Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ノティティア・ディグニタートゥム(官職要覧)とは、古代ローマ帝国の帝国公文書である。この公文書のうち、僅かなものが現在にも伝わっている。それは東西ローマ帝国の行政組織構成の詳細を示す、帝国宮廷から地方属州まで数千名の役人の官職の一覧表である。 通常西ローマ帝国のものは420年代に、東ローマ帝国のものは400年代に遡る。しかし日付が記載されていない為、一覧表の示す確実な年代は確定できていない。 15世紀から16世紀にかけて幾つかの写本が広まった。1542年の写本は彩色画が描かれている。全ての現存写本が、直接にせよ間接にせよ1542年にシュパイアーの司教座聖堂参事会図書館に存在していた後期ローマの公文書の コデックス (Codex Spirensis)に由来している。しかしシュパイアーの写本は1642年以前に失われた。ノティティアとは一続きの大きな文書で写本の頁数にして164葉あるが、この文書は更に9世紀またはそれ以前の幾つかの文書と一緒に纏められて保管されてきた。ノティティアの彩色写本に描かれた紋章は、失われたCodex Spirensisのものに含まれていた紋章のみが複写・模写されたものだと考えられている。もっとも重要なCodex(写本)は1436年に イタリア人ピエトロ・ドナト(英語版)により作成されたもので、Peronet Lamyによって彩色画が描かれた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2759407 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5997 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56297409 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ノティティア・ディグニタートゥム(官職要覧)とは、古代ローマ帝国の帝国公文書である。この公文書のうち、僅かなものが現在にも伝わっている。それは東西ローマ帝国の行政組織構成の詳細を示す、帝国宮廷から地方属州まで数千名の役人の官職の一覧表である。 通常西ローマ帝国のものは420年代に、東ローマ帝国のものは400年代に遡る。しかし日付が記載されていない為、一覧表の示す確実な年代は確定できていない。 15世紀から16世紀にかけて幾つかの写本が広まった。1542年の写本は彩色画が描かれている。全ての現存写本が、直接にせよ間接にせよ1542年にシュパイアーの司教座聖堂参事会図書館に存在していた後期ローマの公文書の コデックス (Codex Spirensis)に由来している。しかしシュパイアーの写本は1642年以前に失われた。ノティティアとは一続きの大きな文書で写本の頁数にして164葉あるが、この文書は更に9世紀またはそれ以前の幾つかの文書と一緒に纏められて保管されてきた。ノティティアの彩色写本に描かれた紋章は、失われたCodex Spirensisのものに含まれていた紋章のみが複写・模写されたものだと考えられている。もっとも重要なCodex(写本)は1436年に イタリア人ピエトロ・ドナト(英語版)により作成されたもので、Peronet Lamyによって彩色画が描かれた。
rdfs:label
  • ノティティア・ディグニタートゥム
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of