ナパーム弾(ナパームだん、英: Napalm bomb)とは、主燃焼材のナフサにナパーム剤と呼ばれる増粘剤を添加し、ゼリー状にしたものを充填した油脂焼夷弾である。アメリカ合衆国の有機化学者、ルイス・フィーザーが開発したもので、きわめて高温(900-1,300度)で燃焼し、広範囲を焼尽・破壊する。約10万人が死亡した東京大空襲など日本本土空襲で使用された主な焼夷弾の一つで、M69焼夷弾が特に悪名高い。

Property Value
dbo:abstract
  • ナパーム弾(ナパームだん、英: Napalm bomb)とは、主燃焼材のナフサにナパーム剤と呼ばれる増粘剤を添加し、ゼリー状にしたものを充填した油脂焼夷弾である。アメリカ合衆国の有機化学者、ルイス・フィーザーが開発したもので、きわめて高温(900-1,300度)で燃焼し、広範囲を焼尽・破壊する。約10万人が死亡した東京大空襲など日本本土空襲で使用された主な焼夷弾の一つで、M69焼夷弾が特に悪名高い。 (ja)
  • ナパーム弾(ナパームだん、英: Napalm bomb)とは、主燃焼材のナフサにナパーム剤と呼ばれる増粘剤を添加し、ゼリー状にしたものを充填した油脂焼夷弾である。アメリカ合衆国の有機化学者、ルイス・フィーザーが開発したもので、きわめて高温(900-1,300度)で燃焼し、広範囲を焼尽・破壊する。約10万人が死亡した東京大空襲など日本本土空襲で使用された主な焼夷弾の一つで、M69焼夷弾が特に悪名高い。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 28104 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 9373 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 87374903 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • ナパーム弾(ナパームだん、英: Napalm bomb)とは、主燃焼材のナフサにナパーム剤と呼ばれる増粘剤を添加し、ゼリー状にしたものを充填した油脂焼夷弾である。アメリカ合衆国の有機化学者、ルイス・フィーザーが開発したもので、きわめて高温(900-1,300度)で燃焼し、広範囲を焼尽・破壊する。約10万人が死亡した東京大空襲など日本本土空襲で使用された主な焼夷弾の一つで、M69焼夷弾が特に悪名高い。 (ja)
  • ナパーム弾(ナパームだん、英: Napalm bomb)とは、主燃焼材のナフサにナパーム剤と呼ばれる増粘剤を添加し、ゼリー状にしたものを充填した油脂焼夷弾である。アメリカ合衆国の有機化学者、ルイス・フィーザーが開発したもので、きわめて高温(900-1,300度)で燃焼し、広範囲を焼尽・破壊する。約10万人が死亡した東京大空襲など日本本土空襲で使用された主な焼夷弾の一つで、M69焼夷弾が特に悪名高い。 (ja)
rdfs:label
  • ナパーム弾 (ja)
  • ナパーム弾 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of