Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 表面重力(surface gravity) g は、天体やその他の対象の表面で体験する重力加速度を意味する。表面重力は、仮想的テスト粒子が対象の表現に非常に近く、系を乱さないために無視することのできる(小さな)質量であるとき、粒子の受ける重力による加速度と考えることができる。表面重力は、SI単位系での加速度の単位メートル毎秒毎秒で計測される。表面重力は、地球の標準表面重力の倍数であり、g = 9.80665 m/s2 と表現することできる。天体物理学において、表面重力は log g として表され、この値はcgs単位系では最初に重力を表すことによりえることができ、そこでは加速度の単位がセンチメートル毎秒毎秒で、対数の底を 10 を取って表される。従って、重力の効果として、重力がすべてのものに等しく影響するので、それらの質量はグラムであるかキログラムであるかではない。1 m/s2 = 100 cm/s2 であるので、地球の表面順力は、cgs 単位系では 980.665 cm/s2 と表現でき、10 を底とする対数 (log g) は 2.992 である。白色矮星の表面重力は非常に重く、中性子星の表面重力はさらに思い。中性子星がコンパクトであることは、典型的な値は数 ×1012 m/s² の値を持つ中性子星に 7×1012 m/s² を超える表面重力をもたらす(この値は、地球の表面重力の 1011 倍となる)。そのように巨大な重力を測定すると、中性子星の場合は、光速度のおよそ1/3の重力加速度 100,000 km/s 近くに達する脱出速度となる.
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3101420 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 20680 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 102 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57147670 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 表面重力(surface gravity) g は、天体やその他の対象の表面で体験する重力加速度を意味する。表面重力は、仮想的テスト粒子が対象の表現に非常に近く、系を乱さないために無視することのできる(小さな)質量であるとき、粒子の受ける重力による加速度と考えることができる。表面重力は、SI単位系での加速度の単位メートル毎秒毎秒で計測される。表面重力は、地球の標準表面重力の倍数であり、g = 9.80665 m/s2 と表現することできる。天体物理学において、表面重力は log g として表され、この値はcgs単位系では最初に重力を表すことによりえることができ、そこでは加速度の単位がセンチメートル毎秒毎秒で、対数の底を 10 を取って表される。従って、重力の効果として、重力がすべてのものに等しく影響するので、それらの質量はグラムであるかキログラムであるかではない。1 m/s2 = 100 cm/s2 であるので、地球の表面順力は、cgs 単位系では 980.665 cm/s2 と表現でき、10 を底とする対数 (log g) は 2.992 である。白色矮星の表面重力は非常に重く、中性子星の表面重力はさらに思い。中性子星がコンパクトであることは、典型的な値は数 ×1012 m/s² の値を持つ中性子星に 7×1012 m/s² を超える表面重力をもたらす(この値は、地球の表面重力の 1011 倍となる)。そのように巨大な重力を測定すると、中性子星の場合は、光速度のおよそ1/3の重力加速度 100,000 km/s 近くに達する脱出速度となる.
rdfs:label
  • 表面重力
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of