Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • システィーナ礼拝堂(システィーナれいはいどう、伊: Cappella Sistina)は、ローマ教皇の公邸であるバチカン宮殿にある礼拝堂。サン・ピエトロ大聖堂北隣に位置するその建物とともに、ミケランジェロ、ボッティチェッリ、ペルジーノ、ピントゥリッキオら、盛期ルネサンスを代表する芸術家たちが内装に描いた数々の装飾絵画作品で世界的に有名な礼拝堂である。とくにローマ教皇ユリウス2世の注文でミケランジェロが1508年から1512年にかけて描いた天井画と、ローマ教皇クレメンス7世が注文し、ローマ教皇パウルス3世が完成を命じた、1535年から1541年にかけて描いた『最後の審判』はミケランジェロの絵画作品の頂点とされている。もともとバチカン宮殿に存在していた古い礼拝堂を1477年から1480年にかけてローマ教皇シクストゥス4世が建て直させた建物で、その教皇名(伊: Sisto IV)にちなんでシスティーナ礼拝堂と名付けられた。この建て直し時には、ペルジーノ、ボッティチェッリ、ギルランダイオらの芸術家たちが、一連の内装フレスコ壁画を手がけている。壁画に描かれているのは『旧約聖書』からの「モーセの生涯の物語」ならびに『新約聖書』からの「キリストの生涯の物語」と、歴代のローマ教皇の肖像画で、これらは1482年から1483年8月にかけて描かれた作品となっている。落成したシスティーナ礼拝堂で最初のミサを執り行ったのはシクストゥス4世だった。このミサは聖母被昇天に捧げられたもので、システィーナ礼拝堂を聖母マリアに奉献することを表明する式典でもあった。シクストゥス4世以降、システィーナ礼拝堂は宗教的施設とローマ教皇執務室という二つの役割を果たしてきた。現在ではローマ教皇を選出する会議であるコンクラーヴェの会場としても使用されている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 147180 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 32404 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 132 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57746985 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:align
  • right
prop-ja:architect
  • バッチオ・ポンテッリ、ジョヴァンニ・デ・ドルッチ
prop-ja:architectureType
  • 教会
prop-ja:buildingName
  • システィーナ礼拝堂
prop-ja:caption
  • ラファエロが描いた下絵をもとに制作されたタペストリ。
  • 『アナニヤの死』、ラファエロが描いた下絵。
  • システィーナ礼拝堂内部
prop-ja:consecrationYear
  • --08-15
prop-ja:designation
  • WHS
prop-ja:designation1Criteria
  • i, ii, iv, vi
prop-ja:designation1Date
  • 1984 (xsd:integer)
prop-ja:designation1Free1name
  • 登録区分
prop-ja:designation1Free1value
  • 文化遺産
prop-ja:designation1Number
  • 286 (xsd:integer)
prop-ja:designation1Offname
prop-ja:direction
  • horizontal
prop-ja:footerAlign
  • left/right/center
prop-ja:groundbreaking
  • 1473 (xsd:integer)
prop-ja:headerAlign
  • left/right/center
prop-ja:image
  • Raffaello Sanzio - Death of Ananias - WGA18889.jpg
  • V&A - Raphael, The Death of Ananias .jpg
prop-ja:infoboxWidth
  • 330 (xsd:integer)
prop-ja:leadership
prop-ja:location
prop-ja:religiousAffiliation
prop-ja:status
  • ローマ教皇礼拝堂
prop-ja:width
  • 150 (xsd:integer)
  • 180 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:yearCompleted
  • 1481 (xsd:integer)
dcterms:subject
georss:point
  • 41.903055555555554 12.454444444444444
rdf:type
rdfs:comment
  • システィーナ礼拝堂(システィーナれいはいどう、伊: Cappella Sistina)は、ローマ教皇の公邸であるバチカン宮殿にある礼拝堂。サン・ピエトロ大聖堂北隣に位置するその建物とともに、ミケランジェロ、ボッティチェッリ、ペルジーノ、ピントゥリッキオら、盛期ルネサンスを代表する芸術家たちが内装に描いた数々の装飾絵画作品で世界的に有名な礼拝堂である。とくにローマ教皇ユリウス2世の注文でミケランジェロが1508年から1512年にかけて描いた天井画と、ローマ教皇クレメンス7世が注文し、ローマ教皇パウルス3世が完成を命じた、1535年から1541年にかけて描いた『最後の審判』はミケランジェロの絵画作品の頂点とされている。もともとバチカン宮殿に存在していた古い礼拝堂を1477年から1480年にかけてローマ教皇シクストゥス4世が建て直させた建物で、その教皇名(伊: Sisto IV)にちなんでシスティーナ礼拝堂と名付けられた。この建て直し時には、ペルジーノ、ボッティチェッリ、ギルランダイオらの芸術家たちが、一連の内装フレスコ壁画を手がけている。壁画に描かれているのは『旧約聖書』からの「モーセの生涯の物語」ならびに『新約聖書』からの「キリストの生涯の物語」と、歴代のローマ教皇の肖像画で、これらは1482年から1483年8月にかけて描かれた作品となっている。落成したシスティーナ礼拝堂で最初のミサを執り行ったのはシクストゥス4世だった。このミサは聖母被昇天に捧げられたもので、システィーナ礼拝堂を聖母マリアに奉献することを表明する式典でもあった。シクストゥス4世以降、システィーナ礼拝堂は宗教的施設とローマ教皇執務室という二つの役割を果たしてきた。現在ではローマ教皇を選出する会議であるコンクラーヴェの会場としても使用されている。
rdfs:label
  • システィーナ礼拝堂
owl:sameAs
geo:lat
  • 41.903057 (xsd:float)
geo:long
  • 12.454445 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:museum of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:footer of
is prop-ja:museum of
is foaf:primaryTopic of