Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 通貨記号とは通貨の名前を短く表記するためにしばしば使われる図形記号である。国際的にはISO 4217コードが通貨記号の代わりに使われるが、各国国内では通貨記号がよく使われている。ただし、固有の記号が存在しない通貨も多数ある。貨幣の金額を表記するとき、記号の位置は通貨によって異なる。英語などでは金額の前に置かれる(例: £50.00 )が、フランス語などでは金額の後ろに置かれる(例: 50.00 S₣ )。そして廃止される前のポルトガル・エスクードとフランス・フランの記号は小数点の位置に置かれていた(すなわち 50$00 や 12₣34 )こともある。小数点の区切り文字も地域、言語などによってそれぞれ異なる。たとえば、イギリスではしばしば値札上で中黒を小数点として使う(例: £5·52)こともある。ピリオドではなくコンマ(例: 5,00 €)が広く使われている国もある。国際標準については小数点記号の分布を参照。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1193851 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 22597 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 360 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59249620 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 通貨記号とは通貨の名前を短く表記するためにしばしば使われる図形記号である。国際的にはISO 4217コードが通貨記号の代わりに使われるが、各国国内では通貨記号がよく使われている。ただし、固有の記号が存在しない通貨も多数ある。貨幣の金額を表記するとき、記号の位置は通貨によって異なる。英語などでは金額の前に置かれる(例: £50.00 )が、フランス語などでは金額の後ろに置かれる(例: 50.00 S₣ )。そして廃止される前のポルトガル・エスクードとフランス・フランの記号は小数点の位置に置かれていた(すなわち 50$00 や 12₣34 )こともある。小数点の区切り文字も地域、言語などによってそれぞれ異なる。たとえば、イギリスではしばしば値札上で中黒を小数点として使う(例: £5·52)こともある。ピリオドではなくコンマ(例: 5,00 €)が広く使われている国もある。国際標準については小数点記号の分布を参照。
rdfs:label
  • 通貨記号
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of