Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 標準状態(ひょうじゅんじょうたい)とは、物理学、化学や工学などの分野で、測定する平衡状態に依存する熱力学的な状態量を比較するときに基準とする状態である。一般的には気体の標準状態のことを指すことが多い。標準状態は、温度と圧力を指定することによって示されるが、科学の分野により、また学会、国際規格団体によって、その定義は様々であり、混乱が見られる。このため、日本熱測定学会は、統一した値として、101.325 kPa を用いるべきであると主張し啓蒙活動を展開している。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 28118 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4162 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 37 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59127547 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 標準状態(ひょうじゅんじょうたい)とは、物理学、化学や工学などの分野で、測定する平衡状態に依存する熱力学的な状態量を比較するときに基準とする状態である。一般的には気体の標準状態のことを指すことが多い。標準状態は、温度と圧力を指定することによって示されるが、科学の分野により、また学会、国際規格団体によって、その定義は様々であり、混乱が見られる。このため、日本熱測定学会は、統一した値として、101.325 kPa を用いるべきであると主張し啓蒙活動を展開している。
rdfs:label
  • 標準状態
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of