欽定訳聖書(きんていやくせいしょ)は、国王の命令によって翻訳された聖書である。複数あるが、単に「欽定訳」と言った場合は、とくに「ジェイムズ王訳」(King James VersionあるいはAuthorized Version)として名高い、1611年刊行の英訳聖書を指す。 イングランド王ジェームズ1世がイングランド国教会の典礼で用いるための聖書の標準訳を求め、王の命令で翻訳されたためにこの名がある。欽定訳は19世紀末に至るまでイングランド国教会で用いられた唯一の公式英訳聖書である。また、荘厳で格調高い文体から、口語訳の普及した現在も多くの愛読者を保ち続けている。 ヘブライ語およびギリシア語原典から訳したと序文にはあるが、実際にはウィリアム・ティンダルら先行する英語翻訳にかなりの部分で依拠していることが指摘されている。 なお、現在欽定訳聖書として市場に出回っているものの多くは、1769年に綴りなどが修正されたもので、オリジナルではない。

Property Value
dbo:abstract
  • 欽定訳聖書(きんていやくせいしょ)は、国王の命令によって翻訳された聖書である。複数あるが、単に「欽定訳」と言った場合は、とくに「ジェイムズ王訳」(King James VersionあるいはAuthorized Version)として名高い、1611年刊行の英訳聖書を指す。 イングランド王ジェームズ1世がイングランド国教会の典礼で用いるための聖書の標準訳を求め、王の命令で翻訳されたためにこの名がある。欽定訳は19世紀末に至るまでイングランド国教会で用いられた唯一の公式英訳聖書である。また、荘厳で格調高い文体から、口語訳の普及した現在も多くの愛読者を保ち続けている。 ヘブライ語およびギリシア語原典から訳したと序文にはあるが、実際にはウィリアム・ティンダルら先行する英語翻訳にかなりの部分で依拠していることが指摘されている。 なお、現在欽定訳聖書として市場に出回っているものの多くは、1769年に綴りなどが修正されたもので、オリジナルではない。 (ja)
  • 欽定訳聖書(きんていやくせいしょ)は、国王の命令によって翻訳された聖書である。複数あるが、単に「欽定訳」と言った場合は、とくに「ジェイムズ王訳」(King James VersionあるいはAuthorized Version)として名高い、1611年刊行の英訳聖書を指す。 イングランド王ジェームズ1世がイングランド国教会の典礼で用いるための聖書の標準訳を求め、王の命令で翻訳されたためにこの名がある。欽定訳は19世紀末に至るまでイングランド国教会で用いられた唯一の公式英訳聖書である。また、荘厳で格調高い文体から、口語訳の普及した現在も多くの愛読者を保ち続けている。 ヘブライ語およびギリシア語原典から訳したと序文にはあるが、実際にはウィリアム・ティンダルら先行する英語翻訳にかなりの部分で依拠していることが指摘されている。 なお、現在欽定訳聖書として市場に出回っているものの多くは、1769年に綴りなどが修正されたもので、オリジナルではない。 (ja)
dbo:wikiPageExternalLink
dbo:wikiPageID
  • 60428 (xsd:integer)
dbo:wikiPageLength
  • 2702 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 76035195 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:abbreviation
  • KJV、 KJB、AV (ja)
  • KJV、 KJB、AV (ja)
prop-ja:caption
  • 真ん中にペテロとパウロがいて、モーゼとアーロンに挟まれている。四隅には四福音書の著者マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネをそれぞれの代表動物で配している。十二弟子の残り( ユダは退場中)はペテロとパウロの周りにいる。一番上にはヘブライ語の四字神名(「יְהֹוָה」)が見える。 (ja)
  • 欽定訳聖書の初版(1611年)の表紙(Cornelis Boelによるもの) (ja)
  • 真ん中にペテロとパウロがいて、モーゼとアーロンに挟まれている。四隅には四福音書の著者マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネをそれぞれの代表動物で配している。十二弟子の残り( ユダは退場中)はペテロとパウロの周りにいる。一番上にはヘブライ語の四字神名(「יְהֹוָה」)が見える。 (ja)
  • 欽定訳聖書の初版(1611年)の表紙(Cornelis Boelによるもの) (ja)
prop-ja:completeBiblePublished
  • 1611 (xsd:integer)
prop-ja:copyright
  • パブリック・ドメイン。ただしイギリスでは出版に関しては制限あり(Copyright statusを見よ)。 (ja)
  • パブリック・ドメイン。ただしイギリスでは出版に関しては制限あり(Copyright statusを見よ)。 (ja)
prop-ja:genesis
