永福寺跡(ようふくじあと)は、神奈川県鎌倉市二階堂「旧二階堂村」にある史跡。永福寺は鎌倉時代初期、源頼朝が中尊寺の二階大堂、大長寿院を模して建立した寺院で、鶴岡八幡宮、勝長寿院とならんで当時の鎌倉の三大寺社の一つであった。二階建てであった事から二階堂とも称された。寺跡は国の史跡に指定されている。世界遺産候補となっている武家の古都・鎌倉の構成資産のひとつ。

Property Value
dbo:abstract
  • 永福寺跡(ようふくじあと)は、神奈川県鎌倉市二階堂「旧二階堂村」にある史跡。永福寺は鎌倉時代初期、源頼朝が中尊寺の二階大堂、大長寿院を模して建立した寺院で、鶴岡八幡宮、勝長寿院とならんで当時の鎌倉の三大寺社の一つであった。二階建てであった事から二階堂とも称された。寺跡は国の史跡に指定されている。世界遺産候補となっている武家の古都・鎌倉の構成資産のひとつ。 (ja)
  • 永福寺跡(ようふくじあと)は、神奈川県鎌倉市二階堂「旧二階堂村」にある史跡。永福寺は鎌倉時代初期、源頼朝が中尊寺の二階大堂、大長寿院を模して建立した寺院で、鶴岡八幡宮、勝長寿院とならんで当時の鎌倉の三大寺社の一つであった。二階建てであった事から二階堂とも称された。寺跡は国の史跡に指定されている。世界遺産候補となっている武家の古都・鎌倉の構成資産のひとつ。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1693605 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1898 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81517681 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:label
  • 永福寺跡 (ja)
  • 永福寺跡 (ja)
prop-ja:latDeg
  • 35 (xsd:integer)
prop-ja:latMin
  • 19 (xsd:integer)
prop-ja:latSec
  • 41 (xsd:integer)
prop-ja:lonDeg
  • 139 (xsd:integer)
prop-ja:lonMin
  • 34 (xsd:integer)
prop-ja:lonSec
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:mark
  • Red pog.svg (ja)
  • Red pog.svg (ja)
prop-ja:marksize
  • 10 (xsd:integer)
prop-ja:position
  • bottom (ja)
  • bottom (ja)
prop-ja:width
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
georss:point
  • 35.32805555555556 139.5677777777778
rdf:type
rdfs:comment
  • 永福寺跡(ようふくじあと)は、神奈川県鎌倉市二階堂「旧二階堂村」にある史跡。永福寺は鎌倉時代初期、源頼朝が中尊寺の二階大堂、大長寿院を模して建立した寺院で、鶴岡八幡宮、勝長寿院とならんで当時の鎌倉の三大寺社の一つであった。二階建てであった事から二階堂とも称された。寺跡は国の史跡に指定されている。世界遺産候補となっている武家の古都・鎌倉の構成資産のひとつ。 (ja)
  • 永福寺跡(ようふくじあと)は、神奈川県鎌倉市二階堂「旧二階堂村」にある史跡。永福寺は鎌倉時代初期、源頼朝が中尊寺の二階大堂、大長寿院を模して建立した寺院で、鶴岡八幡宮、勝長寿院とならんで当時の鎌倉の三大寺社の一つであった。二階建てであった事から二階堂とも称された。寺跡は国の史跡に指定されている。世界遺産候補となっている武家の古都・鎌倉の構成資産のひとつ。 (ja)
rdfs:label
  • 永福寺跡 (ja)
  • 永福寺跡 (ja)
geo:geometry
  • POINT(139.56777954102 35.328056335449)
geo:lat
  • 35.328056 (xsd:float)
geo:long
  • 139.567780 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of