Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • TRS-80は、1970年代終盤から1980年代初めにタンディ・コーポレーションが製造し同社のラジオシャック店で販売したマイクロコンピュータのいくつかのシリーズのブランド名である。1977年11月に出荷が始まり、同年12月のクリスマス前には各店舗に並んだ。ホビーストや一般家庭やスモールビジネス分野で人気となった。バイト誌が "1977 Trinity"(アップル、コモドール、タンディの3社)と呼んだ中でもタンディは首位であったが、その背景には3,000店以上のラジオシャックを通してコンピュータを販売していたという事実がある。最初のTRS-80は、QWERTY配列のフルストロークのキーボードを備え、小型であり、浮動小数点数をサポートしたBASICプログラミング言語を内蔵し、モニターが付属して600ドルで発売された。リリース前の予約価格は500ドルで、事前に手付金として50ドルを渡しておき、商品受け渡し時に手付金を返還する方式だった。最初のシステムの最大の欠点は非常に電波干渉(RFI)が強いことで、AMラジオをコンピュータの隣に置いて電波干渉をゲームの効果音に使うことがあったほどである。FCCは電波干渉についての規制を厳しくし、そのため Model I の代替として Model III がリリースされることになった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 385286 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 22544 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 103 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 46942884 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • TRS-80 Model I と拡張インタフェース
prop-ja:cpu
  • Zilog Z80 @ 1.78 MHz
prop-ja:discontinued
  • 1981 (xsd:integer)
prop-ja:memory
  • 4 (xsd:integer)
prop-ja:releasedate
  • 1977-08-03 (xsd:date)
prop-ja:type
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • TRS-80は、1970年代終盤から1980年代初めにタンディ・コーポレーションが製造し同社のラジオシャック店で販売したマイクロコンピュータのいくつかのシリーズのブランド名である。1977年11月に出荷が始まり、同年12月のクリスマス前には各店舗に並んだ。ホビーストや一般家庭やスモールビジネス分野で人気となった。バイト誌が "1977 Trinity"(アップル、コモドール、タンディの3社)と呼んだ中でもタンディは首位であったが、その背景には3,000店以上のラジオシャックを通してコンピュータを販売していたという事実がある。最初のTRS-80は、QWERTY配列のフルストロークのキーボードを備え、小型であり、浮動小数点数をサポートしたBASICプログラミング言語を内蔵し、モニターが付属して600ドルで発売された。リリース前の予約価格は500ドルで、事前に手付金として50ドルを渡しておき、商品受け渡し時に手付金を返還する方式だった。最初のシステムの最大の欠点は非常に電波干渉(RFI)が強いことで、AMラジオをコンピュータの隣に置いて電波干渉をゲームの効果音に使うことがあったほどである。FCCは電波干渉についての規制を厳しくし、そのため Model I の代替として Model III がリリースされることになった。
rdfs:label
  • TRS-80
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:備考 of
is foaf:primaryTopic of