イスカリオテのユダ(Ἰούδας ὁ Ἰσκαριώτης または Ἰούδας Ἰσκαριώθ)は、新約聖書の4つの福音書、使徒行伝に登場するイエスの弟子のうち特に選ばれた十二人、いわゆる使徒の一人である。「イスカリオテ」はヘブライ語: איש קריות‎ イシュ・ケリヨト「ケリヨトの人」に由来すると考えられている(ケリヨトはユダヤ地方の村の名)。 ほかの弟子はガリラヤ出身であったのに対し、ユダの出身はガリラヤではないとされている。イエスを裏切ったことから、裏切り者の代名詞として扱われることが多い。なお、ユダは12番目の使徒であり、彼が裏切りの末死んだためにマティアが新しい12番目の使徒となったのであって、イスカリオテのユダを第13使徒とするのは誤りである。 使徒ユダ(タダイ)とは別人である。また、新約聖書の『ユダの手紙』の著者も別人である。 『ユダの福音書』などの外典にも現れる。 イエス一行の会計係を任されており、不正を行う事が可能な立場にいた。

Property Value
dbo:abstract
  • イスカリオテのユダ(Ἰούδας ὁ Ἰσκαριώτης または Ἰούδας Ἰσκαριώθ)は、新約聖書の4つの福音書、使徒行伝に登場するイエスの弟子のうち特に選ばれた十二人、いわゆる使徒の一人である。「イスカリオテ」はヘブライ語: איש קריות‎ イシュ・ケリヨト「ケリヨトの人」に由来すると考えられている(ケリヨトはユダヤ地方の村の名)。 ほかの弟子はガリラヤ出身であったのに対し、ユダの出身はガリラヤではないとされている。イエスを裏切ったことから、裏切り者の代名詞として扱われることが多い。なお、ユダは12番目の使徒であり、彼が裏切りの末死んだためにマティアが新しい12番目の使徒となったのであって、イスカリオテのユダを第13使徒とするのは誤りである。 使徒ユダ(タダイ)とは別人である。また、新約聖書の『ユダの手紙』の著者も別人である。 『ユダの福音書』などの外典にも現れる。 イエス一行の会計係を任されており、不正を行う事が可能な立場にいた。 (ja)
  • イスカリオテのユダ(Ἰούδας ὁ Ἰσκαριώτης または Ἰούδας Ἰσκαριώθ)は、新約聖書の4つの福音書、使徒行伝に登場するイエスの弟子のうち特に選ばれた十二人、いわゆる使徒の一人である。「イスカリオテ」はヘブライ語: איש קריות‎ イシュ・ケリヨト「ケリヨトの人」に由来すると考えられている(ケリヨトはユダヤ地方の村の名)。 ほかの弟子はガリラヤ出身であったのに対し、ユダの出身はガリラヤではないとされている。イエスを裏切ったことから、裏切り者の代名詞として扱われることが多い。なお、ユダは12番目の使徒であり、彼が裏切りの末死んだためにマティアが新しい12番目の使徒となったのであって、イスカリオテのユダを第13使徒とするのは誤りである。 使徒ユダ(タダイ)とは別人である。また、新約聖書の『ユダの手紙』の著者も別人である。 『ユダの福音書』などの外典にも現れる。 イエス一行の会計係を任されており、不正を行う事が可能な立場にいた。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 123533 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 6000 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80760507 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:未検証
  • 2010 (xsd:integer)
prop-ja:独自研究
  • 2010 (xsd:integer)
prop-ja:観点
  • 2010 (xsd:integer)
dct:subject
rdfs:comment
  • イスカリオテのユダ(Ἰούδας ὁ Ἰσκαριώτης または Ἰούδας Ἰσκαριώθ)は、新約聖書の4つの福音書、使徒行伝に登場するイエスの弟子のうち特に選ばれた十二人、いわゆる使徒の一人である。「イスカリオテ」はヘブライ語: איש קריות‎ イシュ・ケリヨト「ケリヨトの人」に由来すると考えられている(ケリヨトはユダヤ地方の村の名)。 ほかの弟子はガリラヤ出身であったのに対し、ユダの出身はガリラヤではないとされている。イエスを裏切ったことから、裏切り者の代名詞として扱われることが多い。なお、ユダは12番目の使徒であり、彼が裏切りの末死んだためにマティアが新しい12番目の使徒となったのであって、イスカリオテのユダを第13使徒とするのは誤りである。 使徒ユダ(タダイ)とは別人である。また、新約聖書の『ユダの手紙』の著者も別人である。 『ユダの福音書』などの外典にも現れる。 イエス一行の会計係を任されており、不正を行う事が可能な立場にいた。 (ja)
  • イスカリオテのユダ(Ἰούδας ὁ Ἰσκαριώτης または Ἰούδας Ἰσκαριώθ)は、新約聖書の4つの福音書、使徒行伝に登場するイエスの弟子のうち特に選ばれた十二人、いわゆる使徒の一人である。「イスカリオテ」はヘブライ語: איש קריות‎ イシュ・ケリヨト「ケリヨトの人」に由来すると考えられている(ケリヨトはユダヤ地方の村の名)。 ほかの弟子はガリラヤ出身であったのに対し、ユダの出身はガリラヤではないとされている。イエスを裏切ったことから、裏切り者の代名詞として扱われることが多い。なお、ユダは12番目の使徒であり、彼が裏切りの末死んだためにマティアが新しい12番目の使徒となったのであって、イスカリオテのユダを第13使徒とするのは誤りである。 使徒ユダ(タダイ)とは別人である。また、新約聖書の『ユダの手紙』の著者も別人である。 『ユダの福音書』などの外典にも現れる。 イエス一行の会計係を任されており、不正を行う事が可能な立場にいた。 (ja)
rdfs:label
  • イスカリオテのユダ (ja)
  • イスカリオテのユダ (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of