  • In the beginning God created the heaven and the earth. And the earth was without form, and void; and darkness was upon the face of the deep. And the Spirit of God moved upon the face of the waters. And God said, Let there be light: and there was light. (ja)
  • In the beginning God created the heaven and the earth. And the earth was without form, and void; and darkness was upon the face of the deep. And the Spirit of God moved upon the face of the waters. And God said, Let there be light: and there was light. (ja)
prop-ja:john
  • For God so loved the world, that he gave his only begotten Son, that whosoever believeth in him should not perish, but have everlasting life. (ja)
  • For God so loved the world, that he gave his only begotten Son, that whosoever believeth in him should not perish, but have everlasting life. (ja)
prop-ja:textualBasis
  • 第二正典:ギリシャ語七十人訳聖書とラテン語ウルガタ。 (ja)
  • 旧約聖書 マソラ本文で、LXXとウルガタの影響。 (ja)
  • 新約聖書: テクストゥス・レセプトゥスで、これはByzantine text-typeと似た物。いくつかはウルガタから。 (ja)
  • 第二正典:ギリシャ語七十人訳聖書とラテン語ウルガタ。 (ja)
  • 旧約聖書 マソラ本文で、LXXとウルガタの影響。 (ja)
  • 新約聖書: テクストゥス・レセプトゥスで、これはByzantine text-typeと似た物。いくつかはウルガタから。 (ja)
prop-ja:translationTitle
  • 欽定訳聖書 (ja)
  • 欽定訳聖書 (ja)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:wikisource
  • Bible (ja)
  • Bible (ja)
dct:subject
rdfs:comment
  • 欽定訳聖書(きんていやくせいしょ)は、国王の命令によって翻訳された聖書である。複数あるが、単に「欽定訳」と言った場合は、とくに「ジェイムズ王訳」(King James VersionあるいはAuthorized Version)として名高い、1611年刊行の英訳聖書を指す。 イングランド王ジェームズ1世がイングランド国教会の典礼で用いるための聖書の標準訳を求め、王の命令で翻訳されたためにこの名がある。欽定訳は19世紀末に至るまでイングランド国教会で用いられた唯一の公式英訳聖書である。また、荘厳で格調高い文体から、口語訳の普及した現在も多くの愛読者を保ち続けている。 ヘブライ語およびギリシア語原典から訳したと序文にはあるが、実際にはウィリアム・ティンダルら先行する英語翻訳にかなりの部分で依拠していることが指摘されている。 なお、現在欽定訳聖書として市場に出回っているものの多くは、1769年に綴りなどが修正されたもので、オリジナルではない。 (ja)
  • 欽定訳聖書(きんていやくせいしょ)は、国王の命令によって翻訳された聖書である。複数あるが、単に「欽定訳」と言った場合は、とくに「ジェイムズ王訳」(King James VersionあるいはAuthorized Version)として名高い、1611年刊行の英訳聖書を指す。 イングランド王ジェームズ1世がイングランド国教会の典礼で用いるための聖書の標準訳を求め、王の命令で翻訳されたためにこの名がある。欽定訳は19世紀末に至るまでイングランド国教会で用いられた唯一の公式英訳聖書である。また、荘厳で格調高い文体から、口語訳の普及した現在も多くの愛読者を保ち続けている。 ヘブライ語およびギリシア語原典から訳したと序文にはあるが、実際にはウィリアム・ティンダルら先行する英語翻訳にかなりの部分で依拠していることが指摘されている。 なお、現在欽定訳聖書として市場に出回っているものの多くは、1769年に綴りなどが修正されたもので、オリジナルではない。 (ja)
rdfs:label
  • 欽定訳聖書 (ja)
  • 欽定訳聖書 (ja)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:derivedFrom of
is foaf:primaryTopic of