「ジェームズ・ボンド」(英: James Bond)シリーズは、作家イアン・フレミングが1953年に生み出した架空の英国秘密情報部のエージェントを主人公とする小説群であり、彼は12の小説と2つの短編小説集に登場している。1964年にフレミングが亡くなって以降は、8人の作家がボンドの小説やノベライズを執筆していている。彼が登場する最新の小説は、2018年5月に出版されたアンソニー・ホロヴィッツの『Forever and a Day』。さらに、チャーリー・ヒグソンは若き日のボンドを題材にしたシリーズを書き、ケイト・ウェストブルックはシリーズの準レギュラーであるマネーペニーの日記を題材にした3つの小説を書いた。

Property Value
dbo:abstract
  • 「ジェームズ・ボンド」(英: James Bond)シリーズは、作家イアン・フレミングが1953年に生み出した架空の英国秘密情報部のエージェントを主人公とする小説群であり、彼は12の小説と2つの短編小説集に登場している。1964年にフレミングが亡くなって以降は、8人の作家がボンドの小説やノベライズを執筆していている。彼が登場する最新の小説は、2018年5月に出版されたアンソニー・ホロヴィッツの『Forever and a Day』。さらに、チャーリー・ヒグソンは若き日のボンドを題材にしたシリーズを書き、ケイト・ウェストブルックはシリーズの準レギュラーであるマネーペニーの日記を題材にした3つの小説を書いた。 ボンドは「007」(ダブルオーセブン)というコードナンバーで知られ、テレビ、ラジオ、コミックストリップ、ビデオゲーム、映画にも登場している。1962年にショーン・コネリーがボンド役を演じた『007は殺しの番号』から始まった映画シリーズは、2021年現在、イーオン・プロダクションズが制作したシリーズとして24作品が製作されている。最新のボンド映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(2021年)では、ダニエル・クレイグがイーオン・プロでボンドを演じる6人目の俳優となっている。また、独立プロダクションのボンド映画として『007/カジノ・ロワイヤル』と『ネバーセイ・ネバーアゲイン』の2作がある。2015年、シリーズの興行収入は199億ドルと推定されており、ジェームズ・ボンドは史上最も興行収入の高いメディア・フランチャイズの一つとなっている。 (ja)
  • 「ジェームズ・ボンド」(英: James Bond)シリーズは、作家イアン・フレミングが1953年に生み出した架空の英国秘密情報部のエージェントを主人公とする小説群であり、彼は12の小説と2つの短編小説集に登場している。1964年にフレミングが亡くなって以降は、8人の作家がボンドの小説やノベライズを執筆していている。彼が登場する最新の小説は、2018年5月に出版されたアンソニー・ホロヴィッツの『Forever and a Day』。さらに、チャーリー・ヒグソンは若き日のボンドを題材にしたシリーズを書き、ケイト・ウェストブルックはシリーズの準レギュラーであるマネーペニーの日記を題材にした3つの小説を書いた。 ボンドは「007」(ダブルオーセブン)というコードナンバーで知られ、テレビ、ラジオ、コミックストリップ、ビデオゲーム、映画にも登場している。1962年にショーン・コネリーがボンド役を演じた『007は殺しの番号』から始まった映画シリーズは、2021年現在、イーオン・プロダクションズが制作したシリーズとして24作品が製作されている。最新のボンド映画『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』(2021年)では、ダニエル・クレイグがイーオン・プロでボンドを演じる6人目の俳優となっている。また、独立プロダクションのボンド映画として『007/カジノ・ロワイヤル』と『ネバーセイ・ネバーアゲイン』の2作がある。2015年、シリーズの興行収入は199億ドルと推定されており、ジェームズ・ボンドは史上最も興行収入の高いメディア・フランチャイズの一つとなっている。 (ja)
dbo:thumbnail
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1921005 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 48551 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 87728138 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:author
