Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 容量の壁(ようりょうのかべ)とは、主にハードディスクドライブ、半導体メモリなど、コンピュータ内部の記憶装置に存在する、規格や性能上の限界を指した概念である。年問題に比して壁問題とも言う。これは突破する新たな技術の登場を待つ意味でも壁と呼ばれるが、壁に突き当たるケースとしては規格策定時点で想定していなかった大容量になるまで規格が現役として存続している、大容量化が想定以上のスピードで進んで壁を突破する新たな技術の開発が追いつかない、規格上は想定内だが複合的な要因が重なるなどがあげられる。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1438873 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 18721 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 164 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58554447 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 容量の壁(ようりょうのかべ)とは、主にハードディスクドライブ、半導体メモリなど、コンピュータ内部の記憶装置に存在する、規格や性能上の限界を指した概念である。年問題に比して壁問題とも言う。これは突破する新たな技術の登場を待つ意味でも壁と呼ばれるが、壁に突き当たるケースとしては規格策定時点で想定していなかった大容量になるまで規格が現役として存続している、大容量化が想定以上のスピードで進んで壁を突破する新たな技術の開発が追いつかない、規格上は想定内だが複合的な要因が重なるなどがあげられる。
rdfs:label
  • 容量の壁
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of