山の手言葉(やまのてことば)とは、東京の山の手で使われてきた日本語の方言。江戸言葉とともに東京方言を構成する。 江戸の上層武家が日常用いた言葉を基盤に、明治時代に成立した。日本語の標準語は中流階層の山の手言葉を母体として形成された。ただし、後述するように標準語との違いもあり東京弁とも言われる。

Property Value
dbo:abstract
  • 山の手言葉(やまのてことば)とは、東京の山の手で使われてきた日本語の方言。江戸言葉とともに東京方言を構成する。 江戸の上層武家が日常用いた言葉を基盤に、明治時代に成立した。日本語の標準語は中流階層の山の手言葉を母体として形成された。ただし、後述するように標準語との違いもあり東京弁とも言われる。 (ja)
  • 山の手言葉(やまのてことば)とは、東京の山の手で使われてきた日本語の方言。江戸言葉とともに東京方言を構成する。 江戸の上層武家が日常用いた言葉を基盤に、明治時代に成立した。日本語の標準語は中流階層の山の手言葉を母体として形成された。ただし、後述するように標準語との違いもあり東京弁とも言われる。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 1607329 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1742 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 1796 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 79810672 (xsd:integer)
  • 82128636 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 山の手言葉(やまのてことば)とは、東京の山の手で使われてきた日本語の方言。江戸言葉とともに東京方言を構成する。 江戸の上層武家が日常用いた言葉を基盤に、明治時代に成立した。日本語の標準語は中流階層の山の手言葉を母体として形成された。ただし、後述するように標準語との違いもあり東京弁とも言われる。 (ja)
  • 山の手言葉(やまのてことば)とは、東京の山の手で使われてきた日本語の方言。江戸言葉とともに東京方言を構成する。 江戸の上層武家が日常用いた言葉を基盤に、明治時代に成立した。日本語の標準語は中流階層の山の手言葉を母体として形成された。ただし、後述するように標準語との違いもあり東京弁とも言われる。 (ja)
rdfs:label
  • 山の手言葉 (ja)
  • 山の手言葉 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of