身長(しんちょう)は、人間(ヒト)が直立した時の、床又は地面から頭頂までの高さ。身の丈(みのたけ)、上背(うわぜい)、背丈(せたけ)、立っ端(たっぱ)とも言う。通常、メートル法 を使用する場合はセンチメートルで、インペリアル法を使用する場合はフィートとインチで表され、測点計を使用して測定される。 平成30年国民健康・栄養調査によると、日本人男性の20歳以上の平均身長は 168.0±7.1cmで20 - 29歳の平均身長は 171.7±5.9cmであり、日本人女性の20歳以上の平均身長は 154.5±7.0cmで20 - 29歳の平均身長は 158.7±5.7cmであった。文科省・学校保健統計調査によると2019 (令和元)年度の17歳男子の平均身長は170.6 cm、17歳女子の平均身長は157.9 cmである。1989 (平成元)年度とほぼ同じ数字であり、横ばい傾向が続いている。 身長を決定するのに遺伝と栄養状態がどういう役割を果たしているのかという問題は、人体計測研究の初期にしばしば提起されていた。ハプログループI (Y染色体)と呼ばれる男性における特定の遺伝子プロファイルは身長と相関している。生態学的データは、この遺伝的プロファイルの頻度が集団内で増加するにつれて、その国の平均的男性身長も増加することを示している。

Property Value
dbo:abstract
  • 身長(しんちょう)は、人間(ヒト)が直立した時の、床又は地面から頭頂までの高さ。身の丈(みのたけ)、上背(うわぜい)、背丈(せたけ)、立っ端(たっぱ)とも言う。通常、メートル法 を使用する場合はセンチメートルで、インペリアル法を使用する場合はフィートとインチで表され、測点計を使用して測定される。 平成30年国民健康・栄養調査によると、日本人男性の20歳以上の平均身長は 168.0±7.1cmで20 - 29歳の平均身長は 171.7±5.9cmであり、日本人女性の20歳以上の平均身長は 154.5±7.0cmで20 - 29歳の平均身長は 158.7±5.7cmであった。文科省・学校保健統計調査によると2019 (令和元)年度の17歳男子の平均身長は170.6 cm、17歳女子の平均身長は157.9 cmである。1989 (平成元)年度とほぼ同じ数字であり、横ばい傾向が続いている。 身長を決定するのに遺伝と栄養状態がどういう役割を果たしているのかという問題は、人体計測研究の初期にしばしば提起されていた。ハプログループI (Y染色体)と呼ばれる男性における特定の遺伝子プロファイルは身長と相関している。生態学的データは、この遺伝的プロファイルの頻度が集団内で増加するにつれて、その国の平均的男性身長も増加することを示している。 身長と余命の相関については諸説あり、国家や人種別の平均身長と平均寿命において正相関及び負相関は見られない。平均より6 cm高い男性の認知症リスクは10%低くなる。身長の低い群ほど脳卒中発症のリスクは上がるが、虚血性心疾患の発症については身長との関連は見られなかった。遺伝的に低身長だと心臓病リスクが高く、約6.5 cm低下する毎にリスクが13.5%上昇した。また、低身長は心血症である可能性が高く、がんになる可能性は低い。ハワイ大学は、加齢の影響を減少させる「長寿遺伝子」のFOXO3が、より小さな体格の個人においてより一般的に認められることを見出した。低身長は慢性静脈不全のリスクを低下させる。 集団が遺伝的背景および環境因子を共有する場合、平均身長はしばしば集団内の特徴を表す。集団内の例外的な身長変異(平均から約20%の偏差)は、ときに巨人症または小人症に起因する。これらは特定の遺伝子または内分泌異常に起因する疾患である。 人間の身長の発達は、2つの重要な福祉要素、すなわち栄養の質と健康の指標となる。貧困地域や戦争地域では、小児期や青年期の慢性的な栄養失調などの環境要因により、小人症のような疾患がなくても成長の遅れや成人身長の著しい低下が生じることがある。 (ja)
  • 身長(しんちょう)は、人間(ヒト)が直立した時の、床又は地面から頭頂までの高さ。身の丈(みのたけ)、上背(うわぜい)、背丈(せたけ)、立っ端(たっぱ)とも言う。通常、メートル法 を使用する場合はセンチメートルで、インペリアル法を使用する場合はフィートとインチで表され、測点計を使用して測定される。 平成30年国民健康・栄養調査によると、日本人男性の20歳以上の平均身長は 168.0±7.1cmで20 - 29歳の平均身長は 171.7±5.9cmであり、日本人女性の20歳以上の平均身長は 154.5±7.0cmで20 - 29歳の平均身長は 158.7±5.7cmであった。文科省・学校保健統計調査によると2019 (令和元)年度の17歳男子の平均身長は170.6 cm、17歳女子の平均身長は157.9 cmである。