YS-11(わいえす いちいち)は、日本航空機製造が製造した双発ターボプロップエンジン方式の旅客機。第二次世界大戦後に初めて日本のメーカーが開発した旅客機である。正式な読み方は「ワイエスいちいち」だが、一般には「ワイエスじゅういち」、または「ワイエスイレブン」と呼ばれることが多い()。時刻表では主にYS1またはYSと表記されていたが、全日本空輸の便では愛称「オリンピア」の頭文字Oと表記されていた。 2006年をもって日本においての旅客機用途での運航を終了した。海上保安庁で使われていた機体は2011年(平成23年)に退役し、それ以外の用途では自衛隊で輸送機として運用されていた()。また、東南アジアへ売却された機体も多くが運航終了となっている。一部の機体はレストアされて解体こそ免れ、動態保存されている機体もあるものの、機体そのものが旧式であることもあり、運用されている場面は稀である。

Property Value
dbo:abstract
  • YS-11(わいえす いちいち)は、日本航空機製造が製造した双発ターボプロップエンジン方式の旅客機。第二次世界大戦後に初めて日本のメーカーが開発した旅客機である。正式な読み方は「ワイエスいちいち」だが、一般には「ワイエスじゅういち」、または「ワイエスイレブン」と呼ばれることが多い()。時刻表では主にYS1またはYSと表記されていたが、全日本空輸の便では愛称「オリンピア」の頭文字Oと表記されていた。 2006年をもって日本においての旅客機用途での運航を終了した。海上保安庁で使われていた機体は2011年(平成23年)に退役し、それ以外の用途では自衛隊で輸送機として運用されていた()。また、東南アジアへ売却された機体も多くが運航終了となっている。一部の機体はレストアされて解体こそ免れ、動態保存されている機体もあるものの、機体そのものが旧式であることもあり、運用されている場面は稀である。 (ja)
  • YS-11(わいえす いちいち)は、日本航空機製造が製造した双発ターボプロップエンジン方式の旅客機。第二次世界大戦後に初めて日本のメーカーが開発した旅客機である。正式な読み方は「ワイエスいちいち」だが、一般には「ワイエスじゅういち」、または「ワイエスイレブン」と呼ばれることが多い()。時刻表では主にYS1またはYSと表記されていたが、全日本空輸の便では愛称「オリンピア」の頭文字Oと表記されていた。 2006年をもって日本においての旅客機用途での運航を終了した。海上保安庁で使われていた機体は2011年(平成23年)に退役し、それ以外の用途では自衛隊で輸送機として運用されていた()。また、東南アジアへ売却された機体も多くが運航終了となっている。一部の機体はレストアされて解体こそ免れ、動態保存されている機体もあるものの、機体そのものが旧式であることもあり、運用されている場面は稀である。 (ja)
dbo:aircraftType
  • 旅客機
dbo:firstFlight
dbo:manufacturer
dbo:numberBuilt
  • 182 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:type
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 20601 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 70729 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 81321234 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • 海上自衛隊のYS-11Mの後継機C-130R (ja)
  • 海上自衛隊のYS-11Mの後継機C-130R (ja)
prop-ja:date
  • 20060507112532 (xsd:decimal)
  • 20110723062715 (xsd:decimal)
  • --06-27
prop-ja:direction
  • horizontal (ja)
  • horizontal (ja)
prop-ja:image
  • JASDF C-130H 20150906-01.JPG (ja)
  • JASDF C-130H 20150906-01.JPG (ja)
prop-ja:publisher
prop-ja:title
  • --09-27
  • 東亜国内航空 ばんだい号 墜落事故 (ja)
prop-ja:url
prop-ja:width
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:キャプション
  • --09-28
  • 飛行するYS-11M 61-9041号機 (ja)
prop-ja:出典の明記
  • --02-01
prop-ja:分類
  • 旅客機 (ja)
  • 旅客機 (ja)
prop-ja:初飛行年月日
  • --08-30
prop-ja:参照方法
  • 2009 (xsd:integer)
prop-ja:名称
  • YS-11 (ja)
  • YS-11 (ja)
prop-ja:独自研究
  • 2017 (xsd:integer)
prop-ja:生産数
  • 182 (xsd:integer)
prop-ja:用途
prop-ja:画像
  • ファイル:Japan Maritime Self-Defence Force NAMC YS-11M Aoki-1.jpg (ja)
  • ファイル:Japan Maritime Self-Defence Force NAMC YS-11M Aoki-1.jpg (ja)
prop-ja:製造者
prop-ja:運用状況
  • 現役(輸送機として) (ja)
  • 現役(輸送機として) (ja)
prop-ja:運用者More
  • : ** 国土交通省航空局 ** 航空自衛隊 ** 海上自衛隊 ** 海上保安庁 ** 日本エアコミューター ** 南西航空 ** 日本航空 ** 東亜国内航空 ** 全日本空輸 ** エアーニッポン ** 大韓航空 ** ピードモント航空 ** ハワイアン航空 ** オリンピック航空 ** VASP航空 ** クルゼイロ航空 ほか (ja)
  • : ** 国土交通省航空局 ** 航空自衛隊 ** 海上自衛隊 ** 海上保安庁 ** 日本エアコミューター ** 南西航空 ** 日本航空 ** 東亜国内航空 ** 全日本空輸 ** エアーニッポン ** 大韓航空 ** ピードモント航空 ** ハワイアン航空 ** オリンピック航空 ** VASP航空 ** クルゼイロ航空 ほか (ja)
prop-ja:運用開始年月日
  • --03-30
dct:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • YS-11(わいえす いちいち)は、日本航空機製造が製造した双発ターボプロップエンジン方式の旅客機。第二次世界大戦後に初めて日本のメーカーが開発した旅客機である。正式な読み方は「ワイエスいちいち」だが、一般には「ワイエスじゅういち」、または「ワイエスイレブン」と呼ばれることが多い()。時刻表では主にYS1またはYSと表記されていたが、全日本空輸の便では愛称「オリンピア」の頭文字Oと表記されていた。 2006年をもって日本においての旅客機用途での運航を終了した。海上保安庁で使われていた機体は2011年(平成23年)に退役し、それ以外の用途では自衛隊で輸送機として運用されていた()。また、東南アジアへ売却された機体も多くが運航終了となっている。一部の機体はレストアされて解体こそ免れ、動態保存されている機体もあるものの、機体そのものが旧式であることもあり、運用されている場面は稀である。 (ja)
  • YS-11(わいえす いちいち)は、日本航空機製造が製造した双発ターボプロップエンジン方式の旅客機。第二次世界大戦後に初めて日本のメーカーが開発した旅客機である。正式な読み方は「ワイエスいちいち」だが、一般には「ワイエスじゅういち」、または「ワイエスイレブン」と呼ばれることが多い()。時刻表では主にYS1またはYSと表記されていたが、全日本空輸の便では愛称「オリンピア」の頭文字Oと表記されていた。 2006年をもって日本においての旅客機用途での運航を終了した。海上保安庁で使われていた機体は2011年(平成23年)に退役し、それ以外の用途では自衛隊で輸送機として運用されていた()。また、東南アジアへ売却された機体も多くが運航終了となっている。一部の機体はレストアされて解体こそ免れ、動態保存されている機体もあるものの、機体そのものが旧式であることもあり、運用されている場面は稀である。 (ja)
rdfs:label
  • YS-11 (ja)
  • YS-11 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • YS-11 (ja)
  • YS-11 (ja)
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:aircraftType of
is prop-ja:設計 of
is foaf:primaryTopic of