『キリストの埋葬』(キリストのまいそう、伊:Deposizione Borghese)、または『バリオーニ祭壇画』(バリオーニさいだんが、伊:Pala Baglioni)は、イタリアの盛期ルネサンスの巨匠、ラファエロによる油彩画である。「Raphael. Urbinas. MDVII」と署名され、制作年が記されている。絵画はローマのボルゲーゼ美術館に所蔵されている。ペルージャのアタランタ・バリオーニから、殺害された息子のグリフォネット・バリオーニを記念して依頼された大きな祭壇画の中央パネルである。多くの作品のように、本作は「キリストの十字架降架」、「キリストの哀悼」、そして「キリストの埋葬」の主題と共通の要素を有している。絵画は板上に描かれており、184 x176cmの大きさである。

Property Value
dbo:abstract
  • 『キリストの埋葬』(キリストのまいそう、伊:Deposizione Borghese)、または『バリオーニ祭壇画』(バリオーニさいだんが、伊:Pala Baglioni)は、イタリアの盛期ルネサンスの巨匠、ラファエロによる油彩画である。「Raphael. Urbinas. MDVII」と署名され、制作年が記されている。絵画はローマのボルゲーゼ美術館に所蔵されている。ペルージャのアタランタ・バリオーニから、殺害された息子のグリフォネット・バリオーニを記念して依頼された大きな祭壇画の中央パネルである。多くの作品のように、本作は「キリストの十字架降架」、「キリストの哀悼」、そして「キリストの埋葬」の主題と共通の要素を有している。絵画は板上に描かれており、184 x176cmの大きさである。 (ja)
  • 『キリストの埋葬』(キリストのまいそう、伊:Deposizione Borghese)、または『バリオーニ祭壇画』(バリオーニさいだんが、伊:Pala Baglioni)は、イタリアの盛期ルネサンスの巨匠、ラファエロによる油彩画である。「Raphael. Urbinas. MDVII」と署名され、制作年が記されている。絵画はローマのボルゲーゼ美術館に所蔵されている。ペルージャのアタランタ・バリオーニから、殺害された息子のグリフォネット・バリオーニを記念して依頼された大きな祭壇画の中央パネルである。多くの作品のように、本作は「キリストの十字架降架」、「キリストの哀悼」、そして「キリストの埋葬」の主題と共通の要素を有している。絵画は板上に描かれており、184 x176cmの大きさである。 (ja)
dbo:creator
dbo:location
dbo:museum
dbo:painter
dbo:title
  • Deposition (ja)
  • Deposizione Borghese (ja)
  • Deposition (ja)
  • Deposizione Borghese (ja)
dbo:type
dbo:wikiPageID
  • 4447354 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 7257 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 85762553 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:artist
prop-ja:city
prop-ja:heightMetric
  • 184 (xsd:integer)
prop-ja:imageFile
  • Raffaello, pala baglioni, deposizione.jpg (ja)
  • Raffaello, pala baglioni, deposizione.jpg (ja)
prop-ja:imageSize
  • 350 (xsd:integer)
prop-ja:imperialUnit
  • in (ja)
  • in (ja)
prop-ja:metricUnit
  • cm (ja)
  • cm (ja)
prop-ja:museum
prop-ja:otherLanguage
prop-ja:otherTitle
  • Deposition (ja)
  • Deposizione Borghese (ja)
  • Deposition (ja)
  • Deposizione Borghese (ja)
prop-ja:title
  • キリストの埋葬 (ja)
  • キリストの埋葬 (ja)
prop-ja:type
  • 板上に油彩 (ja)
  • 板上に油彩 (ja)
prop-ja:widthMetric
  • 176 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:year
  • 1507 (xsd:integer)
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『キリストの埋葬』(キリストのまいそう、伊:Deposizione Borghese)、または『バリオーニ祭壇画』(バリオーニさいだんが、伊:Pala Baglioni)は、イタリアの盛期ルネサンスの巨匠、ラファエロによる油彩画である。「Raphael. Urbinas. MDVII」と署名され、制作年が記されている。絵画はローマのボルゲーゼ美術館に所蔵されている。ペルージャのアタランタ・バリオーニから、殺害された息子のグリフォネット・バリオーニを記念して依頼された大きな祭壇画の中央パネルである。多くの作品のように、本作は「キリストの十字架降架」、「キリストの哀悼」、そして「キリストの埋葬」の主題と共通の要素を有している。絵画は板上に描かれており、184 x176cmの大きさである。 (ja)
  • 『キリストの埋葬』(キリストのまいそう、伊:Deposizione Borghese)、または『バリオーニ祭壇画』(バリオーニさいだんが、伊:Pala Baglioni)は、イタリアの盛期ルネサンスの巨匠、ラファエロによる油彩画である。「Raphael. Urbinas. MDVII」と署名され、制作年が記されている。絵画はローマのボルゲーゼ美術館に所蔵されている。ペルージャのアタランタ・バリオーニから、殺害された息子のグリフォネット・バリオーニを記念して依頼された大きな祭壇画の中央パネルである。多くの作品のように、本作は「キリストの十字架降架」、「キリストの哀悼」、そして「キリストの埋葬」の主題と共通の要素を有している。絵画は板上に描かれており、184 x176cmの大きさである。 (ja)
rdfs:label
  • キリストの埋葬 (ラファエロ) (ja)
  • キリストの埋葬 (ラファエロ) (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • キリストの埋葬 (ja)
  • キリストの埋葬 (ja)
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of