Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 抽象表現主義(ちゅうしょうひょうげんしゅぎ、Abstract expressionism)は、1940年代後半のアメリカ合衆国で起こり、世界的に注目された美術の動向である。主な特徴は、巨大なキャンバス(イーゼル絵画との決別)画面に中心がなく、地と図の区別がない、「オールオーバー」(均一)な平面キャンバスは、作家の描画行為の痕跡(フィールド)であると考え、創作過程を重視する代表的な作家は、ジャクソン・ポロック、バーネット・ニューマン、マーク・ロスコ、ウィレム・デ・クーニング、ロバート・マザウェルなどで、彼らを評価した批評家として、クレメント・グリーンバーグ、ハロルド・ローゼンバーグなどが有名である。アメリカがはじめて世界に影響を及ぼした美術運動であり、ニューヨークがパリに代わって芸術の中心地となるきっかけになった。「ニューヨーク・スクール」(ニューヨーク派)とも呼ばれる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 332186 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9563 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 134 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56520900 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 抽象表現主義(ちゅうしょうひょうげんしゅぎ、Abstract expressionism)は、1940年代後半のアメリカ合衆国で起こり、世界的に注目された美術の動向である。主な特徴は、巨大なキャンバス(イーゼル絵画との決別)画面に中心がなく、地と図の区別がない、「オールオーバー」(均一)な平面キャンバスは、作家の描画行為の痕跡(フィールド)であると考え、創作過程を重視する代表的な作家は、ジャクソン・ポロック、バーネット・ニューマン、マーク・ロスコ、ウィレム・デ・クーニング、ロバート・マザウェルなどで、彼らを評価した批評家として、クレメント・グリーンバーグ、ハロルド・ローゼンバーグなどが有名である。アメリカがはじめて世界に影響を及ぼした美術運動であり、ニューヨークがパリに代わって芸術の中心地となるきっかけになった。「ニューヨーク・スクール」(ニューヨーク派)とも呼ばれる。
rdfs:label
  • 抽象表現主義
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:movement of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:movement of
is foaf:primaryTopic of