1989 (平成元)年度とほぼ同じ数字であり、横ばい傾向が続いている。 身長を決定するのに遺伝と栄養状態がどういう役割を果たしているのかという問題は、人体計測研究の初期にしばしば提起されていた。ハプログループI (Y染色体)と呼ばれる男性における特定の遺伝子プロファイルは身長と相関している。生態学的データは、この遺伝的プロファイルの頻度が集団内で増加するにつれて、その国の平均的男性身長も増加することを示している。 身長と余命の相関については諸説あり、国家や人種別の平均身長と平均寿命において正相関及び負相関は見られない。平均より6 cm高い男性の認知症リスクは10%低くなる。身長の低い群ほど脳卒中発症のリスクは上がるが、虚血性心疾患の発症については身長との関連は見られなかった。遺伝的に低身長だと心臓病リスクが高く、約6.5 cm低下する毎にリスクが13.5%上昇した。また、低身長は心血症である可能性が高く、がんになる可能性は低い。ハワイ大学は、加齢の影響を減少させる「長寿遺伝子」のFOXO3が、より小さな体格の個人においてより一般的に認められることを見出した。低身長は慢性静脈不全のリスクを低下させる。また、男性について身長は資源や社会的地位の有用な手がかりになり、その遺伝率が80%前後であるため 直接子孫に高身長に関連する遺伝子を渡すことができるので、女性は背の高い男性を配偶者として好むと考えられている。実際に、アンケート調査やオンラインデートサイトの調査などから、実際に女性は身長の高い男性を選好している。 集団が遺伝的背景および環境因子を共有する場合、平均身長はしばしば集団内の特徴を表す。集団内の例外的な身長変異(平均から約20%の偏差)は、ときに巨人症または小人症に起因する。これらは特定の遺伝子または内分泌異常に起因する疾患である。 人間の身長の発達は、2つの重要な福祉要素、すなわち栄養の質と健康の指標となる。貧困地域や戦争地域では、小児期や青年期の慢性的な栄養失調などの環境要因により、小人症のような疾患がなくても成長の遅れや成人身長の著しい低下が生じることがある。ある研究では、身長が高いほど男性の交際や収入が多いことと相関することが示されているが、他の研究では、これは非白人男性には当てはまらないことが示されている。 身長はヒトの性的二型形質である。20世紀のイギリスの出生率の傾向を調べた研究によると、背の高い男性は背の低い男性よりも多く子供を作る傾向があったが、平均身長より低い女性は背の高い女性よりも多くの子供を産んだ。 (ja)
  • 身長(しんちょう)は、人間(ヒト)が直立した時の、床又は地面から頭頂までの高さ。身の丈(みのたけ)、上背(うわぜい)、背丈(せたけ)、立っ端(たっぱ)とも言う。通常、メートル法 を使用する場合はセンチメートルで、インペリアル法を使用する場合はフィートとインチで表され、測点計を使用して測定される。 平成30年国民健康・栄養調査によると、日本人男性の20歳以上の平均身長は 168.0±7.1cmで20 - 29歳の平均身長は 171.7±5.9cmであり、日本人女性の20歳以上の平均身長は 154.5±7.0cmで20 - 29歳の平均身長は 158.7±5.7cmであった。文科省・学校保健統計調査によると2019 (令和元)年度の17歳男子の平均身長は170.6 cm、17歳女子の平均身長は157.9 cmである。1989 (平成元)年度とほぼ同じ数字であり、横ばい傾向が続いている。 身長を決定するのに遺伝と栄養状態がどういう役割を果たしているのかという問題は、人体計測研究の初期にしばしば提起されていた。ハプログループI (Y染色体)と呼ばれる男性における特定の遺伝子プロファイルは身長と相関している。生態学的データは、この遺伝的プロファイルの頻度が集団内で増加するにつれて、その国の平均的男性身長も増加することを示している。 身長と余命の相関については諸説あり、国家や人種別の平均身長と平均寿命において正相関及び負相関は見られない。平均より6 cm高い男性の認知症リスクは10%低くなる。身長の低い群ほど脳卒中発症のリスクは上がるが、虚血性心疾患の発症については身長との関連は見られなかった。遺伝的に低身長だと心臓病リスクが高く、約6.5 cm低下する毎にリスクが13.5%上昇した。また、低身長は心血症である可能性が高く、がんになる可能性は低い。ハワイ大学は、加齢の影響を減少させる「長寿遺伝子」のFOXO3が、より小さな体格の個人においてより一般的に認められることを見出した。低身長は慢性静脈不全のリスクを低下させる。 集団が遺伝的背景および環境因子を共有する場合、平均身長はしばしば集団内の特徴を表す。集団内の例外的な身長変異(平均から約20%の偏差)は、ときに巨人症または小人症に起因する。これらは特定の遺伝子または内分泌異常に起因する疾患である。 人間の身長の発達は、2つの重要な福祉要素、すなわち栄養の質と健康の指標となる。貧困地域や戦争地域では、小児期や青年期の慢性的な栄養失調などの環境要因により、小人症のような疾患がなくても成長の遅れや成人身長の著しい低下が生じることがある。 (ja)
