エクフラシスまたはエクプラシス (古希: ἔκφρασις, ekphrasis) は、西洋の伝統的な文学用語、または修辞学用語。文学用語の場合は、絵画や彫刻といった視覚芸術を文章で描写する行為を指す。修辞学用語の場合は、古代ギリシア・ローマにおいて弁論の練習を目的に、芸術に限らず様々な事物を文章で描写する行為を指す。本来の意味は修辞学用語の方だったが、近代以降、文学用語の方が一般的になった。

Property Value
dbo:abstract
  • エクフラシスまたはエクプラシス (古希: ἔκφρασις, ekphrasis) は、西洋の伝統的な文学用語、または修辞学用語。文学用語の場合は、絵画や彫刻といった視覚芸術を文章で描写する行為を指す。修辞学用語の場合は、古代ギリシア・ローマにおいて弁論の練習を目的に、芸術に限らず様々な事物を文章で描写する行為を指す。本来の意味は修辞学用語の方だったが、近代以降、文学用語の方が一般的になった。 (ja)
  • エクフラシスまたはエクプラシス (古希: ἔκφρασις, ekphrasis) は、西洋の伝統的な文学用語、または修辞学用語。文学用語の場合は、絵画や彫刻といった視覚芸術を文章で描写する行為を指す。修辞学用語の場合は、古代ギリシア・ローマにおいて弁論の練習を目的に、芸術に限らず様々な事物を文章で描写する行為を指す。本来の意味は修辞学用語の方だったが、近代以降、文学用語の方が一般的になった。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 4455307 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 8018 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 86130327 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • エクフラシスまたはエクプラシス (古希: ἔκφρασις, ekphrasis) は、西洋の伝統的な文学用語、または修辞学用語。文学用語の場合は、絵画や彫刻といった視覚芸術を文章で描写する行為を指す。修辞学用語の場合は、古代ギリシア・ローマにおいて弁論の練習を目的に、芸術に限らず様々な事物を文章で描写する行為を指す。本来の意味は修辞学用語の方だったが、近代以降、文学用語の方が一般的になった。 (ja)
  • エクフラシスまたはエクプラシス (古希: ἔκφρασις, ekphrasis) は、西洋の伝統的な文学用語、または修辞学用語。文学用語の場合は、絵画や彫刻といった視覚芸術を文章で描写する行為を指す。修辞学用語の場合は、古代ギリシア・ローマにおいて弁論の練習を目的に、芸術に限らず様々な事物を文章で描写する行為を指す。本来の意味は修辞学用語の方だったが、近代以降、文学用語の方が一般的になった。 (ja)
rdfs:label
  • エクフラシス (ja)
  • エクフラシス (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is owl:sameAs of
is foaf:primaryTopic of