オープンアクセス(英: open access、OA)とは、研究成果(広義には学術情報を、狭義には査読済み学術雑誌に掲載された論文を)インターネットを通じて誰もが無料で閲覧可能な状態に置くことを指す。また、クリエイティブ・コモンズのライセンスなどを用いた自由な再利用を認めることも定義の一つに含まれることが多い。 歴史的に、科学研究の成果発表は、印刷出版を主体とした学術雑誌によって行われており、1990年代には大手出版社による学術雑誌市場の寡占と価格高騰が続いていた。このような従来の(非オープンアクセス)ジャーナルは、購読やサイトライセンス、ペイパービューのサブスクリプションを通じて、出版に掛かる費用を回収している。これに対抗し、学問の自由な共有を目指す動きが現れ、2001年に開催された会議およびそれをもとに2002年に公開された文書である Budapest Open Access Initiative (BOAI) によってオープンアクセスが方向づけられた。オープンアクセスジャーナルは、読者がジャーナルコンテンツを読むために支払う必要のない(例えば公的資金など)資金調達モデルを持つことが特徴である。BOAI ではオープンアクセス達成の方法として、研究者によるセルフアーカイブ(グリーンロード)とオープンアクセスの学術雑誌に投稿するゴールドロードを提示している。オープンアクセスは、査読付きおよび査読なしの学術雑誌記事、会議論文、論文、 本の章、モノグラフ、、画像など、あらゆる形式の研究成果に適用でる概念である。

Property Value
dbo:abstract
  • オープンアクセス(英: open access、OA)とは、研究成果(広義には学術情報を、狭義には査読済み学術雑誌に掲載された論文を)インターネットを通じて誰もが無料で閲覧可能な状態に置くことを指す。また、クリエイティブ・コモンズのライセンスなどを用いた自由な再利用を認めることも定義の一つに含まれることが多い。 歴史的に、科学研究の成果発表は、印刷出版を主体とした学術雑誌によって行われており、1990年代には大手出版社による学術雑誌市場の寡占と価格高騰が続いていた。このような従来の(非オープンアクセス)ジャーナルは、購読やサイトライセンス、ペイパービューのサブスクリプションを通じて、出版に掛かる費用を回収している。これに対抗し、学問の自由な共有を目指す動きが現れ、2001年に開催された会議およびそれをもとに2002年に公開された文書である Budapest Open Access Initiative (BOAI) によってオープンアクセスが方向づけられた。オープンアクセスジャーナルは、読者がジャーナルコンテンツを読むために支払う必要のない(例えば公的資金など)資金調達モデルを持つことが特徴である。BOAI ではオープンアクセス達成の方法として、研究者によるセルフアーカイブ(グリーンロード)とオープンアクセスの学術雑誌に投稿するゴールドロードを提示している。オープンアクセスは、査読付きおよび査読なしの学術雑誌記事、会議論文、論文、 本の章、モノグラフ、、画像など、あらゆる形式の研究成果に適用でる概念である。 2007年末にアメリカ合衆国で、アメリカ国立衛生研究所 (NIH) から予算を受けて行った研究の成果は、発表後一年以内に公衆が無料でアクセスできる状態にしなければならない、ということが法律で義務化されたのをはじめ、世界各国で対応が進められている。 (ja)
  • オープンアクセス(英: open access、OA)とは、研究成果(広義には学術情報を、狭義には査読済み学術雑誌に掲載された論文を)インターネットを通じて誰もが無料で閲覧可能な状態に置くことを指す。また、クリエイティブ・コモンズのライセンスなどを用いた自由な再利用を認めることも定義の一つに含まれることが多い。 歴史的に、科学研究の成果発表は、印刷出版を主体とした学術雑誌によって行われており、1990年代には大手出版社による学術雑誌市場の寡占と価格高騰が続いていた。このような従来の(非オープンアクセス)ジャーナルは、購読やサイトライセンス、ペイパービューのサブスクリプションを通じて、出版に掛かる費用を回収している。これに対抗し、学問の自由な共有を目指す動きが現れ、2001年に開催された会議およびそれをもとに2002年に公開された文書である Budapest Open Access Initiative (BOAI) によってオープンアクセスが方向づけられた。オープンアクセスジャーナルは、読者がジャーナルコンテンツを読むために支払う必要のない(例えば公的資金など)資金調達モデルを持つことが特徴である。BOAI ではオープンアクセス達成の方法として、研究者によるセルフアーカイブ(グリーンロード)とオープンアクセスの学術雑誌に投稿するゴールドロードを提示している。オープンアクセスは、査読付きおよび査読なしの学術雑誌記事、会議論文、論文、 本の章、モノグラフ、、画像など、あらゆる形式の研究成果に適用でる概念である。 2007年末にアメリカ合衆国で、アメリカ国立衛生研究所 (NIH) から予算を受けて行った研究の成果は、発表後一年以内に公衆が無料でアクセスできる状態にしなければならない、ということが法律で義務化されたのをはじめ、世界各国で対応が進められている。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 1317760 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 19848 (xsd:nonNegativeInteger)