  • 身長(しんちょう)は、人間(ヒト)が直立した時の、床又は地面から頭頂までの高さ。身の丈(みのたけ)、上背(うわぜい)、背丈(せたけ)、立っ端(たっぱ)とも言う。通常、メートル法 を使用する場合はセンチメートルで、インペリアル法を使用する場合はフィートとインチで表され、測点計を使用して測定される。 平成30年国民健康・栄養調査によると、日本人男性の20歳以上の平均身長は 168.0±7.1cmで20 - 29歳の平均身長は 171.7±5.9cmであり、日本人女性の20歳以上の平均身長は 154.5±7.0cmで20 - 29歳の平均身長は 158.7±5.7cmであった。文科省・学校保健統計調査によると2019 (令和元)年度の17歳男子の平均身長は170.6 cm、17歳女子の平均身長は157.9 cmである。1989 (平成元)年度とほぼ同じ数字であり、横ばい傾向が続いている。 身長を決定するのに遺伝と栄養状態がどういう役割を果たしているのかという問題は、人体計測研究の初期にしばしば提起されていた。ハプログループI (Y染色体)と呼ばれる男性における特定の遺伝子プロファイルは身長と相関している。生態学的データは、この遺伝的プロファイルの頻度が集団内で増加するにつれて、その国の平均的男性身長も増加することを示している。 身長と余命の相関については諸説あり、国家や人種別の平均身長と平均寿命において正相関及び負相関は見られない。平均より6 cm高い男性の認知症リスクは10%低くなる。身長の低い群ほど脳卒中発症のリスクは上がるが、虚血性心疾患の発症については身長との関連は見られなかった。遺伝的に低身長だと心臓病リスクが高く、約6.5 cm低下する毎にリスクが13.5%上昇した。また、低身長は心血症である可能性が高く、がんになる可能性は低い。ハワイ大学は、加齢の影響を減少させる「長寿遺伝子」のFOXO3が、より小さな体格の個人においてより一般的に認められることを見出した。低身長は慢性静脈不全のリスクを低下させる。また、男性について身長は資源や社会的地位の有用な手がかりになり、その遺伝率が80%前後であるため 直接子孫に高身長に関連する遺伝子を渡すことができるので、女性は背の高い男性を配偶者として好むと考えられている。実際に、アンケート調査やオンラインデートサイトの調査などから、実際に女性は身長の高い男性を選好している。 集団が遺伝的背景および環境因子を共有する場合、平均身長はしばしば集団内の特徴を表す。集団内の例外的な身長変異(平均から約20%の偏差)は、ときに巨人症または小人症に起因する。これらは特定の遺伝子または内分泌異常に起因する疾患である。 人間の身長の発達は、2つの重要な福祉要素、すなわち栄養の質と健康の指標となる。貧困地域や戦争地域では、小児期や青年期の慢性的な栄養失調などの環境要因により、小人症のような疾患がなくても成長の遅れや成人身長の著しい低下が生じることがある。ある研究では、身長が高いほど男性の交際や収入が多いことと相関することが示されているが、他の研究では、これは非白人男性には当てはまらないことが示されている。 身長はヒトの性的二型形質である。20世紀のイギリスの出生率の傾向を調べた研究によると、背の高い男性は背の低い男性よりも多く子供を作る傾向があったが、平均身長より低い女性は背の高い女性よりも多くの子供を産んだ。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 213970 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 67929 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 68938 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81336474 (xsd:integer)
  • 86306735 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • 17 (xsd:integer)
prop-ja:label
  • 140 (xsd:integer)
  • 145 (xsd:integer)
