狩野 一信(かのう かずのぶ、文化13年(1816年)誕生日不明 - 文久3年9月22日(1863年11月3日))は、江戸時代後期の絵師。本姓は不明、後に逸見。通称、豊次郎(とよじろう)。号は顕幽斎。なお、研究の進展により一信は生前に狩野姓を名乗ったことはなく、「逸見一信」、あるいは「顕幽斎一信」と呼ぶのが適切とする意見もある(後述)。なお、徳川将軍家の表絵師として仕えた深川水場狩野家に狩野梅笑一信という絵師がおり、両者を混同している書籍もあるが、両者は生歿年が異なる別人である。 増上寺に全100幅にも及ぶ大作「五百羅漢図」を残したことで知られる。

Property Value
dbo:abstract
  • 狩野 一信(かのう かずのぶ、文化13年(1816年)誕生日不明 - 文久3年9月22日(1863年11月3日))は、江戸時代後期の絵師。本姓は不明、後に逸見。通称、豊次郎(とよじろう)。号は顕幽斎。なお、研究の進展により一信は生前に狩野姓を名乗ったことはなく、「逸見一信」、あるいは「顕幽斎一信」と呼ぶのが適切とする意見もある(後述)。なお、徳川将軍家の表絵師として仕えた深川水場狩野家に狩野梅笑一信という絵師がおり、両者を混同している書籍もあるが、両者は生歿年が異なる別人である。 増上寺に全100幅にも及ぶ大作「五百羅漢図」を残したことで知られる。 (ja)
  • 狩野 一信(かのう かずのぶ、文化13年(1816年)誕生日不明 - 文久3年9月22日(1863年11月3日))は、江戸時代後期の絵師。本姓は不明、後に逸見。通称、豊次郎(とよじろう)。号は顕幽斎。なお、研究の進展により一信は生前に狩野姓を名乗ったことはなく、「逸見一信」、あるいは「顕幽斎一信」と呼ぶのが適切とする意見もある(後述)。なお、徳川将軍家の表絵師として仕えた深川水場狩野家に狩野梅笑一信という絵師がおり、両者を混同している書籍もあるが、両者は生歿年が異なる別人である。 増上寺に全100幅にも及ぶ大作「五百羅漢図」を残したことで知られる。 (ja)
dbo:nationality
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 2237547 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 9439 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78678585 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthDate
  • 1816 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • 狩野一信 (ja)
  • 狩野一信 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 狩野 一信(かのう かずのぶ、文化13年(1816年)誕生日不明 - 文久3年9月22日(1863年11月3日))は、江戸時代後期の絵師。本姓は不明、後に逸見。通称、豊次郎(とよじろう)。号は顕幽斎。なお、研究の進展により一信は生前に狩野姓を名乗ったことはなく、「逸見一信」、あるいは「顕幽斎一信」と呼ぶのが適切とする意見もある(後述)。なお、徳川将軍家の表絵師として仕えた深川水場狩野家に狩野梅笑一信という絵師がおり、両者を混同している書籍もあるが、両者は生歿年が異なる別人である。 増上寺に全100幅にも及ぶ大作「五百羅漢図」を残したことで知られる。 (ja)
  • 狩野 一信(かのう かずのぶ、文化13年(1816年)誕生日不明 - 文久3年9月22日(1863年11月3日))は、江戸時代後期の絵師。本姓は不明、後に逸見。通称、豊次郎(とよじろう)。号は顕幽斎。なお、研究の進展により一信は生前に狩野姓を名乗ったことはなく、「逸見一信」、あるいは「顕幽斎一信」と呼ぶのが適切とする意見もある(後述)。なお、徳川将軍家の表絵師として仕えた深川水場狩野家に狩野梅笑一信という絵師がおり、両者を混同している書籍もあるが、両者は生歿年が異なる別人である。 増上寺に全100幅にも及ぶ大作「五百羅漢図」を残したことで知られる。 (ja)
rdfs:label
  • 狩野一信 (ja)
  • 狩野一信 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • 狩野一信 (ja)
  • 狩野一信 (ja)
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of