神沢杜口(かんざわ とこう、宝永7年(1710年) - 寛政7年2月11日(1795年3月11日))は江戸時代中期の随筆家、歴史家、俳人。通称は与兵衛、諱は貞幹。別号に可々斎、其蜩庵、静坐百六十翁など。京都町奉行所の与力を務めた後、晩年『』200巻を書き上げた。

Property Value
dbo:abstract
  • 神沢杜口(かんざわ とこう、宝永7年(1710年) - 寛政7年2月11日(1795年3月11日))は江戸時代中期の随筆家、歴史家、俳人。通称は与兵衛、諱は貞幹。別号に可々斎、其蜩庵、静坐百六十翁など。京都町奉行所の与力を務めた後、晩年『』200巻を書き上げた。 (ja)
  • 神沢杜口(かんざわ とこう、宝永7年(1710年) - 寛政7年2月11日(1795年3月11日))は江戸時代中期の随筆家、歴史家、俳人。通称は与兵衛、諱は貞幹。別号に可々斎、其蜩庵、静坐百六十翁など。京都町奉行所の与力を務めた後、晩年『』200巻を書き上げた。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 2972887 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2849 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81412493 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 神沢杜口(かんざわ とこう、宝永7年(1710年) - 寛政7年2月11日(1795年3月11日))は江戸時代中期の随筆家、歴史家、俳人。通称は与兵衛、諱は貞幹。別号に可々斎、其蜩庵、静坐百六十翁など。京都町奉行所の与力を務めた後、晩年『』200巻を書き上げた。 (ja)
  • 神沢杜口(かんざわ とこう、宝永7年(1710年) - 寛政7年2月11日(1795年3月11日))は江戸時代中期の随筆家、歴史家、俳人。通称は与兵衛、諱は貞幹。別号に可々斎、其蜩庵、静坐百六十翁など。京都町奉行所の与力を務めた後、晩年『』200巻を書き上げた。 (ja)
rdfs:label
  • 神沢杜口 (ja)
  • 神沢杜口 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of