  • 70975 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81361698 (xsd:integer)
  • 84154292 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • Directory of Open Access Journalsに登録された年代別のGold OAジャーナルの数 (ja)
  • PubMed Centralに登録された年代別のGoldとHybrid OAジャーナルの数. (ja)
  • Directory of Open Access Journalsに登録された年代別のGold OAジャーナルの数 (ja)
  • PubMed Centralに登録された年代別のGoldとHybrid OAジャーナルの数. (ja)
prop-ja:direction
  • horizontal (ja)
  • horizontal (ja)
prop-ja:image
  • DOAJ growth.png (ja)
  • PMC growth.png (ja)
  • DOAJ growth.png (ja)
  • PMC growth.png (ja)
prop-ja:width
  • 218 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • オープンアクセス(英: open access、OA)とは、研究成果(広義には学術情報を、狭義には査読済み学術雑誌に掲載された論文を)インターネットを通じて誰もが無料で閲覧可能な状態に置くことを指す。また、クリエイティブ・コモンズのライセンスなどを用いた自由な再利用を認めることも定義の一つに含まれることが多い。 歴史的に、科学研究の成果発表は、印刷出版を主体とした学術雑誌によって行われており、1990年代には大手出版社による学術雑誌市場の寡占と価格高騰が続いていた。このような従来の(非オープンアクセス)ジャーナルは、購読やサイトライセンス、ペイパービューのサブスクリプションを通じて、出版に掛かる費用を回収している。これに対抗し、学問の自由な共有を目指す動きが現れ、2001年に開催された会議およびそれをもとに2002年に公開された文書である Budapest Open Access Initiative (BOAI) によってオープンアクセスが方向づけられた。オープンアクセスジャーナルは、読者がジャーナルコンテンツを読むために支払う必要のない(例えば公的資金など)資金調達モデルを持つことが特徴である。BOAI ではオープンアクセス達成の方法として、研究者によるセルフアーカイブ(グリーンロード)とオープンアクセスの学術雑誌に投稿するゴールドロードを提示している。オープンアクセスは、査読付きおよび査読なしの学術雑誌記事、会議論文、論文、 本の章、モノグラフ、、画像など、あらゆる形式の研究成果に適用でる概念である。 (ja)
  • オープンアクセス(英: open access、OA)とは、研究成果(広義には学術情報を、狭義には査読済み学術雑誌に掲載された論文を)インターネットを通じて誰もが無料で閲覧可能な状態に置くことを指す。また、クリエイティブ・コモンズのライセンスなどを用いた自由な再利用を認めることも定義の一つに含まれることが多い。 歴史的に、科学研究の成果発表は、印刷出版を主体とした学術雑誌によって行われており、1990年代には大手出版社による学術雑誌市場の寡占と価格高騰が続いていた。このような従来の(非オープンアクセス)ジャーナルは、購読やサイトライセンス、ペイパービューのサブスクリプションを通じて、出版に掛かる費用を回収している。これに対抗し、学問の自由な共有を目指す動きが現れ、2001年に開催された会議およびそれをもとに2002年に公開された文書である Budapest Open Access Initiative (BOAI) によってオープンアクセスが方向づけられた。オープンアクセスジャーナルは、読者がジャーナルコンテンツを読むために支払う必要のない(例えば公的資金など)資金調達モデルを持つことが特徴である。BOAI ではオープンアクセス達成の方法として、研究者によるセルフアーカイブ(グリーンロード)とオープンアクセスの学術雑誌に投稿するゴールドロードを提示している。オープンアクセスは、査読付きおよび査読なしの学術雑誌記事、会議論文、論文、 本の章、モノグラフ、、画像など、あらゆる形式の研究成果に適用でる概念である。 (ja)
rdfs:label
  • オープンアクセス (ja)
  • オープンアクセス (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:product of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:openaccess of
is prop-ja:products of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of