Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 《光世紀世界》(こうせいきせかい)とは、工学博士でSF作家の石原藤夫によって定義された、太陽を中心とする半径50光年(直径100光年 = 1光世紀)の宇宙空間のことである。石原は1978年 - 1979年に『SFマガジン』で太陽を中心とする半径30光年以内に実在する(当時発見されていた)すべての恒星を収録した星表・星図とそれらの解説を連載し、1984年には収録範囲を半径50光年にまで拡大した資料集『光世紀の世界』として発表したほか、1980年 - 1981年には小説『光世紀パトロール』を執筆している。『光世紀の世界』は1985年の日本SF大会で星雲賞ノンフィクション部門を受賞した。元本は私家版ということもあり現在では入手困難だが、一部を抜粋した物が2冊に分けて刊行されている(3分冊となる予定だったが、3冊目の刊行は未定)。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1273859 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8921 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 127 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58392625 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 《光世紀世界》(こうせいきせかい)とは、工学博士でSF作家の石原藤夫によって定義された、太陽を中心とする半径50光年(直径100光年 = 1光世紀)の宇宙空間のことである。石原は1978年 - 1979年に『SFマガジン』で太陽を中心とする半径30光年以内に実在する(当時発見されていた)すべての恒星を収録した星表・星図とそれらの解説を連載し、1984年には収録範囲を半径50光年にまで拡大した資料集『光世紀の世界』として発表したほか、1980年 - 1981年には小説『光世紀パトロール』を執筆している。『光世紀の世界』は1985年の日本SF大会で星雲賞ノンフィクション部門を受賞した。元本は私家版ということもあり現在では入手困難だが、一部を抜粋した物が2冊に分けて刊行されている(3分冊となる予定だったが、3冊目の刊行は未定)。
rdfs:label
  • 光世紀世界
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of