prop-ja:date
  • 2015 (xsd:integer)
  • 20121008001203 (xsd:decimal)
prop-ja:genre
prop-ja:language
prop-ja:origTitle
  • James Bond Novel and Short stories (ja)
  • James Bond Novel and Short stories (ja)
prop-ja:portal
  • 文学 (ja)
  • 文学 (ja)
prop-ja:published
  • --04-13
  • (ja)
prop-ja:publisher
  • 早川書房 (ja)
  • ジョナサン・ケープ (ja)
  • 早川書房 (ja)
  • ジョナサン・ケープ (ja)
prop-ja:section
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:title
  • ジェームズ・ボンド 小説・短編小説シリーズ (ja)
  • こんなところにも!?と驚く ボンド50年の影響力を振り返る (ja)
  • ジェームズ・ボンド 小説・短編小説シリーズ (ja)
  • こんなところにも!?と驚く ボンド50年の影響力を振り返る (ja)
prop-ja:translator
prop-ja:type
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:コンテンツ
  • * 007 カジノロワイヤル * 007 死ぬのは奴らだ * 007 ムーンレイカー * 007 ダイヤモンドは永遠に * 007 ロシアから愛をこめて * 007 ドクター・ノオ * 007 ゴールドフィンガー * 007 サンダーボール作戦 * 007 わたしを愛したスパイ * 女王陛下の007 * 007は二度死ぬ * 007 黄金の銃を持つ男 ---- * 007号の冒険 * 007号/ベルリン脱出 (ja)
  • * 007 カジノロワイヤル * 007 死ぬのは奴らだ * 007 ムーンレイカー * 007 ダイヤモンドは永遠に * 007 ロシアから愛をこめて * 007 ドクター・ノオ * 007 ゴールドフィンガー * 007 サンダーボール作戦 * 007 わたしを愛したスパイ * 女王陛下の007 * 007は二度死ぬ * 007 黄金の銃を持つ男 ---- * 007号の冒険 * 007号/ベルリン脱出 (ja)
prop-ja:作品名
  • ジェームズ・ボンド映画 (ja)
  • ジェームズ・ボンド映画 (ja)
prop-ja:公開
  • 1962 (xsd:integer)
prop-ja:原作
prop-ja:原題
  • James Bond films (ja)
  • James Bond films (ja)
prop-ja:興行収入
  • 6.838530927E9
prop-ja:製作
  • マイケル・G・ウィルソン (ja)
  • アルバート・R・ブロッコリ (ja)
  • ケヴィン・マクローリー (ja)
  • ハリー・サルツマン (ja)
  • バーバラ・ブロッコリ (ja)
  • マイケル・G・ウィルソン (ja)
  • アルバート・R・ブロッコリ (ja)
  • ケヴィン・マクローリー (ja)
  • ハリー・サルツマン (ja)
  • バーバラ・ブロッコリ (ja)
prop-ja:製作会社
  • (ja)
  • ユナイテッド・アーティスツ (ja)
  • イーオン・プロダクションズ (ja)
  • メトロ・ゴールドウィン・メイヤー((13–)) (ja)
  • ユニバーサル・ピクチャーズ((25–)) (ja)
  • Les Productions Artistes Associés((11)) (ja)
  • バーベルスバーグ・フィルムズ((21)) (ja)
  • コロンビア ピクチャーズ((21–24)) (ja)
  • スティルキング・フィルムズ((21)) (ja)
  • ダンジャック((2–)) (ja)
  • (ja)
  • ユナイテッド・アーティスツ (ja)
  • イーオン・プロダクションズ (ja)
  • メトロ・ゴールドウィン・メイヤー((13–)) (ja)
  • ユニバーサル・ピクチャーズ((25–)) (ja)
  • Les Productions Artistes Associés((11)) (ja)
  • バーベルスバーグ・フィルムズ((21)) (ja)
  • コロンビア ピクチャーズ((21–24)) (ja)
