ドキュメンタリー(英語: documentary)は、事実の特定の主題についてリポートする映画・テレビ番組・ラジオ番組。 特定の主題を設定して(選択的に)事実を記録した映画・テレビ番組・ラジオ番組、ということである。 ちなみにドキュメンタリーという用語がどのように誕生したか説明すると、そもそも英語で「ドキュメント document」というのは「情報や証拠、あるいは公式記録などを提供する、手書きの文書・印刷物・電子媒体などによる、一品」という意味であり、それの形容詞が「ドキュメンタリーdocumentary」であり、つまり「ドキュメント的な」という表現、ドキュメントに準ずる、という表現であり、それが名詞化したのが、つまり形容詞が名詞化したのがドキュメンタリー という用語であり、もとは、ドキュメントに準ずるもの、という表現である。 ドキュメントというものは歴史が非常に長く、文字が発明されて以降、もともともっぱら文字で記録されていたものなのだが、(19世紀末あたりに)映像を記録する技術が開発された後には、その技術を使って、従来は文字だけで行われていたドキュメント作成を映像でも行うようになり、それをドキュメンタリーと呼ぶようになった、ということなのである。 媒体ごと、作品ごとに、さまざまな手法がある。

Property Value
dbo:abstract
  • ドキュメンタリー(英語: documentary)は、事実の特定の主題についてリポートする映画・テレビ番組・ラジオ番組。 特定の主題を設定して(選択的に)事実を記録した映画・テレビ番組・ラジオ番組、ということである。 ちなみにドキュメンタリーという用語がどのように誕生したか説明すると、そもそも英語で「ドキュメント document」というのは「情報や証拠、あるいは公式記録などを提供する、手書きの文書・印刷物・電子媒体などによる、一品」という意味であり、それの形容詞が「ドキュメンタリーdocumentary」であり、つまり「ドキュメント的な」という表現、ドキュメントに準ずる、という表現であり、それが名詞化したのが、つまり形容詞が名詞化したのがドキュメンタリー という用語であり、もとは、ドキュメントに準ずるもの、という表現である。 ドキュメントというものは歴史が非常に長く、文字が発明されて以降、もともともっぱら文字で記録されていたものなのだが、(19世紀末あたりに)映像を記録する技術が開発された後には、その技術を使って、従来は文字だけで行われていたドキュメント作成を映像でも行うようになり、それをドキュメンタリーと呼ぶようになった、ということなのである。 なお特定の主題を設定して事実を記録しているのがドキュメンタリーなので、たとえば定点カメラで街頭の光景などがただベタに長時間記録されただけの映像(データ)は、事実が映像化されてはいるが主題が無いので、ドキュメンタリーにはカテゴライズされない。 映画に関しては「記録映像」「記録映画」とも言われる。テレビ番組の場合は「ドキュメンタリー番組」「ドキュメンタリー」「記録映像」などと呼ばれる。ドキュメンタリーには、録音してラジオで放送するもの、たとえば街頭録音やナレーション録音などで構成したラジオ番組もあり、それは「 radio documentary」と呼ばれている。 媒体ごと、作品ごとに、さまざまな手法がある。 なお、一般的にドキュメンタリーは「 "制作者の意図や主観を含まぬ"事実の描写」と認識され、他方「劇映画 (Drama film) やドラマは創作・フィクションである」と認識されているが、制作者の意図が入り込む、一種の嘘をついてしまうことがある、という点では差が無いと森達也など実務者らからは指摘されている。ドキュメンタリーは「意図が入らない」事実の記録だと思い込んでいる人が多いのを利用して、特に独裁者・権力者や、その手先となった者たちが、国民を騙したり操るためのドキュメンタリーを制作して放送することもあるので、そこには注意が必要なのである。 (ja)
  • ドキュメンタリー(英語: documentary)は、事実の特定の主題についてリポートする映画・テレビ番組・ラジオ番組。 特定の主題を設定して(選択的に)事実を記録した映画・テレビ番組・ラジオ番組、ということである。 ちなみにドキュメンタリーという用語がどのように誕生したか説明すると、そもそも英語で「ドキュメント document」というのは「情報や証拠、あるいは公式記録などを提供する、手書きの文書・印刷物・電子媒体などによる、一品」という意味であり、それの形容詞が「ドキュメンタリーdocumentary」であり、つまり「ドキュメント的な」という表現、ドキュメントに準ずる、という表現であり、それが名詞化したのが、つまり形容詞が名詞化したのがドキュメンタリー という用語であり、もとは、ドキュメントに準ずるもの、という表現である。 ドキュメントというものは歴史が非常に長く、文字が発明されて以降、もともともっぱら文字で記録されていたものなのだが、(19世紀末あたりに)映像を記録する技術が開発された後には、その技術を使って、従来は文字だけで行われていたドキュメント作成を映像でも行うようになり、それをドキュメンタリーと呼ぶようになった、ということなのである。 なお特定の主題を設定して事実を記録しているのがドキュメンタリーなので、たとえば定点カメラで街頭の光景などがただベタに長時間記録されただけの映像(データ)は、事実が映像化されてはいるが主題が無いので、ドキュメンタリーにはカテゴライズされない。 映画に関しては「記録映像」「記録映画」とも言われる。