Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 非経験的分子軌道法(ひけいけんてきぶんしきどうほう、英: ab initio molecular orbital method)は、量子化学に基づく計算化学手法である。非経験的分子軌道法では、ハートリー-フォック方程式(正確には、閉殻系の場合はRoothaan-Hall方程式、開殻系の場合はPople-Nesbet方程式である)を解くために必要な分子積分を、実験値に置き換えたり省略したりせずにすべて計算する。物理定数以外の実験値を全く使用せずに分子軌道を計算するため、ab initio MO法、ab initio分子軌道法とも呼ばれる。ab initioという用語は、ベンゼンの励起状態に関する半経験的研究においてロバート・パーおよびデイヴィッド・クレイグら共同研究者によって、量子化学において初めて使われた。背景はパーによって詳述されている。「量子力学の第一原理から」という現代的意味で用いたのは、Chenやローターンが初めてで、AllenおよびKaroは論文のタイトルにも用いて明確にこの用語を定義した。ほとんどの場合、シュレーディンガー方程式を解くために用いられる基底関数系(大抵LCAOアンザッツから構築される)は完全ではなく、イオン化や散乱過程と関連したヒルベルト空間に広がらない(連続スペクトルを参照)。ハートリー-フォック法ならびに配置間相互作用法では、この近似によってシュレーディンガー方程式を「単純」な電子的分子ハミルトニアンの固有値方程式として扱うことができ、解の離散集合が得られる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 9459 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3834 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57729065 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 非経験的分子軌道法(ひけいけんてきぶんしきどうほう、英: ab initio molecular orbital method)は、量子化学に基づく計算化学手法である。非経験的分子軌道法では、ハートリー-フォック方程式(正確には、閉殻系の場合はRoothaan-Hall方程式、開殻系の場合はPople-Nesbet方程式である)を解くために必要な分子積分を、実験値に置き換えたり省略したりせずにすべて計算する。物理定数以外の実験値を全く使用せずに分子軌道を計算するため、ab initio MO法、ab initio分子軌道法とも呼ばれる。ab initioという用語は、ベンゼンの励起状態に関する半経験的研究においてロバート・パーおよびデイヴィッド・クレイグら共同研究者によって、量子化学において初めて使われた。背景はパーによって詳述されている。「量子力学の第一原理から」という現代的意味で用いたのは、Chenやローターンが初めてで、AllenおよびKaroは論文のタイトルにも用いて明確にこの用語を定義した。ほとんどの場合、シュレーディンガー方程式を解くために用いられる基底関数系(大抵LCAOアンザッツから構築される)は完全ではなく、イオン化や散乱過程と関連したヒルベルト空間に広がらない(連続スペクトルを参照)。ハートリー-フォック法ならびに配置間相互作用法では、この近似によってシュレーディンガー方程式を「単純」な電子的分子ハミルトニアンの固有値方程式として扱うことができ、解の離散集合が得られる。
rdfs:label
  • 非経験的分子軌道法
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of