  • 150 (xsd:integer)
  • 155 (xsd:integer)
  • 160 (xsd:integer)
  • 165 (xsd:integer)
  • 170 (xsd:integer)
  • 175 (xsd:integer)
  • 180 (xsd:integer)
  • 185 (xsd:integer)
  • 190 (xsd:integer)
  • 195 (xsd:integer)
prop-ja:value
  • 0 (xsd:integer)
  • 0.010000 (xsd:double)
  • 0.020000 (xsd:double)
  • 0.060000 (xsd:double)
  • 0.200000 (xsd:double)
  • 0.220000 (xsd:double)
  • 0.470000 (xsd:double)
  • 0.960000 (xsd:double)
  • 1.280000 (xsd:double)
  • 2.460000 (xsd:double)
  • 5.050000 (xsd:double)
  • 5.410000 (xsd:double)
  • 8.940000 (xsd:double)
  • 11.570000 (xsd:double)
  • 18.110000 (xsd:double)
  • 21.390000 (xsd:double)
  • 26.700000 (xsd:double)
  • 27.830000 (xsd:double)
  • 33.360000 (xsd:double)
  • 35.910000 (xsd:double)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 身長(しんちょう)は、人間(ヒト)が直立した時の、床又は地面から頭頂までの高さ。身の丈(みのたけ)、上背(うわぜい)、背丈(せたけ)、立っ端(たっぱ)とも言う。通常、メートル法 を使用する場合はセンチメートルで、インペリアル法を使用する場合はフィートとインチで表され、測点計を使用して測定される。 平成30年国民健康・栄養調査によると、日本人男性の20歳以上の平均身長は 168.0±7.1cmで20 - 29歳の平均身長は 171.7±5.9cmであり、日本人女性の20歳以上の平均身長は 154.5±7.0cmで20 - 29歳の平均身長は 158.7±5.7cmであった。文科省・学校保健統計調査によると2019 (令和元)年度の17歳男子の平均身長は170.6 cm、17歳女子の平均身長は157.9 cmである。1989 (平成元)年度とほぼ同じ数字であり、横ばい傾向が続いている。 身長を決定するのに遺伝と栄養状態がどういう役割を果たしているのかという問題は、人体計測研究の初期にしばしば提起されていた。ハプログループI (Y染色体)と呼ばれる男性における特定の遺伝子プロファイルは身長と相関している。生態学的データは、この遺伝的プロファイルの頻度が集団内で増加するにつれて、その国の平均的男性身長も増加することを示している。 (ja)
  • 身長(しんちょう)は、人間(ヒト)が直立した時の、床又は地面から頭頂までの高さ。身の丈(みのたけ)、上背(うわぜい)、背丈(せたけ)、立っ端(たっぱ)とも言う。通常、メートル法 を使用する場合はセンチメートルで、インペリアル法を使用する場合はフィートとインチで表され、測点計を使用して測定される。 平成30年国民健康・栄養調査によると、日本人男性の20歳以上の平均身長は 168.0±7.1cmで20 - 29歳の平均身長は 171.7±5.9cmであり、日本人女性の20歳以上の平均身長は 154.5±7.0cmで20 - 29歳の平均身長は 158.7±5.7cmであった。文科省・学校保健統計調査によると2019 (令和元)年度の17歳男子の平均身長は170.6 cm、17歳女子の平均身長は157.9 cmである。1989 (平成元)年度とほぼ同じ数字であり、横ばい傾向が続いている。 身長を決定するのに遺伝と栄養状態がどういう役割を果たしているのかという問題は、人体計測研究の初期にしばしば提起されていた。ハプログループI (Y染色体)と呼ばれる男性における特定の遺伝子プロファイルは身長と相関している。生態学的データは、この遺伝的プロファイルの頻度が集団内で増加するにつれて、その国の平均的男性身長も増加することを示している。 (ja)
rdfs:label
  • 身長 (ja)
  • 身長 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of