Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 宿禰(すくね)は、八色の姓で制定された、姓(カバネ)の一つ。真人(まひと)、朝臣(あそん)についで3番目に位置する。大伴氏、佐伯氏など主に連(むらじ)姓を持った神別氏族に与えられた。宿禰の語は、野見宿禰、大水口宿禰、葦田宿禰や武内宿禰のように、大和朝廷初期(1世紀~4世紀ごろ)では名前として使われていたり貴人を表す尊称としてもちいられていた。。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 87266 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 475 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 21 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57945504 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 宿禰(すくね)は、八色の姓で制定された、姓(カバネ)の一つ。真人(まひと)、朝臣(あそん)についで3番目に位置する。大伴氏、佐伯氏など主に連(むらじ)姓を持った神別氏族に与えられた。宿禰の語は、野見宿禰、大水口宿禰、葦田宿禰や武内宿禰のように、大和朝廷初期(1世紀~4世紀ごろ)では名前として使われていたり貴人を表す尊称としてもちいられていた。。
rdfs:label
  • 宿禰
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of