのためのプラットフォームとして一般化された。BOINCは、研究者が世界中の複数のパーソナルコンピュータの膨大なを利用できるようにすることを目的としている。 BOINCのコードは、Microsoft Windows、macOS、Android、Linux、FreeBSDを含む様々なオペレーティングシステム上で動作する。BOINCはGNU Lesser General Public License (LGPL)の条件でリリースされたフリーソフトウェアである。 (ja)
rdfs:label
  • Berkeley Open Infrastructure for Network Computing (ja)
  • Berkeley Open Infrastructure for Network Computing (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • BOINC (ja)
  • BOINC (ja)
is dbo:computingPlatform of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:platform of
is prop-ja:対応プラットフォーム of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of