Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 社公民路線(しゃこうみんろせん)とは、1960年代から1990年代における日本の政治で、日本社会党が公明党・民社党と共に自由民主党に対抗して共闘する戦術あるいは戦略を指す。公明党の支持母体創価学会では主に「女子部」「婦人部」が社公民路線を推奨していた。現在の民主党の源流の一つをなしているともいえる。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 227542 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 7434 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 201 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59088348 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 社公民路線(しゃこうみんろせん)とは、1960年代から1990年代における日本の政治で、日本社会党が公明党・民社党と共に自由民主党に対抗して共闘する戦術あるいは戦略を指す。公明党の支持母体創価学会では主に「女子部」「婦人部」が社公民路線を推奨していた。現在の民主党の源流の一つをなしているともいえる。
rdfs:label
  • 社公民路線
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of