Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 社会資本(しゃかいしほん)とは、主として次の2つの意味で使われる。 社会学における社会関係資本(social capital、仏:capital social) - ソーシャル・キャピタルの項を参照 経済学における社会共通資本(social overhead capital:SOC) - インフラストラクチャーの項を参照「社会資本」という言葉はもともと俗語であった。それに類する概念を考えていた者も19世紀頃からいたと言われるが、それを掘り下げたのがアメリカのジェームズ・コールマン、フランスのピエール・ブルデューといった社会学者であり、アメリカの政治学者、ロバート・パットナムがイタリア社会の絆にこの名前を名づけたことで、広く知られるようになったとも言われる。なお、日本語としての社会資本は、電気や水道、ガスなどの社会的なインフラストラクチャーを意味する概念として定着しており、人間関係のつながりなどソフトな意味での社会的な資本としては、ソーシャル・キャピタル(社会関係資本)として理解されている。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 344441 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2622 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 48 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57123030 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 社会資本(しゃかいしほん)とは、主として次の2つの意味で使われる。 社会学における社会関係資本(social capital、仏:capital social) - ソーシャル・キャピタルの項を参照 経済学における社会共通資本(social overhead capital:SOC) - インフラストラクチャーの項を参照「社会資本」という言葉はもともと俗語であった。それに類する概念を考えていた者も19世紀頃からいたと言われるが、それを掘り下げたのがアメリカのジェームズ・コールマン、フランスのピエール・ブルデューといった社会学者であり、アメリカの政治学者、ロバート・パットナムがイタリア社会の絆にこの名前を名づけたことで、広く知られるようになったとも言われる。なお、日本語としての社会資本は、電気や水道、ガスなどの社会的なインフラストラクチャーを意味する概念として定着しており、人間関係のつながりなどソフトな意味での社会的な資本としては、ソーシャル・キャピタル(社会関係資本)として理解されている。
rdfs:label
  • 社会資本
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of