Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 前後左右将軍(ぜんごさゆうしょうぐん)は秦、前漢以降の官職名。軍を率いる将軍位の一つ。左将軍右将軍前将軍後将軍の四種の総称である。『漢書』百官公卿表上、『続漢書』百官志一によれば周末に生まれた官であるという。金印紫綬で、常に置かれたのではなかった。征伐を掌り、任務が終われば官自体も終了した。『宋書』百官志上によると、後漢の光武帝建武7年に一旦廃止され、魏以降にまた置かれるようになったというが、『後漢書』光武帝紀によれば建武13年に左右将軍が廃止されており、後漢末以降また置かれるようになっている。『宋書』百官志上、下によると、宋においてはいわゆる四征将軍、四鎮将軍などより下位にあった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1528045 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 554 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57599375 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 前後左右将軍(ぜんごさゆうしょうぐん)は秦、前漢以降の官職名。軍を率いる将軍位の一つ。左将軍右将軍前将軍後将軍の四種の総称である。『漢書』百官公卿表上、『続漢書』百官志一によれば周末に生まれた官であるという。金印紫綬で、常に置かれたのではなかった。征伐を掌り、任務が終われば官自体も終了した。『宋書』百官志上によると、後漢の光武帝建武7年に一旦廃止され、魏以降にまた置かれるようになったというが、『後漢書』光武帝紀によれば建武13年に左右将軍が廃止されており、後漢末以降また置かれるようになっている。『宋書』百官志上、下によると、宋においてはいわゆる四征将軍、四鎮将軍などより下位にあった。
rdfs:label
  • 前後左右将軍
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:称号・役職 of
is foaf:primaryTopic of