テレビ番組の場合は「ドキュメンタリー番組」「ドキュメンタリー」「記録映像」などと呼ばれる。ドキュメンタリーには、録音してラジオで放送するもの、たとえば街頭録音やナレーション録音などで構成したラジオ番組もあり、それは「 radio documentary」と呼ばれている。 媒体ごと、作品ごとに、さまざまな手法がある。 なお、一般的にドキュメンタリーは「 "制作者の意図や主観を含まぬ"事実の描写」と認識され、他方「劇映画 (Drama film) やドラマは創作・フィクションである」と認識されているが、制作者の意図が入り込む、一種の嘘をついてしまうことがある、という点では差が無いと森達也など実務者らからは指摘されている。ドキュメンタリーは「意図が入らない」事実の記録だと思い込んでいる人が多いのを利用して、特に独裁者・権力者や、その手先となった者たちが、国民を騙したり操るためのドキュメンタリーを制作して放送することもあるので、そこには注意が必要なのである。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 82106 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 15049 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 17101 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81407541 (xsd:integer)
  • 85706130 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • ドキュメンタリー(英語: documentary)は、事実の特定の主題についてリポートする映画・テレビ番組・ラジオ番組。 特定の主題を設定して(選択的に)事実を記録した映画・テレビ番組・ラジオ番組、ということである。 ちなみにドキュメンタリーという用語がどのように誕生したか説明すると、そもそも英語で「ドキュメント document」というのは「情報や証拠、あるいは公式記録などを提供する、手書きの文書・印刷物・電子媒体などによる、一品」という意味であり、それの形容詞が「ドキュメンタリーdocumentary」であり、つまり「ドキュメント的な」という表現、ドキュメントに準ずる、という表現であり、それが名詞化したのが、つまり形容詞が名詞化したのがドキュメンタリー という用語であり、もとは、ドキュメントに準ずるもの、という表現である。 ドキュメントというものは歴史が非常に長く、文字が発明されて以降、もともともっぱら文字で記録されていたものなのだが、(19世紀末あたりに)映像を記録する技術が開発された後には、その技術を使って、従来は文字だけで行われていたドキュメント作成を映像でも行うようになり、それをドキュメンタリーと呼ぶようになった、ということなのである。 媒体ごと、作品ごとに、さまざまな手法がある。 (ja)
  • ドキュメンタリー(英語: documentary)は、事実の特定の主題についてリポートする映画・テレビ番組・ラジオ番組。 特定の主題を設定して(選択的に)事実を記録した映画・テレビ番組・ラジオ番組、ということである。 ちなみにドキュメンタリーという用語がどのように誕生したか説明すると、そもそも英語で「ドキュメント document」というのは「情報や証拠、あるいは公式記録などを提供する、手書きの文書・印刷物・電子媒体などによる、一品」という意味であり、それの形容詞が「ドキュメンタリーdocumentary」であり、つまり「ドキュメント的な」という表現、ドキュメントに準ずる、という表現であり、それが名詞化したのが、つまり形容詞が名詞化したのがドキュメンタリー という用語であり、もとは、ドキュメントに準ずるもの、という表現である。 ドキュメントというものは歴史が非常に長く、文字が発明されて以降、もともともっぱら文字で記録されていたものなのだが、(19世紀末あたりに)映像を記録する技術が開発された後には、その技術を使って、従来は文字だけで行われていたドキュメント作成を映像でも行うようになり、それをドキュメンタリーと呼ぶようになった、ということなのである。 媒体ごと、作品ごとに、さまざまな手法がある。 (ja)
rdfs:label
  • ドキュメンタリー (ja)
  • ドキュメンタリー (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:genre of
is dbo:knownFor of
is dbo:literaryGenre of
is dbo:notableWork of
is dbo:occupation of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:format of
is prop-ja:genre of
is prop-ja:knownFor of
is prop-ja:note of
is prop-ja:occupation of
is prop-ja:shortsummary of
is prop-ja:type of
is prop-ja:ジャンル of
is prop-ja:事業内容 of
is prop-ja:活動内容 of
is prop-ja:職業 of
is prop-ja:著名な実績 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of