火砕丘(かさいきゅう、英語: pyroclastic cone)は、火山活動で噴出した火山砕屑物が火口の周囲に積もり、丘を形成したものの総称。火山砕屑丘ともいう。 通常は単成火山であり、大きくても直径2-3km程度である。

Property Value
dbo:abstract
  • 火砕丘(かさいきゅう、英語: pyroclastic cone)は、火山活動で噴出した火山砕屑物が火口の周囲に積もり、丘を形成したものの総称。火山砕屑丘ともいう。 通常は単成火山であり、大きくても直径2-3km程度である。 (ja)
  • 火砕丘(かさいきゅう、英語: pyroclastic cone)は、火山活動で噴出した火山砕屑物が火口の周囲に積もり、丘を形成したものの総称。火山砕屑丘ともいう。 通常は単成火山であり、大きくても直径2-3km程度である。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 957284 (xsd:integer)
dbo:wikiPageInterLanguageLink
dbo:wikiPageLength
  • 2757 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 80045932 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • 火砕丘(かさいきゅう、英語: pyroclastic cone)は、火山活動で噴出した火山砕屑物が火口の周囲に積もり、丘を形成したものの総称。火山砕屑丘ともいう。 通常は単成火山であり、大きくても直径2-3km程度である。 (ja)
  • 火砕丘(かさいきゅう、英語: pyroclastic cone)は、火山活動で噴出した火山砕屑物が火口の周囲に積もり、丘を形成したものの総称。火山砕屑丘ともいう。 通常は単成火山であり、大きくても直径2-3km程度である。 (ja)
rdfs:label
  • 火砕丘 (ja)
  • 火砕丘 (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:画像説明 of
is prop-ja:種類 of
is foaf:primaryTopic of