  • スティルキング・フィルムズ((21)) (ja)
  • ダンジャック((2–)) (ja)
prop-ja:製作国
  • (11) (ja)
  • (21) (ja)
  • (11) (ja)
  • (21) (ja)
prop-ja:製作総指揮
  • アンソニー・ウェイ (ja)
  • カラム・マクドゥガル (ja)
  • マイケル・G・ウィルソン (ja)
  • クリス・ブリガム (ja)
  • アルバート・R・ブロッコリ (ja)
  • トム・ペブスナー (ja)
  • ハリー・サルツマン (ja)
  • アンソニー・ウェイ (ja)
  • カラム・マクドゥガル (ja)
  • マイケル・G・ウィルソン (ja)
  • クリス・ブリガム (ja)
  • アルバート・R・ブロッコリ (ja)
  • トム・ペブスナー (ja)
  • ハリー・サルツマン (ja)
prop-ja:製作費
  • 1.4E9
prop-ja:言語
prop-ja:配給
  • 20 (xsd:integer)
  • (ja)
  • ((25–)) (ja)
  • ユニバーサル・ピクチャーズ((25–)) (ja)
  • UIP((13–19)) (ja)
  • ユナイテッド・アーティスツ((1–12)) (ja)
  • ソニー・ピクチャーズ・リリーシング((21–24)) (ja)
  • メトロ・ゴールドウィン・メイヤー((13–20)) (ja)
prop-ja:音楽
  • モンティ・ノーマン (ja)
  • ジョージ・マーティン (ja)
  • デヴィッド・アーノルド (ja)
  • エリック・セラ (ja)
  • ハンス・ジマー (ja)
  • ジョン・バリー (ja)
  • トーマス・ニューマン (ja)
  • ビル・コンティ (ja)
  • マイケル・ケイメン (ja)
  • マーヴィン・ハムリッシュ (ja)
  • モンティ・ノーマン (ja)
  • ジョージ・マーティン (ja)
  • デヴィッド・アーノルド (ja)
  • エリック・セラ (ja)
  • ハンス・ジマー (ja)
  • ジョン・バリー (ja)
  • トーマス・ニューマン (ja)
  • ビル・コンティ (ja)
  • マイケル・ケイメン (ja)
  • マーヴィン・ハムリッシュ (ja)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 「ジェームズ・ボンド」(英: James Bond)シリーズは、作家イアン・フレミングが1953年に生み出した架空の英国秘密情報部のエージェントを主人公とする小説群であり、彼は12の小説と2つの短編小説集に登場している。1964年にフレミングが亡くなって以降は、8人の作家がボンドの小説やノベライズを執筆していている。彼が登場する最新の小説は、2018年5月に出版されたアンソニー・ホロヴィッツの『Forever and a Day』。さらに、チャーリー・ヒグソンは若き日のボンドを題材にしたシリーズを書き、ケイト・ウェストブルックはシリーズの準レギュラーであるマネーペニーの日記を題材にした3つの小説を書いた。 (ja)
  • 「ジェームズ・ボンド」(英: James Bond)シリーズは、作家イアン・フレミングが1953年に生み出した架空の英国秘密情報部のエージェントを主人公とする小説群であり、彼は12の小説と2つの短編小説集に登場している。1964年にフレミングが亡くなって以降は、8人の作家がボンドの小説やノベライズを執筆していている。彼が登場する最新の小説は、2018年5月に出版されたアンソニー・ホロヴィッツの『Forever and a Day』。さらに、チャーリー・ヒグソンは若き日のボンドを題材にしたシリーズを書き、ケイト・ウェストブルックはシリーズの準レギュラーであるマネーペニーの日記を題材にした3つの小説を書いた。 (ja)
rdfs:label
  • ジェームズ・ボンド (ja)
  • ジェームズ・ボンド (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:notableWork of
is dbo:openingTheme of
is dbo:series of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:notableworks of
is prop-ja:series of
is prop-ja:title of
is prop-ja:事業内容 of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of