五山文学(ござんぶんがく)は、鎌倉時代末期から室町時代にかけて禅宗寺院で行われた漢文学である。

Property Value
dbo:abstract
  • 五山文学(ござんぶんがく)は、鎌倉時代末期から室町時代にかけて禅宗寺院で行われた漢文学である。 (ja)
  • 五山文学(ござんぶんがく)は、鎌倉時代末期から室町時代にかけて禅宗寺院で行われた漢文学である。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 132199 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 1682 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 1696 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 76892712 (xsd:integer)
  • 82403178 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 五山文学(ござんぶんがく)は、鎌倉時代末期から室町時代にかけて禅宗寺院で行われた漢文学である。 (ja)
  • 五山文学(ござんぶんがく)は、鎌倉時代末期から室町時代にかけて禅宗寺院で行われた漢文学である。 (ja)
rdfs:label
  • 五山文学 (ja)
  • 五山文学 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of