Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • BABEL国際翻訳大賞(ばべるこくさいほんやくたいしょう)は、株式会社バベル(バベルプレス)刊行の翻訳雑誌『eとらんす』(旧名『翻訳の世界』)が主催していた、翻訳本についての賞。「バベル翻訳大賞」とも。1976年の『翻訳の世界』発刊とともに、日本と海外を結ぶ翻訳の普及と新人発掘を目指し「翻訳奨励賞」を開始。1991年、同誌が実施していた「ベスト翻訳書アンケート」の集計結果により、「バベル翻訳大賞」を開始し、ウンベルト・エーコ『薔薇の名前』(河島英昭訳)へ授賞。1994年に賞全体を「バベル翻訳大賞」として再編・改称。2000年の『翻訳の世界』終刊でいったん休止。後進の『eとらんす』で2003年に再開。2005年の『eとらんす』の終刊により、賞も終了。バベル翻訳奨励賞:新人翻訳者登竜門としての賞。優秀賞受賞者が中心となって翻訳出版する権利が授与された。日本翻訳大賞:前年度の翻訳書の中で最優秀とされる作品を刊行した翻訳書・翻訳者に与えられた。BABEL新人賞;前年度の翻訳書の中で優秀とされる「新人」翻訳者に与えられた。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3086833 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7521 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 262 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58570801 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • BABEL国際翻訳大賞(ばべるこくさいほんやくたいしょう)は、株式会社バベル(バベルプレス)刊行の翻訳雑誌『eとらんす』(旧名『翻訳の世界』)が主催していた、翻訳本についての賞。「バベル翻訳大賞」とも。1976年の『翻訳の世界』発刊とともに、日本と海外を結ぶ翻訳の普及と新人発掘を目指し「翻訳奨励賞」を開始。1991年、同誌が実施していた「ベスト翻訳書アンケート」の集計結果により、「バベル翻訳大賞」を開始し、ウンベルト・エーコ『薔薇の名前』(河島英昭訳)へ授賞。1994年に賞全体を「バベル翻訳大賞」として再編・改称。2000年の『翻訳の世界』終刊でいったん休止。後進の『eとらんす』で2003年に再開。2005年の『eとらんす』の終刊により、賞も終了。バベル翻訳奨励賞:新人翻訳者登竜門としての賞。優秀賞受賞者が中心となって翻訳出版する権利が授与された。日本翻訳大賞:前年度の翻訳書の中で最優秀とされる作品を刊行した翻訳書・翻訳者に与えられた。BABEL新人賞;前年度の翻訳書の中で優秀とされる「新人」翻訳者に与えられた。
rdfs:label
  • BABEL国際翻訳大賞
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:award of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of