Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ヒトパピローマウイルスワクチン (HPVワクチン、子宮頸がんワクチン) は、日本の婦人科領域で最も多いがんである子宮頸がん、尖圭コンジローマ、及びその他のがんの発生に関係する、ヒトパピローマウイルス(Human papillomavirus:HPV)の持続感染を予防するワクチンである。まれに、ワクチン接種による副反応と疑われる重篤な障害が報告されている。2014年現在、サーバリックス (Cervarix) とガーダシル (Gardasil)の2種類のワクチンが販売承認されている。どちらのワクチンも、子宮頸がんの70%、肛門がんの80%、膣がんの60%、外陰がんの40%の原因となる2種の高リスク型HPV(HPV16およびHPV18)を予防する。これらのHPVは他に、ほとんどのHPV陽性口腔咽頭がんやその他の稀な性器がんの原因ともなる。 またガーダシルは、尖圭コンジローマの90%の原因である2種類の低リスク型HPV(HPV6およびHPV11)も予防する。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2168057 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 36811 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 98 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59244824 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:atcPrefix
  • J07
prop-ja:atcSuffix
  • BM01
prop-ja:chemspiderid
  • NA
prop-ja:legalUs
  • Rx-only
prop-ja:pregnancyUs
  • B
prop-ja:routesOfAdministration
  • 注射
prop-ja:target
  • ヒトパピローマウイルス
prop-ja:type
  • vaccine
prop-ja:vaccineType
  • Protein subunit
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ヒトパピローマウイルスワクチン (HPVワクチン、子宮頸がんワクチン) は、日本の婦人科領域で最も多いがんである子宮頸がん、尖圭コンジローマ、及びその他のがんの発生に関係する、ヒトパピローマウイルス(Human papillomavirus:HPV)の持続感染を予防するワクチンである。まれに、ワクチン接種による副反応と疑われる重篤な障害が報告されている。2014年現在、サーバリックス (Cervarix) とガーダシル (Gardasil)の2種類のワクチンが販売承認されている。どちらのワクチンも、子宮頸がんの70%、肛門がんの80%、膣がんの60%、外陰がんの40%の原因となる2種の高リスク型HPV(HPV16およびHPV18)を予防する。これらのHPVは他に、ほとんどのHPV陽性口腔咽頭がんやその他の稀な性器がんの原因ともなる。 またガーダシルは、尖圭コンジローマの90%の原因である2種類の低リスク型HPV(HPV6およびHPV11)も予防する。
rdfs:label
  • ヒトパピローマウイルスワクチン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of